音の思い出

このカテゴリ、ほったらかしのままでした。
大学まで書いたんでした。
ぼちぼちと続けて行きます。
自分自身の整理にもしたいので・・・

今日は、子どもの頃に聴いていた音の話し。
私の家は、姉と私がピアノを習っていましたが、
親はまったくクラシックは知らない、いわゆる農家のおじさんおばさん。

子どもにピアノを習わせたのも、当時、はやり始めたお稽古だったから。
そして、近所に評判のいい先生がいたから。

そのピアノの先生からのアドバイスがあったのか、
ピアノ名曲集みたいなレコードが2枚あって、
よく夕飯の後にかけてくれた。
その時間が大好きでした。

ゆったりとした曲を聴きながらうとうとし、
フォルテで始まる曲で目を覚まし

自分の弾く音とは全く違うピアノの音がきれいで
奏でられる音楽の世界がとても豊かで
すごく、みずみずしい感じになって
満ち足りた時間でした。

親はそれを聴いていても、クラシックに興味が増すことはなかったようです。
でも、繰り返しかけてくれました。
そのうち、私たちの方でせがむようになりました。

音楽についての最初の思い出、と言えるものはこれかなあ。
そんなに、情報量はなかったです。
レコードはその2枚だけで、増えませんでした。
自分で買うようになるまでは。
それは・・・高校生になるまでですね。

あとはラジオですね。
受験勉強のお供はラジオ。
NHKFMのクラシックの番組中心に聴いていた。
それも受験勉強になるから。

実はわたしは、ピアノのリサイタルはわずかしか行ったことがありません。
別に避けてたわけでもないんだけど。
行きたいなあ、と思うものが、ピアノ以外のものが優先になっちゃう。

今は、仕事で行けない。
たまには行ってみたい。



ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2013-02-28 23:28 | 音とわたし  

<< がんばることの落とし穴 えっもう2月終わるの >>