自由に踊っていい、のは確かなのですが

アフリカンダンス、インストラクター向けのクラスがありました。
いつものように、のびのびと踊りたいのはやまやまですが
教えるための勉強なので,いろいろと気をつけるポイントが。
例えば「床から足を上げておろす、交互に」
いわゆる足踏みですが
これだけでもいろいろ...ひええ〜〜〜

シンプルな動きなんですよ、アフリカンダンスの動きって。
だから、初めての人でもすぐ踊れる。

だけど、そのシンプルな動きが〜〜
奥深いというか、実は繊細というか
自分の身体どう動いてんのかしら。ぐらい深くなっちゃう。

足踏みなんて、シンプルすぎて
踊れている(リズムとしゃべれてる)のか、いないのか、
自分じゃわからない。

バレエなら一目瞭然なのに。

アフリカンダンスは「形」より「どう動いてるか」が問題。
その「どう動いてるか」が、微妙で。

バレエは,「こう動かしてください」が明確で厳密。
それができないと、踊れない。
力で無理矢理やったりすると危ない。

トラディショナルアフリカンダンスは、
「こう動かしてください」が「自然のまま」、
つまり誰でもいつもやってることなので、
それだけ、今の自分の身体のくせが、そのまま出てしまう。

バレエは,癖の出る余地がない。
癖が出たら,動けない。形にならない。
自由に踊れるようになるまでの道のりが、長く険しい。

アフリカンダンスは最初から自由に踊っていいんです。

そうなの。自由に踊ったのです。
自由に踊ってみたら、
いかに自分が「自然」の設計からずれてるか、がクリアになったのでした。

というわけで
うまくいかなくて不満だったところをなんとかしたい。
足踏み練習する。

でも以前よりも、動きは細かく見えるようになってたと思う♪
身体も楽だし♪
[PR]

by e-t-pf | 2015-01-29 23:44 | ジェベバラ。アフリカの智慧  

<< まじめに練習してみた 近所に音楽を聴きにいけるなんて。 >>