<   2010年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

今年はね。アレクサンダーテクニーク編

アレクサンダーテクニークでは・・
ボディシンキングの勉強が2年目に入り、
合宿では、こちらから発信するチャンスをいただき、
去年とは比べ物にならないくらい、
いろいろなことが、学べた年でした。

生活のすべてに、大きな影響があった。

無駄が減った。
疲れにくくなった。
気持ちのアップダウンに、振り回される時間が減った。

なので
去年よりも
ピアノのレッスンもよくなった
レッスンの運び方、伝え方に変化が。

アフリカンダンスと太鼓では
動きやすくなった。
疲れにくくなった。
でも、
不思議な筋肉痛が。
少し深い筋肉が筋肉痛になってるのかなあ。

家がきれいになった。
庭がきれいになった。
ようやく、植物の世話らしきことが
できた。

全体的に、バランスはととのった感じかな。

でも、まだまだこれからも、
おもしろい変化がおこるでしょう。

アレクサンダーテクニークは、自分で自分を変える技術。
人になんとかしてもらうのではない、
というところが、気に入って、勉強をはじめました。
だから「レッスン」なんですよね。
「施術」でも「治療」でもない。
先生から施してもらうのではなく、
ヒントをもらって、自分でなんとかする。

来年、ボディシンキングの資格が無事取得できるか!
できたら、ワークショップやってみたいなあ。

というわけで、長々と今年を振り返ってみました。
では、また来年お会いしましょう!
良いお年を!
[PR]

by e-t-pf | 2010-12-30 23:46 | アレクサンダーテクニーク | Trackback | Comments(0)  

今年はね。アフリカンダンス編

アフリカンダンスでは、大きく変化した年でした。
去年の今頃は、こんなに太鼓中心になるなんて、
想像もしてなかったなあ。

今年の前半は、カルチャーセンターでのダンスクラスがありました。
そして後半、ダンスから太鼓にシフト。
今まで習っていたダンスクラスで、太鼓を叩かせてもらうように。

そして、発表会も、なんとか乗り切りました。

ダンスクラスで叩いてみると、やっぱりよくわかる。
踊りに向かって、叩くのって、
ただの伴奏じゃない。
踊りとのバトルでもない。
コミュニケーションなんだなあ。

私は技術はないです。
未だに、音はあまり出てません。
手も動かないので、ソロはほとんどしません。
結果、音的にはとっても地味になる。
もしかしたら、クラスで踊る方の中には、
物足りなさを感じる方もいるかもしれませんが・・・

そのリズムを続けることだけしか、できないけど、
それで私は精一杯です。
でも、叩いていて楽しい。

太鼓で、踊りとコミュニケーションする。
口数多く、しゃべれない(叩けない)けど、
相手の言葉を(ダンスを)受け取る、道を通しておく
そんなつもりでやってます。

来年は、どんなふうになっていくか。
柳田先生の定期クラスが、6月まで。
ということは、はっきりしているので、
とにかくそれまでに、学べることは学びたい。
もちろん、不定期のワークショップはあるそうなので、
もうクラスを受けられなくなる、ということではないけど、
今の状況で、できるだけのことはしておきたい。

しかしなあ。
体力は過信できなくなってくからね。
課題はメンテナンスですね。
[PR]

by e-t-pf | 2010-12-30 23:35 | ジェベバラ。アフリカの智慧 | Trackback | Comments(0)  

今年はね。ピアノ編

ますは発表会。
出演人数が多く、にぎやかな楽しい発表会になりました。
大人の生徒さんも、たくさん出演してくださいました。
アンサンブルも、大人チームができたのは、奇跡的!
集まって練習もできて、楽しかったです。
出演者の最高齢記録も更新。
70台の方が、出てくださいました。

教室では、生徒さんの低年齢化が。
今までは一番小さくて4歳だったのが、2歳の生徒さんが入会。
でも、戸惑うことなく、レッスンできるようになりました。
私が楽しんで、一緒に音楽ができるようになってきた。
準備ができたから、生徒さんも入ってくれるんだな〜と
思ったのでした。

自分では…
ピアノの弾き方が大きく変わり、
ピアノへの取り組み方も変わりました。

人前で弾く、という体験が、気負いなくできる、
という体験ができた。
でも、すぐに昔の習慣が…
人からの評価が気になる、
自分の中の気負いに、振り回される
あがる・・・
簡単には消えないけれど、
消せるんだなあ!と思えるようになった。

気持ちが音楽を大きく変えるんだ、ということを
身を以て感じました。

来年は、もっと「楽しい音楽」を
深めて行きます。

今年も読んでくださった皆さん、
ありがとうございました!



ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2010-12-30 23:20 | 自分のレッスン | Trackback | Comments(2)  

Brother Sun Sister Moon

映画ありましたね。
映画自体はよく知らないけど、主題歌?は覚えてます。

この歌、グレオリオ聖歌が、オリジナルだったんだって!

Breath for Peace
ここにアクセスして、トップページで流れてる曲が、
同じ歌からアレンジされたものだそうです。

美しいです。

クリスマスイブに聴くのに、いい音。
[PR]

by e-t-pf | 2010-12-24 23:11 | 好きな音楽 | Trackback | Comments(2)  

Do they know its Christmas?

