<   2011年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

おいかけて、おいかけて♪

今日はダンスクラスで大変でした。
火曜日の超ビッグサプライズゲストとのドラミングの疲れが
今頃出てきて
(背中から首が、ぱんぱん。)
リズムに入っていけない感じ。

すごく「がんばらないと」できない感じがしていて
その感じに従ってがんばってたら、
踊りにくい太鼓になってしまった。

がんばらないと、踊れない感じになってしまったみたい。
そうだよね、私はこれでもかとがんばってたんだから。

このリズムは、がんばるリズムじゃないからね。
「ダンサ」は、一番元気な世代の女性が、踊るんだそうです。
もっと、余裕かましてる感じがいい。

でも、だからと言って、余裕で叩いてたら、
ただ、だらだらしてしまう。

その辺の加減が、難しい。

今日は、「こうやらねば」に取り付かれて、
リズムから離れてしまった。

注意されて、やっと直った。

でも、次の課題が。
やっぱり、ちからが足りないんです。

というか、楽に叩くことにこだわりすぎていたのかな。

ちからが抜けすぎて、一応トーンは聴こえていたけど、
ダンサーにはちょっと弱く聴こえていたみたい。

手首が、やわらかく動きすぎていたらしい。

でも、火曜日の超ビッグゲストさんの音が
耳に残っていて、その音を思い出しながら叩くことができた。

やっぱり、お手本てありがたい。

今日は、超ビッグゲストさんの、お誕生日だそうです。

おめでとうございます!!
Happy Birthday!!!


ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2011-02-27 20:53 | ジェベバラ。アフリカの智慧 | Trackback | Comments(0)  

れんしゅうってなあに。

「ピアノの練習って、なんのためにするの?」

小さい子にレッスンしてると、
こういう直球な質問が来たりするんですよ〜。

もちろん、その子の質問が、何をいわんとしているのか、
同じ言葉を使っても、違ってたりするのですが。
年齢によって、いろいろです。

答えの一例を書いてみます

  今、これ弾いてみて、どうだった?
  うまくいった?どこか変だった?弾いてて楽しかった?

  もし、何か変だったり、弾いててあんまりよくわからない感じがしたら、
  なんとかしたいじゃない?
  「なんとかしようとする」ためにやることが練習かなあ。

  もし、「この曲好きじゃない。どうでもいい」
  と思ったら、そう先生に言っていいよ。
  「絶対やりたくない」くらいきらいなら、もう弾かない。
  「なんかよくわかんない」んだったら、
  これからピアノ上手になるために、役に立つから、
  やって欲しい。
  練習は、「上手になるため」かな。
   
「じょうずってなに」

  そおねえ
  さっき自分で弾いて、どうだった?
  どこか失敗してた?
  まずは、失敗しないことが「上手」の基本かな。
  それから、楽しく弾けて、いい音楽だったと思えるといいよね。
  「じょうず」は、いい音楽ということかな。

「じぶんでわからなかったら」
  先生にきいてみたら。

「いいおんがくってなに」
  みんながハッピーになる音楽。

「おんがくってなに」
  いまやってるじゃん。
  音楽とは、なんなのか、聞きたいなら話してもいいけど、
  長くなるから、しばらくお家に帰れないよ。

「じゃあいい」
  そのうち自分で考えてね。

「やだ」
  あ、そ。


練習って、やってると何のためにやってたんだか、
わからなくなっちゃうことは、ままあります。

時々、思い出してみるといいよね。
こうやって、聴いてみるって言うのも、いいよね。

いや〜、やっぱり大事だ、こういう質問。

でも、また聴かれたら、違うこと言うかも。
「答えは自分でも考えましょう」って言うかもね。


自分でも、「練習」そのものが目的にすり替わってしまうことが
ときどきあります。

でも、それもありかな、と思うようになりました。
いつもいつも、確信に満ちて行動できるわけではない。
迷いながらも行動することも、ありますよ。

でも、「迷っている」のを見ないふりしたり、勘違いしたりすると、
あぶない。

「今は迷うことにしよう」と言ったとたん、
それって確信になるなだもんね。

自分がなにやってるか、分かっていれば良いんだよね。

「あら、分かってなかった」って後で気がついたり
決めてたつもりが、いつのまにか惰性になってたり
それは、いつも起こることだし。

いちいち目くじらたてるんじゃなく、
気がついた時に、どうにかしたいと思ったら、対処すればいい。

いや〜こどもおそるべしです。
おもしろいねえ。


ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2011-02-26 12:46 | 自分のレッスン | Trackback | Comments(0)  

