向上心

大人の生徒さんがいうことに
「あんまり上達してる感じがしない」
「だんだん、弾いてて楽しくなくなってきた」
「難しくなってきた」
「前ほど、練習しなくなった」
というのがよくあります。

上達してないわけないんだけど、自分の中では、
「もっと弾けるようになっていたい」という気持ちが強くて、
自分の進み方が、十分とは思えない。

この「向上心」、案外やっかいかもしれません。
これだけに捕われていると、自分の演奏を冷静に聴かなくなる。
向上心に捕われているときは、向上心を満たしたくて、ピアノを弾いている。
向上心を満たすことが、目的になっているのかもしれません。

でも「向上心」は、「ダメダメ、こんなんじゃ、まだまだ!」と言い続ける。
だから向上心なんでしょうね。

すると、演奏もそういうものになって行きます。
否定する、ということが、どうしても入っている。
こういう演奏は、聴いていて不安になります。

小さい子供の演奏や、初心者の人の演奏が、なぜか温かい気持ちを呼び起こすのは、
彼らが「今」に一生懸命だから、だと思います。

技術がつき、欲が出てくると、だんだんと心の中で何かが、邪魔しだす。
「功名心」「向上心」「不安感」などなど・・・

どんな気持ちで、音楽をやりたいのか。
見直してみると、いろいろ出てきそうです。
[PR]

by e-t-pf | 2009-07-27 14:19 | ピアノ練習覚え書き | Trackback(1) | Comments(4)  

トラックバックURL : https://coconutsmu.exblog.jp/tb/8709461
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from おピアノやるよっ at 2009-07-27 23:33
タイトル : いまさら発見
はい、頑張ってバイエルやってます。 今やってる所は、まだまだ曲が簡単なので、反って いろいろ考えてしまいます。 音楽を考えるってどんなんだろう? 曲想ってどういう風につけるんだろう? 歌うって結峡..... more
Commented by ミケ子 at 2009-07-27 23:27 x
こんばんわ。今日の記事、私のブログと一部かぶる内容、
それから私の気持ちと120%かぶる内容でした。
私も、自分がおそろしく基礎がなっていない事に気づき、
とあるピアノ教室で、基礎の体験レッスンを受けました。
まさに、「ドレドレドレ~」とか「ドレミファソ」のレベルの練習です。
でも、私は、これをクリアできなければ、何も前へ進まないと思いましたので、喜んで2時間以上、そのレッスンを受けました。
「そこまでする気はありません」という方もいらっしゃるのですね。
ほんとに色々です。
私は、「もっと、とことんドレドレ~をしごいて下さいませ」という気分ですけれど。
ソナタなどを弾きつつ、実は「楽譜通り鍵盤押す」作業をしていただけだった私、基本に戻って出直したいです。
今の状態では、「エリーゼのために」ですら、人の心を動かす美しい演奏はできませんから。「ぶんぶんぶん」あたりからやり直しですかね(笑)。がんばりたいと思います。
(多分、先生はこの基礎レッスンしていただいた先生に代わると思います。)
Commented by かめいち at 2009-07-27 23:31 x
>小さい子供の演奏や、初心者の人の演奏が、なぜか温かい気持ちを呼び起こすのは、
彼らが「今」に一生懸命だから、だと思います


おお〜〜それが、あの魔法の正体だったですか。

ですよね〜。あの温い演奏、私もしたい。
でもまさに向上心という名のスケベ心が邪魔をする‥‥
Commented by e-t-pf at 2009-07-29 23:29
ミケ子さん
こんばんは!コメントありがとうございます!
そうですか〜、いよいよ次のステップに向けて、スタートですね!
せっかくだから、譜読みが出来ている曲も、忘れないようにしてあげてくださいね!
もしかしたら、あまり弾きたくなくなるかもしれないですが・・
そう思ったときは、自分の気持ちに素直になって、よいと思います。
とにかく、新たな展望が開けて、よかったです!
Commented by e-t-pf at 2009-07-29 23:31
かめちゃん
かくゆう私も、あやしいもんなのさ・・・
危険がいっぱい、でももうすぐエローラ・・・わーい。
ピザだピザだ

<< 収穫あり♪ 基本の足踏み >>