<   2015年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

教える、ということに慣れてしまっている

アレクサンダーテクニークの「教える」練習、というのに
ただいま挑戦ちうですが

毎回、「いつものように教える」ように、自分が動いてしまうのが課題。
アレクサンダーテクニークは
セラピーではありません
治療ではありません
マッサージではありません
エクササイズではありません

レッスン,という言い方をしています。
なので「先生」ということになるのですが

実際にすることは、生徒さんのやりたいことをお手伝いすることです。
何を教えるのでしょう?
「自分でほんとうに、実行する」ことを教える、ということ、かな。
ということは、私は自分でほんとうに、生徒さんの隣にいて,
生徒さんのやりたいことを受け止めて,お手伝いすることを考える必要があるわけですが

それは、まず「ほんとうに自分でいる」必要があって
それは「先生としている」のとは、ちょっと違うようなのです。

でも、ずっとピアノの先生だったので
あ、ちがいます、今でもそうなので
そうしているつもりはないんだけど、いつものように「教えよう」としたくなる?

う〜〜〜〜この習慣は手強いです。

相手を「生徒」として見ている,という習慣もあるでしょうね。
だいぶ薄れてきてはいる、と思うけど・・・

今年の合宿で,「演技する」という体験を、ちょっとだけしました。
お面をかぶる、ということから始まったのですが
何かの役割を「演じる」というのは
実は日常で,誰でもやっていて、それはとても便利な,役に立つこと。

私は「先生」という仮面を使っていたわけです。
それは役に立ってるんだけど、
ほんとうは、それをいつでも「取り外せる」ようにしておきたい。

「先生」でいる自分じゃないときも当然あるはずだけど、
もしかしたら、そんなつもりではないときも、「先生」としているかも。

教える練習をしようとするとき、まず自分。
先生のサポートで、余計なものが取れた時、
今はまだ,何をしていいかわからなくなり、心細くなってしまいます。
でも、それが大事,と今日も先生に言ってもらいました。

そして家に帰って、ピアノのレッスンをするとき・・・
改めて「ピアノの先生」にもう一度なってみた。
なんだか、今までとはちがうような。
何かクリアになった気がします。
[PR]

by e-t-pf | 2015-06-24 22:49 | アレクサンダーテクニーク | Trackback | Comments(0)  

異次元だよ〜

カラーの勉強、ほんとに勉強で、宿題ががっつりでます・・・
今回はこれをやったよ〜コラージュ。

大変だった・・・

おもしろかったけど。

色を見分ける、というのがまったく未知の世界で,
あわわって感じでした。

音程やリズムがわからないのって、こんな感じかしら〜って

こっちかなあっちかなと写真を並べながら,思ってしまった。
ちょっとはわかるようになったかな〜
a0096091_23481549.jpg


あっ足写ってる
[PR]

by e-t-pf | 2015-06-14 23:46 | 音楽以外 | Trackback | Comments(0)  

習慣、という素晴らしくもややこしい贈りもの

アレクサンダーテクニークでは,「習慣」について、いろいろ考え,取り組みます。
「習慣」は悪者にされることも多いです。
「習慣的にやってしまう」みたいな言い方をする。
ちょっとかわいそうですね。
「習慣」て、人間のすごい能力だと思います。
それがないと、こんなにいろいろできないんじゃないかなあ。

習慣て、どうやって作られるんでしょう。
自分では、ほぼ「いつのまにか」できてると思う。
意識的に「作った」習慣もあると思うけど。

問題になるのは、習慣をそのままにしておいたら、
トラブルになってしまうとき。

体が痛くなったり,思うように動けなかったり。
考えたくないのに、頭から離れない,とかもそうかな。
考え方の癖,みたいな言い方もしますね。

もう一度言いますが,習慣的にできる,ということは、すごいことです!
いつのまにか、できるようになってるんですよ。ほぼ勝手に!
ほんとに人間てよくできてるよね。

さてその習慣を「変えたい」場合。
「習慣」は、「自分の手に負えないもの」でしょうか?
そこのところ「習慣的に」どう考えているでしょう?
「変わらないから,習慣なんでしょ。」そう思ってました。私はね。
「いつも通りになってしまう。いつの間にか、どうしてもそうなる」
自分のコントロールは、及ばないと思っていました。

でも実は、常に「新しく」やっている、というのが、ほんとうの現実。
いつもいつも同じことをしてる、なんてことは、あり得ない。
でも、そうは思えない。
「いつも通り」だと思うのって、よほど大事なんでしょうね。
「こういう自分」を、それによって常に作り続ける必要があるわけですから。

でも、あんまり嬉しくない「いつも通り」は、変えたいんですよ。

さてそこで
「習慣は変えられない」という「習慣」的な考えををそのままにするか、
「習慣は変えられる」と考えることを新たな「習慣」にするか。

私としては
アレクサンダーテクニークで「習慣」についてあれこれ試す、
ということを、楽しい遊びのように、やっていきたいのです。

a0096091_22565772.jpg

[PR]

by e-t-pf | 2015-06-12 22:57 | アレクサンダーテクニーク | Trackback | Comments(0)