分けられない、というかまとまってきた

お気づきの方?もいらっしゃると思いますが
(なんていまさら)
私はピアノを教える仕事がメインですが、
趣味ではじめたアフリカの太鼓「ジンベ」と
その太鼓で踊る、ダンスを、教えるようにもなりました

そして、「踊りを教える」という
自分にとっては「ありえない」としか思えないことを
なぜかやるようになったため
身体のことをもっと知りたい、という思いから
アレクサンダーテクニークに出会いました
(で、深みにハマり中)

なので

このブログでも
ピアノやら、レッスンのことやら、
そうかと思えば太鼓のことらや、
アレクサンダーテクニークの話やら

まるでメガドンキのように?なんでもあり?な
もしかしたら「多重人格なんかこいつ」的な感想も持たれるかも
持たれてもしかたないかも

なので、テーマ別に分けようかな〜なんてことも思ったりしたんですが
それもできず、未だにこのままやってます。
だって分けられないんだも〜ん。
全部絡んでるからさ〜。

なんて前置きをながながとしましたが
先日、ピアノの生徒さんが、太鼓に初チャレンジしました
小学一年生、小柄な、華奢な女の子です。
自分が入れちゃいそうな大きい太鼓を、
一生懸命、叩いてくれました

そして、ピアノのレッスンの時、
「この前は来てくれてありがと〜どうだった〜?」と聞くと
「うん、棒で叩くやつが好きかな」
確かに、すっごい元気よく、力強く叩いてました。
(ジンベはやっぱり手で叩くのは、痛いよね。音でないし)

それが関係あるかないかはわかりませんが
なんだか、話してていつもより声が大きい。
そして、歌も、今までよりもピッチが正確になっている。

前は、恥ずかしそうにぼそぼそだったので、
ほとんどピッチが出せなかったのです。

変化してるなあ。

自分の中でも、変化してます。
前は、やっぱり「ピアノの先生」としての自分と
太鼓やダンスをする自分が、なんとなく離れていたのが
まとまってきた感じ。

なので、ピアノの生徒さんに、太鼓の話もしやすくなった。

というわけで、やっぱりこのままの感じでブログは続くでしょう。

今後ともどうぞよろしく♪
[PR]

by e-t-pf | 2014-10-04 22:49 | こどものレッスン  

<< 見逃した〜〜〜 歓迎したくない感覚がくる >>