ピアノ練習したからって

いちいちブログに書くのかっ!!
そんなに、普段は練習してないのかっ!!!
とまず自分でつっこんでおいて。
まあそうなんですよ。練習時間が減ってるのは事実なので。
でも前よりよく弾けるけどね。

今度の日曜日に,ピアノを弾きます。
ベーゼンドルファー弾くんだ〜♪
曲はバッハです。また、編曲ものです。
鍵盤作品でないものばっかり、弾いてるなあ。

もう日にちがそうないわけです。今日木曜日ですもんね。
なのですが、自分ではまだ、練習不十分だなあ、どうしよう、と思ってしまう。
(いやいつもそう言ってないか?)
そんなとき今までは、「とにかく回数、とにかく少しずつテンポ速くして・・・」
と、その程度の考えで,演奏をはじめてましたが
それではまったく、具体的なプランじゃない!!

もうちょっと考えましょう。うん。
具体的には〜〜
どれくらいできるか、まずやってみるか。
一度,本番想定で弾いてみよう。
おじぎして〜座って〜
演奏開始。
終了。
思ったよりできるなあ。ミスはあるけど。

組曲4曲のうち、2と3はいいんだよね。
1曲目、はじまりいいんだけど、なんとなく響ききれいかな、程度で弾いてるかなあ。
4曲目,やっぱり速さがなあ。とにかく速く、だけだこれじゃ。

というわけで
ちょっと考えて
一度,ていねいに各パート聴きながら弾いてみようか。
あと構成をもう少し確認しつつ。を1回やって。

正直,「ゆっくりやるよりテンポ上げて,回数こなした方がいいんじゃない?」
という声も自分のなかにはありましたが
やりはじめてみると、音の聴こえ方がだんだん違ってきた。

こういうパートもあったのね〜。
そうか、こういうフレーズにも聴こえるか〜。
とか。

今までのノープラン「とにかく弾く」では、
回数を重ねることで慣れてくる、という側面は確かにありますが、
「これでいいのか一抹の不安がひそんだまま弾き続ける」ことで、
ピアノ弾くときはもれなく不安になるように、習慣づけてたわけですよ。

子供のときからの練習は,ほぼそれでしたね。
もちろん考えて部分練習したり、いろいろな工夫はするんだけど、
基本「まぐれあたり」を期待している感じで,
上達したかったらたくさん弾くしかない。

たくさん弾けば上達はしますよ確かに。
だけど、不安なまま、「一体どれくらいやれば、十分なんだろう」と思いながら、
弾き続けるのは,実は音楽にとってとても不健全でしょ。

今日の実験では「音を聴きながら弾けるようにやってみる」ことで
音楽の魅力の再発見ができて、弾きながら「あ、ここがこんなふうに聴こえるのもいいな」
という宝探しができました。
不安を探しながらよりは、ずっと健全でしょ。


終わってみたら,本番に向けて、もっと気持ちが前向きになってました。
本番は楽譜を見て弾くので、ちょっと楽譜をデコりたくなった。
天使のシールで、構成の目印つけてみた。
かわいい。

ダメだしの書き込みより、これのがいいや。

明日も弾いてみます。
靴もはこうかな。

たぶん靴履くと,お辞儀でまたヨロヨロする。
練習しとこう。
[PR]

by e-t-pf | 2015-07-30 23:12 | 自分のレッスン  

<< なかなかできない理由 なんだかツボに・・・ >>