2011年 02月 20日 ( 1 )

 

今やりたいこと。

太鼓の復習。
大師匠が、久しぶりに来日すると聞いて、
焦っている私・・・・
ようやく、復習のための時間を作りました。
4月まで、スタジオ押さえて、
これから教わったことの掘り起こしだ〜〜!


アフリカの文化にご縁ができて、
はや10年。以上か。
ようやく、少し近づけた感じがしてます。

というか、やっと舞い上がっていた気持ちが
落ち着いてきた。

アフリカンダンスって、体験するとすごくポジティブになるのです。
気持ちがオープンになって、前向きになる。


違うダンスを習っている人が、言ってました。
その人が習っているダンスでは、「美しい動き」を要求される。
なかなかきれいに動けなくて、鏡に映る自分が、ぎこちない。
こんなみっともないの、人にみられたくない。
そう思ってしまうと、人前で踊る気になれない。
もちろん、踊ることはとても楽しいんだけど、
人前では、まだやりたくない。

ところが、アフリカンダンスは、なんだかすごく人前で踊りたくなる、
初めてでも、そう思ったそうです。

うまい下手関係なく、できるのは確かなんですよ。
生の太鼓の音で動くと、何かが解放される。
音と一緒に動くことが、ものすごく楽しいのです。

私もそうで、習い始めてすぐに、
パフォーマンスしているグループに入って、
人前で叩いたり踊ったりしてました。

しかし
続けていくうちに、奥深さもわかるようになり
ただ「楽しい」を越えた、喜びも感じ・・・
その「喜び」は、太鼓とダンスに対する感謝と敬意の気持ちを
呼び起こし

すると、あまり人前でやらなくなり、
もっと深めたくなってきて
今に至る。

だってさ〜〜〜自分の動きや音が
「おかしい」「間違っている」と思ったら?
直すしか無いでしょう!
(思わないうちはよかったわけですよ。ただ楽しかったの)

でも、「できてないけど、まあいいか」とは、
思えなくなってしまった。

自分では直しようがないし・・・

いくら映像があってもね。
自分がどう動いているか、わからないんだもん。
自分の映像があってもね。
おかしいのはわかるけど、どう直せばいいのかが、
わからない。

じゃあ教わるしかない。

(まあ、アレクサンダーテクニークで、自分で自分を直せるようになる
 手がかりを探っているわけだけど
 こちらはこちらで、遠い道のりだということがわかったし)

とにかく、これから4月まで、練習するのです!!

ちなみに私は、自分で自分の踊りが「おかしい」と
わかるようになるまでに、けっこう時間がかかってます。
2、3年かな。週に2回ぐらいクラスに通って。
その間は、ひたすら気分良く踊ってた。
だから、できてないことに気がつかなかった。
それでも、ほんとに楽しいんですよ。

でも、だんだんと「ほんもの」にふれる時間が増えたら、
「ほんもの」が与えてくれるものは、
もっと奥深いものだと思うようになった。

だから、掘り下げたくなるわけです。

太鼓とダンスへの「敬意」は、そういうことです。
音楽に対しても、同じです。


ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2011-02-20 22:38 | ジェベバラ。アフリカの智慧 | Trackback | Comments(0)