負けたと思った

昨年から、生徒さんの低年齢化がすすんでます。
  昨日は高年齢の話だったっけ。

3歳からピアノのレッスンだけ
というわけにはもちろんいかないので、
いろいろ工夫するわけです。
歌う、鳴りものを使う、動く。
絵を描く、などなど

ピアノも弾きます。
本を見ながら弾いたりは、もちろんしません。

はじめは一つの鍵盤からはじめたりしますが
すぐにいろいろな鍵盤に冒険がはじまります。

ほんとに、冒険している感じです。
楽しそうです。

そして、だんだん音量が大きくなって
ダンパーの動きがおもしろくて
腕でたくさん押して中を覗き込んでみたり
だいたい、腕でばーんと鳴らして、いったん終了です

昨日は、真剣に弾いている3歳児でした。
音楽してた。
手と指をいろいろ使って、
いろいろな音域を行ったり来たり、
響きを聴きながら、弾いてました

その真剣さと、無駄の無い、ダイレクトに音楽してる感じに
負けたと思った

私は、ピアノ弾く時にいろいろ頭に浮かびます
余計なこともたくさん考えてます
子供のように、やるべきことだけやって弾きたいなあ

そうやって、しばらく聴いていると
弾くのをやめて
「今のは何の曲だと思う?」

えっ




う〜ん


考えた末
「私には難しくてわかりません」
と答えてしまった

すると「プリキュアの×△☆の☆♪で○×△で」
プリキュアは聞き取れましたが、
それ以降は何を言ってるのかわからないけど
とまらない

この子はプリキュアが大好きで
「いつかテレビのプリキュアの歌とか、弾けるようになるねえ」
と言ったら
大喜び!してました。

しかし面白かった。


ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2011-02-25 12:58 | こどものレッスン | Trackback | Comments(0)  

やりたいこととやりたくないこと

現在最高齢の方のレッスン。
「遊びでやってるんだから」といつもおっしゃって、
ご自分の知っている曲中心に、レッスンしてます。

歌の本から、メロディだけ弾く。
大人向け教材から、知ってる曲を弾く。

基礎練習のようなことは、まったくしません。

音は、なれてくればだんだん覚えてくるので
ミスタッチは減ってくるし、
運指や手の形も、なんとなく決まってくるのですが

流れのない演奏になってしまう。

よく、カラオケで歌っても、
伴奏無視して、自分のペースで歌う方がいますが
そういうことになってしまうのです。

できるところは速く弾き(リズムも無視)
できないところは弾き直し

で、自分でも「なんだか変なんだよなあ」
とおっしゃるので、
「ビートに合わせて弾いていけば、きれいに流れますよ」
と一緒に弾こうとしたり、連弾しようとしたり
いろいろするんですが、

「それをすると、つかれるんだよなあ。いいや」
ということになります。

そう、ペースを作り出して、維持するのって、
かなり高度なことだし、エネルギーがいるんですよね。

その部分が、音楽の大事なところなんだなあと、
その方のレッスンでつくづくわかりました。

なので、子供のうちから、「流れ」を意識して
演奏できるように、レッスン内容を工夫するようになりました。

その、大人の方は、とてもよく練習するんです。
時間をとてもうまく使って、
テニスをしたり、庭仕事をしたり、地域の役員をしたり。
お料理も上手で、「今日はこれ作ったから、食べながら聞いてて」
と、おやつを持ってきてくださいます。
すごい!

