<   2017年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

9月の音遊び

分離唱と歌遊びの会、Air♪
9月も東京です。
9月6日(水)10時30分〜 入谷・鴬谷のスタジオ阿弥陀で行いま〜す。
参加したい方はお知らせくださ〜い。
どうやらこのまま、東京開催が定着しそう。
埼玉でも時々やると思います。たぶん次は紅葉のきれいな頃。
ほとんど遠足?

こんなことやります
・克美さんによる分離唱の練習。
・5度を中心としたシンプルなハーモニーで、簡単な歌を歌う
・簡単な2部、3部合唱、メンバーによっては4部。
今までのところ、楽譜は見ずに、その場で覚えられる短い歌を歌っています。
なので終わると忘れちゃう。
でもそれでいいのです♪
覚えておきたい曲のときは,楽譜も用意します。


[PR]

by e-t-pf | 2017-08-20 23:40 | 歌う | Trackback | Comments(0)  

アレクサンダー??



a0096091_13170952.jpg
ただいま〜〜!!仙台から戻ったよ〜
a0096091_13192650.jpg
ただいまただいま〜〜ってもう帰って来てからずいぶん立ってるじゃん!
a0096091_13215723.jpg
んが

a0096091_13224109.jpg
ね・・・・ねこに食われ・・・・
a0096091_13244094.jpg
ねーねー、君が「アレクサンダー」なんだよね?
a0096091_13254685.jpg
えっ?い、いや・・・ちがう・・と思うが
a0096091_13262770.jpg
そうなの?だって今回の仙台は「アレクサンダー」のお披露目だったんでしょ?
a0096091_13272175.jpg
どうでもいいから、早く出せなっしーーーーーーーー!!!!!












[PR]

by e-t-pf | 2017-08-16 13:32 | アレクサンダーテクニーク | Trackback | Comments(0)  

自分が何やってるのか?って?

声が出なくなったアレクサンダーはどうしたのでしょうか。
★助けを求めたが・・・
医者にかかりましたが、異常なし。
「声を出さず喉を休めるように」と言われ、1週間ほど大人しくしていたら声は出るようになったそうです。
でもまた朗唱するとステージの終わりころには枯れてしまう。
そこで考えたアレクサンダー。「朗唱のときにやっていることが原因で、喉を痛めている、ということか?」

★自分は何をやってるのか
というわけでアレクサンダーは、朗唱しているところを鏡を見て観察してみた。
そうとうしつこく観察したらしいです。
そのあたり、観察の顛末と「テクニーク」がどうやってできていったのか、本に書いてます。
タイトルずばり「自分の使い方」。

道具の使い方間違えるとうまくいかないし道具壊れるかもよ、
というのは当たり前ですが。でもそれを「自分」に対して考える?
そもそも「使い方」ってなんなのさ。

★私はこうやっていた
私も鏡は見ますよ。朝身支度のときに。あとダンスの練習のときに鏡見ます。
でも自分を見るのって,そんなに好きじゃない。好きな人いますか?
アレクサンダーも、別に好きだから見たわけじゃないか。
とにかく何か、声が出なくなる原因を見つけたかったわけですね。

ダンスの練習の時,鏡見てるけど,私は何を見てるのかなあ。
自分を見てるときに考えてること。思いつくのは・・・
「やっぱ下手だなあ」「今度はさっきよりいいか」
評価ですね。
見えている自分全体の印象から、いいか悪いかがまずでてくる。
あとは動くのに忙しくて。とにかく踊る。

★いいかわるいかはおいといて
私は鏡で自分を見るとき、あまり客観的ではない、ということに気がつきました。
いいか悪いか・・・
(あまりないけど)いいと思えばそれで終わりにしちゃうし、
(ほとんどだけど)悪いと思うといやになってやめたくなる。
結局、あまり自分を見てないんですね。

「自分の使い方」を読むと、なんでそんなことに気がつくの,ということのオンパレードです。
アレクサンダーさんは、客観的に見るのが得意だったんだろうか。
・・・でも最初からそうだったわけではないのかも。
想像だけど。評価もしたでしょうね。いやになる時もあったのかなあ。
でもやっぱり「朗唱したい」思いが勝ったのかな。
何か発見できたときは嬉しかったでしょうね。だから続いたのかな。

自分観察はかなり長期間続いたそうです。
でも喉のトラブルはけっこう早くに解決できたらしいです。
じゃあなんで観察続けたんだろう?
何かもっと面白いことがあったのか。いや面白くないことがあったのか。




[PR]

by e-t-pf | 2017-08-03 00:18 | アレクサンダーテクニーク | Trackback | Comments(0)