<   2013年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

聴きたいなあ

たまにはアレクサンダーテクニークの話題。
とても久しぶりに、校長のジェレミー先生のレッスンで
2日続けて同じテーマでレッスンしました。

「ピアノの先生として、生徒の隣に座る」

1日目は
座っているときの自分の状態について。
気づいたのは、腰の後ろを縮めていること。
それとセットになっていたのが
「どんな演奏をするか、よく見なくちゃ」という考え
修正点がないか、チェックしようとする。

そのこと自体は悪くない。
修正点に気づける、ということはいいことなんだけど

なぜ「修正点である」と判断したのか
その元になっている考えがなんなのかが
実は、あまりクリアでなかった、ということもわかり、
けっこう愕然・・・

2日目のレッスンで、前日やったことを踏まえてもう一度やってみた。

すると「前日やったことをちゃんと踏まえよう」と考えていたのを
先生はすぐに見抜いて笑い出した。
「なぜ、足を組まないの?」

アレクサンダーテクニークで多い落とし穴
「学んだことを、活かそうとする」

これが、落とし穴になるなんて、なかなか分からなかった。

「学んだことを活かす」
ピアノを弾こうとする生徒の隣ですることは、これではない。

「聴く」これをするんだよね。

聴くために、ある姿勢を取ろうとする、というのは必要?
ある姿勢で聴かないと、聴こえない?そんなわけない。

ただ聴けばいい。どんな姿勢でも音は受け取れる。
「じゃあこんな感じで聴きたい」
私は椅子から降りて、床に座って、椅子の座面によりかかってみた。
ピアノで、何か弾いてくれるのを楽しみに待ってる。

ああそうだ、楽しみに待つ。これがしたかったんだ。

楽しみに待つ、がぜんぜんなかったわけではないんだけど、
ここはピアノ教室で、私は先生だから、
レッスンするために、生徒の演奏から、問題点を見つける必要がある。

まちがい探しをしようとしてしまって、
楽しみに聴くだけではなくなってしまう。
心配しながら聴いてる、とも言えるかな。

ピアノのレッスンにしつこくつきまとう「不自由さ」
それは、演奏をするときの必要以上の「緊張感」につながっていく。

音楽を教える、ということは、たくさんの人が関わる大きな世界だけど
この「不自由さ」気づいている人はどれくらいいるだろう...
うすうす気づいてるけど、なんだかわからないし、
良いのか悪いのかもわからないし
取り立てて考えることがない、という人が多いのでは・・

でも、音楽の質自体に、大きく響いているのは、これだと思う

せっかく音楽と深く関わっているのに
「なんか不自由な感じがする」ままなのは、
もったいないよね。


ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2013-10-29 23:04 | アレクサンダーテクニーク | Trackback | Comments(0)  

「やる気」ってなんだろう

やる気スイッチ君のはどこにあるんだろ〜〜♪

最近、このCMみない気がする。
もう放送してないのかな?

やる気がある、ない、
やる気を出す、やる気が出ない、
ピアノの練習でよく問題になりますね。

私も、練習したいかしたくないか、日々揺れ動いております。
でもやはり練習はするわけです。
では、どうやって「やる気」を出しているか。

やる気を出そう、とはしません。
何ができそうかを考えます。

「練習する気になれない」のは
やろうとすることが「たいへん」だから、かもしれない。
たいへんじゃないことを、すればいい。

私は、長い間やっているので、いろいろな練習方法のプランがあります。
どんな練習で何ができるようになるか、
どんなふうな練習方法が自分にあっているか、
わかってきています。

(でも、これも実はくせ者で、
 自分にとってやりやすい練習方法に偏ったりする。
 すると、演奏に自分特有の特徴ができていく。
 欠点も、長所もですね。)

自分で、たいへんじゃない練習をどうやっていかわからないときは、
誰かの助けを借りるといい。つまり先生や友だちにきく。
アドバイスや、練習方法のアイディアをもらえるといいですね。


ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2013-10-23 23:49 | 大人のレッスン | Trackback | Comments(0)  

流れていれば歌える

合唱の伴奏えお練習中の生徒さん。
本番も近づき、合唱と一緒の練習も
だんだん慣れてきたようです。

夏休みのころは、音の理解、手が正しい鍵盤上に動けることが
主なポイントでしたが

今は、流れ続けることがポイント
というわけで
今日も私は指揮者と歌う人役
本番想定で、練習

1回目は、途中でずれてきて
とうとう4小節、まったく音が出せないところがあり
それでも途中から入り、最後までは弾きましたが

さすがに4小節穴があくと、歌い続けるのは難しい

というわけで
1拍目だけを弾く練習をメトロノームにあわせて
速度を変えつつ何度か

それから、また本番想定

今度は、ミスタッチはあるものの、
流れはなんとかキープできました。
これなら歌える。

本人は、ミスタッチ、ペダリングのミスを気にしていましたが
歌っていると、
和音が正確かどうか、とか
音が濁っているか、ということよりも
やはりタイミングが気になる。

楽譜通りの音ではなくても、
そんなに気にならないよ。

音を正確にしようと、止まりながら弾いてると
ぜんぜん歌えない。
流れをキープしていれば、歌えるよ。

ようやく、そのことが腹に落ちたようです。

よくここまで、できるようになりました!
えらい。

私も、流れ、リズムの具体的な指導方法について、
とても新しい体験になりました。

もっと小さいうちから、流れについて
意識的にレッスンでもやっていこう。


ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2013-10-17 22:04 | こどものレッスン | Trackback | Comments(0)  

ぐちも悪くない

なかなか練習がすすまない生徒さんがいて
ちょうど先週、ぐちっていたのでした。
「私としては、せっかくだから良い演奏してほしい。
だから、いろいろ考えるんだけど、どう試してみても、
生徒さんに響かないみたいで、空振りする。うまくいかない。」
ぐちられた知人は、笑顔で応対。すみませんでした。

そして今日、その生徒さんのレッスン。
今日は、ぐちって自分の考えを口にだしたのが響いていたのか
生徒さんの状態は気になるけど、自分の希望のことは、気にならなかった。

そういえば指に力が入りにくいみたいだなあ。
エクササイズボールを使って(バレーボールくらいの大きさの、もっと柔らかいやつ)
ぎゅうぎゅうにぎってもらった。
その際、爪を立てて指先めり込ませる!みたいにしてもらって
指先でボールを握りつつ
手首動かしてみる
肘動かしてみる
肩動かしてみる
とかいろいろやってみた。

指先に力を入れる、というのが、
生徒さんの普段の活動でも、あまりないらしい。
よくいえば「腕の重さを利用して、指先は少ない力で」ということなんだけど
ピアノの鍵盤を押す際に、支えたい関節が緩んでしまうので
演奏にはマイナスだったわけです。

その後の演奏で、おや??
楽譜を見るときの、目の動きが今までと違う!
視線がはっきりと、楽譜を進んでいく。

私は、楽譜を読むタイミングを、少し早めに誘導しました。
すると、初見で見事にノーミス演奏。
もちろんスピードはゆっくりですよ。

でも、今までは、スピードのコントロールもできなかったのです。
いつも同じペースで弾いていた。
「ゆっくり」と言っても、変わらなかった。

おもしろいレッスンになりました。



ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2013-10-12 23:32 | こどものレッスン | Trackback | Comments(0)  

