夏休み明けて

お盆休みが終わって,今日からピアノのレッスン再開です。
小学生の子どもたちは,2週間ぶりに会うと、
ぐっと大きくなっています。

「あっ顔が近い!大きくなったね〜」というと
「おばあちゃんにも言われた〜」
おばあちゃんですか〜〜私。いやそういうことではないですが。

2週間ぶりのレッスン。
勘が戻らない生徒さん。オイオイ!
今やってる本が最後の1曲で、待ちきれなかった生徒さん。
「もう気持ちはこっちの本です」だって。
みんなぐんと成長してるのです。
夏休みって,大きな変化の時期なんですね。
ごろごろできるから、伸びるのかしら。

しかし、みんな聞いてみると宿題をさっさと片づけている。
えらいなあ。
私はためちゃう子どもだったなあ・・・

さて私も、自分の変化に気がつきました。
生徒さんがミスタッチすると、「あっ」と反応するんですけど、
すぐに行動にはうつらなくて,「あ、反応してる」という1クッションがある。
すると、頭の中に起こる考えが前と違う。
「この状況をどう使おうか」みたいな感じ。

以前だと「どうやって注意しようか,どうやってできるように持っていこうか」
若干の「焦り」のような感覚とともに,そう考えてましたが
もっと広がった,というか。
「あっ注意しなきゃ」みたいな反応ももちろん出るんですが,
それにも「あ、注意しようとしてる」という考えがでてくる。

自分で自分がおもしろかったです。

久しぶりにバイエル44番の連弾のセコンドを弾いて、
そのあまりにシンプルな和音進行、安心感この上ない響きに
勝手に癒されていた私でした。
最後の4小節、生徒さんが一人で最後のメロディを弾くところで
伴奏がそっと静かになるところが好き。

やっぱりモーツァルト弾こうっと。


a0096091_22174540.jpg

今年も遅くなったけどゴーヤ植えました。
今はもっと伸びてます♪
[PR]

by e-t-pf | 2015-08-19 22:18 | こどものレッスン  

<< ぼんやりとわかる外国語 なかなかできない理由 >>