でも、ご自分の「ペース」ががっちりと決まっている人というのは、
「変える」のはむずかしいんですね。

これは、大人だから、というわけではないなあ、と思います。
子供でも、合わせるのが得意な子、苦手な子がいます。

でも、子供のうちの方が、合わせることに慣れやすいのは、
まちがいないです。

大人でも、理解して、はっきり目的を持って練習すれば、
合わせられるようになります。


ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2011-02-24 13:57 | 大人のレッスン | Trackback | Comments(0)  

なぜ今頃?

ある日、電車に乗っていたら、
親子が乗ってきました。

小学校高学年の娘、父、母。
私は座席に座っていましたが
その前に3人で立っていました。

お母さんと娘さんは、これからいくところの
話を始めました。
お父さんも、会話に入ってきました。

すると
お母さんと娘さんの表情が一変して、
二人でお父さんに向かって、厳しい言葉を言い始めました。
詳しい言葉は覚えていませんが
あきらかに「言葉の暴力」でした。

私はびっくりしました!
このお母さんと娘は、ひどいなあ。
この家ではお父さんは、こんなひどい扱いを受けてるのか。
かわいそうに。

その時は、その場で起こったことに対して、
私はそう反応したわけです。


でもね。
もしかしたら、二人にそうさせるようなことを
お父さんがしたのかもしれない。
どんな事情があるのか、聞いてみないとわからない。

この考え、
起こったことの「背景」に考えが及ぶ、
ということが、
なぜか急に、今日、浮かんだんですよ。

電車での出来事は、本当にかなり前のことです。
たぶん、4、5年前です。

それが、ふと頭に浮かんで、
その直後に、そうか、その出来事がなぜ起こったのか、
私にはわからないんだ。
一方的に、お母さんと娘さんを悪者にしていたけど、
そうは言えないかもしれないんだ。

と思ったのです。

なぜだろうね。

刺激への反応、ということがあります。
よく、アレクサンダーテクニークのレッスンで、
この言葉が出てきます。

私たちは、日々刺激に対して、反応しています。
「反応」は、いろいろなレベルがあって、
そこにどれぐらい、「意思」が入っているか
わかりません。

人間にとってやっかいなのは、
そこに「感情」も入ってくる、ということです。

感情のエネルギーはすごい。
喜怒哀楽、どれもすごいパワーがあります。

振り回されます。

喜と楽はいいけど
怒と哀は、痛みも伴うから、やっかいですね。

でも、やっぱり大事な感情なんでしょうね。

意味はあるわけです。

反応として、感情が起こるのは、いいことです。
その後、それに巻き込まれて、振り回されると、きついです。

反応がおこるのは止められないだろうと思いますが
その後、それをどうしていくか、というのは
できることだろうと思います。

しばらく味わったり。
すぐに違うことに切り替えたり。

それは「無感情になる」「ドライになる」ことでは
ないと思います。

楽器演奏の時も、自分の「反応」について観察すると、いいかも。
時々でいいからね。
「ずっと」「常に」なんて思うと、身動きできなくなりそう!


ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2011-02-21 13:18 | アレクサンダーテクニーク | Trackback | Comments(2)  

今やりたいこと。

太鼓の復習。
大師匠が、久しぶりに来日すると聞いて、
焦っている私・・・・
ようやく、復習のための時間を作りました。
4月まで、スタジオ押さえて、
これから教わったことの掘り起こしだ〜〜!


アフリカの文化にご縁ができて、
はや10年。以上か。
ようやく、少し近づけた感じがしてます。

というか、やっと舞い上がっていた気持ちが
落ち着いてきた。

アフリカンダンスって、体験するとすごくポジティブになるのです。
気持ちがオープンになって、前向きになる。


違うダンスを習っている人が、言ってました。
その人が習っているダンスでは、「美しい動き」を要求される。
なかなかきれいに動けなくて、鏡に映る自分が、ぎこちない。
こんなみっともないの、人にみられたくない。
そう思ってしまうと、人前で踊る気になれない。
もちろん、踊ることはとても楽しいんだけど、
人前では、まだやりたくない。

