治してもらった。

左手の指が少し腫れて、曲げると痛みがありました。
気がついてから,1ヶ月以上経ってると思う。
あれ?曲げると痛いなあ。でも曲げなければ,全然痛まない。
そのうち治るかな。と思っていたけど、なかなか治らない。
いろいろ人に相談したり、さすってみたり、なでてみたり、

いくつか気がついたのは,
左でものを持つとき癖があること、
左手でマウスを使うときに、力んでいたこと

じん帯なのかな〜、骨じゃなさそうだしな〜、とぐずぐず・・・
そんななので、太鼓の練習ができずにいました。
(ダンスクラス、ジンベクラスはやっていましたが)

今日は吉川で練習だったので
一応テーピングして、基本的な練習から、手をならして
明日のダンスクラスでやるリズムをやってみた。
やりながら、左手の指はぴりぴりしてました。
でも、痛い、というのとはちがう。
叩くときに、今までとは違う力の入り方なのに気がつきました。
かばっている,とかそういうのではないんだけど、
左手の力が、今までよりも入る感じ。

お、これはいいかもしれない。
そうするうちに、友人が練習に来たので
ストレッチをゆっくりやって、少し太鼓をやって
CDをかけて、少しダンスの練習。
すると、一緒にきたお子さんが、CDに会わせて太鼓を叩き始めた。
ほとんどオンビートだったけど
ちゃんと、CDの音と、踊っている私たちと一緒にいた音でした。
楽しくなってきて、予定していた時間より少し、長く踊りました。

そしてばたばたと片づけて、あわてて帰りましたが
車のハンドルを握ったら、あれ?まげても、痛くない。
まだ腫れてはいますが、なんか一山超えた?みたいな。

なんだ〜そういうことだったんですね〜
太鼓練習してないから、手がおかしかったんだ。
叩けば治ったんだ。だったらもっと早くやればよかった〜〜

というわけで
太鼓に治してもらいました。
すみません〜〜ちゃんと練習します〜〜〜

ざりがに
a0096091_2311944.jpg

[PR]

by e-t-pf | 2015-09-26 23:11 | ジェベバラ。アフリカの智慧  

<< さて教える練習の顛末は お彼岸ですね >>