固く聴こえる

等間隔で、同じような音を続けて鳴らすと、「ビート」になる。
時計とか、メトロノームとか。

それをめざすかのような訓練があるでしょ、音楽で。

やってもいいんですよ、というか、できるようになるとすごく便利なの。
なんだけど、やりすぎると、そして目的を間違えると、
「あるタイミングで音を鳴らす」ことに、
正解とか間違いとか、(あってるとかずれてるとか)
こだわるクセがついてしまう。

リズムって、ある「流れ」があって、
その流れとともにいるかどうか。

実際には、どういうタイミングで音を出しても、
大丈夫なんだよね。

それが「ずれてるかな」と心配しながら、音を出すと、
その「心配している緊張感」が音にも出てしまって
固さが表現されてくる。

そういうのが必要な表現、やりたい表現なら、利用できるけどね。

やっぱり、なんでも同じだな〜と思ったのです。

「ちゃんと動けるかしら」と心配しながら動くとか
「相手は自分をどう思ってるかしら」と心配しながらしゃべるとか

身体が固くなるし、のびのびと相手と会話できなくなる。

心配するっていうのも、大事なことなんですよ。
心配しないのってあぶないし。

でも、必要ないかもしれない。
あるいは、なんで自分は心配してるんだろう、って
考えてみてもいいのかもしれない。

「ずれてるかしら」「あってるかしら」って思わなくていいよ。
しばらく聴いてれば、わかってくるから。
それから、音をだしてみようかな、と思えたら、音を出せばいいよ。

そんなふうなアンサンブルを、やりたい。
[PR]

by e-t-pf | 2014-10-18 23:35 | リズム  

<< て〜く〜び〜!! 見逃した〜〜〜 >>