ところが、アフリカンダンスは、なんだかすごく人前で踊りたくなる、
初めてでも、そう思ったそうです。

うまい下手関係なく、できるのは確かなんですよ。
生の太鼓の音で動くと、何かが解放される。
音と一緒に動くことが、ものすごく楽しいのです。

私もそうで、習い始めてすぐに、
パフォーマンスしているグループに入って、
人前で叩いたり踊ったりしてました。

しかし
続けていくうちに、奥深さもわかるようになり
ただ「楽しい」を越えた、喜びも感じ・・・
その「喜び」は、太鼓とダンスに対する感謝と敬意の気持ちを
呼び起こし

すると、あまり人前でやらなくなり、
もっと深めたくなってきて
今に至る。

だってさ〜〜〜自分の動きや音が
「おかしい」「間違っている」と思ったら?
直すしか無いでしょう!
(思わないうちはよかったわけですよ。ただ楽しかったの)

でも、「できてないけど、まあいいか」とは、
思えなくなってしまった。

自分では直しようがないし・・・

いくら映像があってもね。
自分がどう動いているか、わからないんだもん。
自分の映像があってもね。
おかしいのはわかるけど、どう直せばいいのかが、
わからない。

じゃあ教わるしかない。

(まあ、アレクサンダーテクニークで、自分で自分を直せるようになる
 手がかりを探っているわけだけど
 こちらはこちらで、遠い道のりだということがわかったし)

とにかく、これから4月まで、練習するのです!!

ちなみに私は、自分で自分の踊りが「おかしい」と
わかるようになるまでに、けっこう時間がかかってます。
2、3年かな。週に2回ぐらいクラスに通って。
その間は、ひたすら気分良く踊ってた。
だから、できてないことに気がつかなかった。
それでも、ほんとに楽しいんですよ。

でも、だんだんと「ほんもの」にふれる時間が増えたら、
「ほんもの」が与えてくれるものは、
もっと奥深いものだと思うようになった。

だから、掘り下げたくなるわけです。

太鼓とダンスへの「敬意」は、そういうことです。
音楽に対しても、同じです。


ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2011-02-20 22:38 | ジェベバラ。アフリカの智慧 | Trackback | Comments(0)  

そろそろ、新年度

2月も半ばをすぎましたね。
今日は、夕方の空が明るいのに
びっくりしました。
いつのまにか、日が延びてる。

最近は、卒業式の話題が増えてきました。
卒業式の合唱やBGMで、ピアノを弾く。
小学校高学年の生徒さんや、中学生は、
その晴れ舞台目指して、がんばる子もいます。

大事な舞台だからね。
やっぱり気持ちが入りますね。
いつものレッスンとは比べ物にならないくらい、
集中力を見せてくれます。

こういうチャンスは、いいです。
自信に繋がります。

そして、そろそろ新年度のレッスンのことも
考え始めます。

今年は、グループで音楽をする場を、設けたいなあ。
と思ってます。

どんなかたちでやるか。
具体的なことはまた、これからです。

春になって暖かくなると、考えもどんどん広がっていきます。
楽しみです。

梅見に行きたいなあ。



ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2011-02-18 22:00 | こどものレッスン | Trackback | Comments(0)  

うまくいったけど反省〜

今日はボディシンキングの授業で、プレゼンやりました。
プレゼンというのは、
ワークショップの予行練習です。

15分間で、実際にワークショップでやってみたいことをやってみます。
先生役の、練習です。

今日は、同期の方一人と、先輩二人と、4人でやりました。
股関節について。

今までに2回かな?やっていて、
3回目だったので、準備もできたし、
話すときも、自分の状態に気をつけながらできました。

しかし

一つ反省点が
今日はあくまでも練習で、本番ではないということ
どういうことかというと「失敗していい」ということです

何があったかと言うと、
15分間、という時間をオーバーしそうになって
慌てた私は、他のメンバーが少し段取りに手間取ったところで
おせっかいをはじめてしまったのです
仕切って、まとめてしまった

私は教える仕事を長くしているので、
そういう状況をまとめるのは、わりと得意

しかし、今日はメンバーそれぞれがトライして、
そこから何が得られるかを試すべきで

内容の完成度にこだわるよりも
何が起こるかを見る方が良かった。

今日は私のそういった傾向を知ることができた
ということを忘れないように

書いておきました。


ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2011-02-16 22:20 | アレクサンダーテクニーク | Trackback | Comments(0)  

戻ってしまう!