気分よく歌っちゃった♪

中学生の生徒さん、夏休み前から練習していた合唱の伴奏が、
いよいよ佳境です。

学校で、歌と合わせての練習がはじまった。
歌と一緒に弾いたら、緊張して、止まってしまった。

そうなのですよ、歌が入ると、いつもの自分の演奏ができない。
びっくりしますね、初めての合わせのときは。

ということで、今日は本番想定練習。
私が指揮者役になって、お辞儀、着席(ピアニスト)、演奏開始。

大切なことは、流れ続けること。
たとえ弾けなくなっても、弾いてるつもりで流れて、
入れるところから入る!という練習。

何度かやって、私は歌ってました♪
あら、初見で音程が取れないわ。
歌がメタメタだわ。

まあ、そういうこともあるね、きっと。
たとえ歌がくずれても、ピアノは流れてね!
と言い放ち演奏続行。

はじめのうち、緊張していた生徒さんも
だんだん、私のメタメタな歌を「しょーがないなー」と
聴きつつ、演奏を続け
少しずつ歌と共に弾いている感じが出てきた。

今日1日で、どんどん演奏が変化しました。

上達が、加速してます。
これが、若さですね。やる気ですね。
すごいね。

そうそう、自分の歌も変化してました。
受験以来しみついていた「歌は苦手!意識」が出なくなってきた。
無理して声出そうとしなくなってきた。

さあもう一踏ん張り、これからは演奏を磨いていきます!
けっこう、良い演奏できそう!


ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2013-10-10 23:18 | こどものレッスン | Trackback | Comments(0)  

続いてます、バレエ。

しばらく話題にしてませんでしたが、
ちゃんと続いております。
3年目に突入しております。

先週、ピルエットが回れてやった〜なんて喜んでたら、
今日はできなかった。
そんな感じで、続いてます。

先週できたのは、ただいま来日中のグレッグ・ホールダウェイ先生に
ATの個人レッスンで、ピルエットを見てもらって、
その2日後だったから。
すごいですね。
動きを整理しただけで、そんなに時間もかけなかった。
1、2分のことだったんだけど。
できたのです。回れた。

それが、今日は「回ろう」としてしまって
自分でもわかったけど、上半身が力んでた。
回ろうとすると、斜めに後ろを見ようとしてしまうみたいです。
そりゃ軸は後ろに倒れるね。

わかってるんだから、直しましょう。
「やろうとする」のを、もう一度整理し直します。

でもバレエ楽しいです♪

でもそろそろ、アフリカンもがっつり踊りたいよ〜
誰か太鼓叩いて!!!



ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2013-10-05 21:23 | バレエ♪ | Trackback | Comments(0)  

さあ始動します

10月に入り、いよいよピアノ教室の発表会の準備に入りました。
来年夏の予定です。
少しずつ、準備をはじめます。

キーボードアンサンブルの曲を挙げていって、
楽譜探しをはじめます。

講師演奏の準備は、もうスタートしました。

前回の発表会のときから、
音楽への向き合い方、練習の仕方が変化しているので
今回は、どんなふうになっていくか・・・

おもしろいのは、どんどん「プレッシャー」がなくなっています。
楽しみが増えています。

「本番で演奏する」ときに体験する、いろいろな感じ。
演奏にマイナスに作用することが多い緊張。
それらが一体何で、なぜ起こって、どう対処すればいいか。

答えが分かったわけではもちろんありませんが、
「人前で弾くときはあがるし、緊張する」
それは仕方がない、どうしようもない、無理矢理押さえ込むしかない。
とあきらめる必要はない。

日々の練習で、いろいろ実験です。
基本は、いつでも「自分の状態を観察すること」からです。
観察観察。ただ観察するだけ。
判断、評価は、少なくとも時間を置いてから。


ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2013-10-04 22:13 | 自分のレッスン | Trackback | Comments(0)  

広告ですか?

メトロポリタン美術館の、日めくり
今年はこれが、毎日楽しみでした♪
来年も、こういうのがいいなあ、と思って
ぺらっとしたら
a0096091_2241782.jpg

あら?
a0096091_224356.jpg


広告だ。
ぬけめな〜い

でもこのサイトに、入れない・・・なぜ


ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2013-10-02 22:06 | お気に入り♪ | Trackback | Comments(0)