<   2014年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

クリスマス会でした♪

今日は声楽の先生と一緒に、クリスマス会でした。
近所の喫茶店にアップライトピアノがあるので、
それを使わせていただき、みんなで弾いたり歌ったり。

今年は、小学生から、お孫さんのいる方まで、
幅広い年齢の方が参加して、にぎやかでした。
子どもの歌声って、いいですね〜。
心が洗われるって、これなのね〜って感じ。

さて自分も歌いました。
どうだったかというと
いや〜とにかく、楽しかった。

実は、今回アレクサンダーテクニークの先生と一緒に、
「歌詞を読む」というレッスンをやっていたのです。
朗読、ですね。
私の歌ったのは、男性が恋人を思って歌うラブソングだったのですが
(イタリアの歌ですからね〜、アモーレな感じで)
その歌詞を、人物、時間、場所、などなどを考えて
ちょっと寸劇みたいにしたりして、何度か読みました。

歌っていると、だんだんその時のことが思い出されてきて、
おもしろくなってきちゃって、最後は完全に役で歌ってました。
歌い終わるのが残念なくらい。
「まだ言い足りない!」感じでした。

技術的には、もちろんいろいろあったと思います。
レッスンでやった、練習したことは・・・
正直飛んでました。

でも、とにかくおもしろかったのです。
歌でこんなに気持ちが高揚したのって、初めてだと思う。
初めてアフリカンダンス踊った時に、近いかも。

他の参加者のみなさんも、それぞれ「楽しんでいた」のが
伝わってくる、すごく良い時間でした。

そしておいしいケーキとコーヒー。
ほっこり楽しい時間でした♪

夕焼けがきれい。
昨日が冬至、今日はすこ〜し昼が長くなったんですね。

a0096091_22561995.jpg

[PR]

by e-t-pf | 2014-12-23 22:56 | 歌う | Trackback | Comments(0)  

歌えるかも、と初めて思えた。

歌のレッスンに行ってきました。
来週のクリスマス会で歌う曲を練習しました。

私の声は「ソプラノ」だそうです。
正直、自分では自分の声質、とか音域、とかわからないんだけど・・
まあ、太い声、とか強い声、とかではないのは確か。

声は、
空気が肺から喉を通って外に出て行くときに、
声帯が震えて、空気を振動させて音になって、
それがいろいろなところに響いていきながら、
外に届いていく、
ということで、いいのかな?
今のところの理解です。

声帯はわかるんだけどさ。
いろいろなところに響いていくところで、技術がいるらしいんだな。
それがなかなかだ。

でも、今日少し、「あ、ここに響いてる」ってわかったところがあった。
「深く歌おう」として、喉の奥にこもらせていたのを、指摘されたとき。

それって、よくある「声楽っぽい」(と私は思った)声なんだけど、
私にはあまりあってない、というか、
長い目で見たときに、のどに負担になるかもしれませんよ、
と言われた。

そうなんだ〜。
若い人だと大丈夫だけど、私はやっぱり、
からだに優しい歌い方を覚えた方がいいんだって。

だよね〜。

で、いろいろ練習していくうちに、
「そうか、これか」みたいに思えたところがあって
(できたりできなかったりうろうろするんだけど)
できるときがだんだん増えてきた。

すると、今まではどうしても、歌う前に緊張して固まっていたのが、
はじめて、「歌えるかも。歌ってみたい!」って思って、積極的に声を出せた。

受験のために歌の練習をした時以来の
「歌苦手、声出ない、どうしよう」が、ようやく外れた感じがした。

最近は、歌うのきらいじゃない、どちらかというと好き、と思ってたけど、
でもいざ、レッスンとなるとやっぱり
「どうしよう、大丈夫かな」ってなる。
でもそれが、「歌のレッスンでは普通」になっていた。
変わるもんだね。

歌う、というより「声を響かせる」ことがおもしろかった今日のレッスンでした。


本番までに歌詞を覚えようね・・・
[PR]

by e-t-pf | 2014-12-17 23:36 | 歌う | Trackback | Comments(0)  

今年最後のダンスクラス

今日はアフリカンダンスのクラスでした。
今年最後のクラス。
私はドラマーでお手伝い。
リズムは「ダンサ」でした。
「スィギロロ」の歌も歌って、ゆっくりから始まるダンサ。
かっこい〜。これ好き。
で、ばっちりダンサのパワフルさがでたは良いが、
それだけ太鼓はエネルギーがいるのだ・・・
終わったら指みずぶくれしてた。