最近は、ダンスクラスはほとんど太鼓なので、
あまり踊れません。
しくしくしく・・・
身体は重くなるし、
汗かかないから、なんだかすっきりしないし
肌は荒れるし

でもお腹はすくし・・・
太鼓叩くと、お腹空くんですよ〜〜
というか、食べておかないと、叩けない。
だから食べる。

でも動きが少ないから
身になっちゃう。

さて、そんなことを言いたいのではなく、
今日は少しだけ踊りました。
ウォロセドンという踊り。
昔からクラスでよく踊っているリズムで、
動きもわかりやすいので、
よくちょっとした体験の時に、
踊ってもらったりします
一見、わかりやすい。
でも、奥が深い。
なので、今日はその奥の深さを探検。

太鼓の練習の時に、
みんなで交代しながら叩いたり踊ったり
そのとき、私はやったことのない新しい動きも教わりました

へ〜、こういうタイミングで動くのもあるんだ〜
なんて思いながら、踊りました
先生の動きを見ながら、自分でもやってみる
はじめは合わないけど、少しずつあってくる

そして
昔からやっているステップも踊りました
すると
さっき、新しい動きを踊った時とは
身体の重心がかわっちゃった
いきなりかかと重心になって
腕も肩からあがった
つまり、昔の身体の使い方に
戻ってしまった

うわ〜
びっくりした。
やっぱり、時間をかけて踊ってきたのは
その動き方に身体も戻るんだ。

でもそれはよくない動き方だったので
直せるかどうかやってみました

う〜ん、気をつけてないと難しい
すると
なんだか思い切り踊れない感じ

でも、思い切り踊って、身体がおかしくなるのはいやだから
新しい動きなんだ、と思ってやってみました

これは、ずっと踊りだけ続けていたら、
もしかしたらわからないかも。

たまに踊る、っていうのも、いいことなのかも。

と思えた。

でも、ひざにかかる体重は、ずっしりだった。
あ〜〜〜〜〜.....



ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2011-02-13 20:33 | ジェベバラ。アフリカの智慧 | Trackback | Comments(0)  

雪の長い長い1日

昨日は関東も雪でしたね。
寒い寒い1日でした。
私は、ボディシンキングワークショップへ行っていました。
悪天候の中、たくさんの人が参加していました。

濃い〜〜〜1日になりました。

(そうそうそれから、ブログだけのおつきあいだった方と、
 初めてお会いすることができました!
 なんだか、思いがけずご褒美もらったような感じでした。
 ゆっくりお話はできませんでしたが、
 お会いできて良かった!)

でも、やっぱり情報量多いな〜〜。
今日初めての人は、大変だったんじゃないかな〜。

なんて思いながら、見学したり参加したりしていました。

そして、初めてアレクサンダーテクニークのワークショップに
参加した時のことを思い出しました。

ダンサー向けのワークショップでしたが、
私はまだ、あまり知識も無く(たぶん本は1冊ぐらい読んでいた)
もちろん、アレクサンダーテクニークがどんな風に学ぶものなのかも
知りませんでした。

ワークショップの印象は
まず、先生が面白い。
校長のジェレミー・チャンス先生は
元俳優さんということもあって、
参加者を飽きさせない、楽しませながら学べるように
いろいろ工夫してくれていました。

内容もよかったけど、正直はっきりはわかりませんでした。
でも雰囲気がよかった。
楽しい学び。
その印象が強かったのを、思い出しました。

せっかくいい内容でも、印象に残らない。
ということもあるなあ。

印象。
う〜ん自分はどうかなあ。

もう少し、そういうことも気をつけよう。


ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2011-02-12 22:04 | アレクサンダーテクニーク | Trackback | Comments(0)