新しい人が多く参加していたし、子どももいました。
村っぽい。

去年は秋にライブがあったんでした。
それが終わっての、今年だったんだなあ。
ああ、一年早かったなあ。

なんとか、ジンベクラスも続けられて、継続してくれる人もいます。
ありがたや。
ダンスクラスでの太鼓も、だんだんとよくなってきてます。
リズムが自分を元気にしてくれてるなあ、と叩きながら思えた。
やっぱり、他では体験できない、すごい場なんですね、ダンスクラスって。
貴重な時間。

来年やることも、だんだんと見えてきた。
来年はどうなるかなあ。

何はともあれ、パワフルな、いいクラスで、ほんとに嬉しかったです。
手は痛かったけど。
ありがとうございました!!
来年も踊ろう♪
[PR]

by e-t-pf | 2014-12-14 23:15 | ジェベバラ。アフリカの智慧 | Trackback | Comments(0)  

あら、一年たったんだ

もう12月も半ばですね。
もうすぐクリスマス。町はきらきらですね。
LEDのおかげで、またキラキラが増えてますね。
キラキラ好きだからいいけど。低燃費でお願いします。

さてクリスマスと言えば。
去年は「声楽デビュー」をしたんでした。
10月からレッスン開始して、すぐにクリスマス会で歌ったんでした。
キャロルを2曲。英語でした。

今年もクリスマス会があります。
また歌います。
今年はイタリア歌曲です。
レッスン中の曲。

クリスマスだから〜♪キャロル♪
とはなりませんでした。
だって、英語で歌うの大変なんだもん。
キャロルってシンプルだから、かえって難しいんだもん。

そう、歌の難しさが、以前より分かった感じ。

そういう言い方すると、なんか行き詰まってるみたいに聴こえますが、
そうではありません。
歌うこと自体は、どんどん楽になってます。
(英語が大変なの。英語で歌うのが)

「ソルフェージュのテスト!」というフラッシュバックもないし。
以前よりも、声は出しやすく、響きやすくなってるし。
イタリア語も、少し言えるようになってきたし。

なので楽しく歌ってます!
でもちょっと前に、以前よく歌って遊んでた、好きな歌を
ピアノ弾きながら歌ってみようとしたら、
「弾き歌い」ができなくなっててびっくりしました


今日やってみたら、できました。
以前の歌い方に戻ることもありませんでした。
また、新しい「弾き歌い」になってました。

今年のクリスマス会では、歌で参加する人が増えるみたいです。
ちびっこも参加するし。
楽しみ♪歌う人が増えたら、合唱もできるよね!
[PR]

by e-t-pf | 2014-12-12 23:26 | 歌う | Trackback | Comments(0)  

柔軟性

バレエについて、あまりここでは書いてませんが
ますます楽しく、続けています

ほんとにね〜、よくできてるんだなあって思います、バレエの動きって。
すっごく不自然に見えるでしょ。
トウシューズで立つなんて、考えられないでしょ。
でも、できるようになってるんですよ、練習すれば。

・・・私はまだまだできませんが。

身体の構造的に、変なことは何もやってないんですよ。
メソッド通り、正確に、考えながら、理解しながら、身体の様子を見ながら
練習していくと、できるようになるんです。
そのメソッドは、長い時間をかけて、たくさんの人たちによって考え抜かれたものなので、
ほんとによくできてます。

その感じは、クラシックの音楽のしくみとも、似てます。
だから、私は違和感なくできるのかも。

で、バレエの動きは関節の稼働域が大きい方が、やりやすいです。
いわゆる「身体が柔らかい」方が、やりやすいしきれいに見える。
ところが
私は、ものすご=====く身体が固いです。
だから、はじめた頃は大変でした。

でも・・・・ずいぶんやわらかくなりました!!
今が(成人してからは)人生で一番柔軟性が高いです。
いや〜、やわらかくなるものですね〜。
人間のからだって、すごいね。

いろいろ知識も増えましたよ。
ストレッチって、するタイミングも大事なんですね。
暖まっていないうちは、引っ張るとよくないんだって。
だから「踊る前にまずストレッチ」はちょっと違うらしい。
まずは「ウォームアップ」。大きい筋肉をたくさん動かすのがいいらしいです。

それと、「固いからストレッチしなくちゃ!」って思わなくなってきました。
実際に柔らかくなってきた、という事実も助けになってますが、
「今どんなふうに動くかな。観察観察」、と思いながら、動かすようになりました。

最近気になってるのは、身体の右側と左側の動き具合の差です。
左できるのに、右できない、とか。
そんな「感じがする」のが、気になるの。
実際にできてないのかどうかは、実はあまりわからない。

でもそれを気にしながら動いてもいいことないので、
動きのプランを考えるようにしてるんだけど、
・・・・う〜ん骨とか関節とか筋肉の名前、忘れてる。
要復習ですね。

またほねにくすじえもんだ。
[PR]

by e-t-pf | 2014-12-02 23:12 | バレエ♪ | Trackback | Comments(0)