クリスマスイブですね。

実はおととい、お腹を壊してしまいました・・・
胃腸炎??と思いましたが
結局ただの食中毒だったようで、
今日はよくなりました。

よかった。
ケーキ食べられる。

でも、昨日イルミネーションを見に行く予定にしてましたが
行けませんでした・・・

明日も仕事です。
子供たちと、クリスマス会。
普段は使わない、珍しい楽器で、アンサンブル。
クリスマスキャロルを、演奏します。
今年は、コーラスもする予定。

今、テレビでマイケル・ジャクソンの映画やってます。
新しいアルバムも、でたんですね。

昔のサウンドが、耳に懐かしい。

昨日までは、とにかく力が入らなくて、
少しでも横になりたい、クリスマスなんて考えられない、
という感じでしたが、今は気持ちに余裕がでてきました。

クリスマスイブ、落ち着いた気持ちで迎えられそう。
やっぱり健康第一。



ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2010-12-24 21:44 | 好きな音楽 | Trackback | Comments(0)  

譜読み

いま・・・すごいことしちゃった
自分のブログで
「ピアノ」のカテゴリ探して
「ない!!」ってあせっちゃった
そもそも作ってないし…

さて、譜読み(初めての曲をどのように練習するか)について
いきなり両手でやるか、片手ずつやるか。
どれぐらいのスピードで弾くか。
音量は。表情づけは。
などなど、みなさんはどうしていますか?

私の場合は、子供のときは・・・
実はあまりよく覚えてない。
「必ずこの手順でやる」と決まってはいなかったし、
はっきり「この順番で弾いてきて」という指導もなかった気がする。
(聞いてなかっただけかも・・・)

楽譜を見て、どれぐらいで弾けそうかなんとなく考えて、
両手でできそうなら、やってみて、
できなくなったら、片手。

そんな感じだったと思います。
無計画でした。

合唱団の伴奏をやるようになってから、
はっきり変わりました。

とにかくすぐに、音楽の輪郭を表現する必要がある。
ベース、きっかけになるフレーズ、響きに必要な最小限の音を
よどみなくつなげていく。

練習で弾く時には、歌う人の様子も見ながら、
歌のパートのフォローもする。
それを初見でやらされることもあった・・・。

それ以来、いきなり両手で、ゆっくり弾くようになりました。
拾える情報はすべて、できる限り表現する。
後回しにしてたら、時間がもったいない!
一度の練習で、どこまでできるかを、試すような感じ。

そしてどうしてもできないところは、部分練習。

すると、練習時間は明らかに短縮されました。
一度に練習できる曲が、増えた。

やっぱり現場百回。
必要に迫られると、できるものですね。

でも、子供のときの無計画な習慣は、
未だに顔をのぞかせます。

期限や、人前で弾く予定がない曲を弾こうとすると、
無計画にやりそうになる。

その方が、楽だと思っているみたい。
集中力はいらないから、確かに楽ですね。

でも、集中しないで音楽はできない。
無計画に練習しても、あまりいい結果は出ません。

自分にできる計画をたてればいい、ということでしょうね。


ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2010-12-20 22:32 | 自分のレッスン | Trackback | Comments(0)  

今の自分は

別にツイッターでもなうでもなく
アレクサンダーテクニークで、扱うことについてです

「自分」なんですよね
自分の「状態」
身体も心もひっくるめて全部
刺激に対する反応とか

で、それを飛びつくように「改善しようとする」わけではなく
自分の状態を観察し
変えたければ変える
そのままでよければそのまま

でも、たいがい
観察しているうちに
変化します

そもそも人間はというか世界は、宇宙は
(話が大きいなあ)
止まってられない

変化している自分を
どう見るか
見ている自分はどんな感情が起こってくるのか
身体はどんなふうに、なっているのか

シンプルに
「今の自分は・・・こんなふうか」
何かに気づくかもしれない
気づかないかもしれない

それはどうでもいいから
ときどき、自分を観察しよう。

自分の中の自分ではなく
世界の中の自分。


ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2010-12-20 13:15 | アレクサンダーテクニーク | Trackback | Comments(0)  

呼びかけられた。

今日のダンスクラスは、録音での練習でした。
主にステップの練習と、リズムを歌えるようにする練習のため。

まずは私が音頭取りをして、全員でリズムを歌う練習。
今日やったリズムはパートが多く、グループに分けて、
全員で歌うと、かなり複雑な声のアンサンブルになります。

実は太鼓クラスで習うときも、こんなふうに教わります。
口で言えたリズムは、叩けるようになるんだそうです。
逆に、ちゃんと歌えてないと、似て非なるもので終わってしまう。
私もそれは実感してます。
歌う時に大切なのは、そのリズムの「エネルギー」を感じて歌うこと。

はじめはみんな、パートを覚えるために、
紙に書いてメモしたりします。
(音符で書く人は少なくて、ほとんどみんなカタカナ。
 不完全なメモにしておいたほうが、記憶を大事にできる。)

でも、だんだんとその「カタカナ」を読んで歌っているうちに、
ノリが変わってきてしまう。

今日も、実際に踊るには少しぼんやりとしたノリになってしまいました。
ほとんどの人がはじめてだし、
口がまわるまでは、ゆっくり練習するのも大事なんだけど、
本当はもっとテキパキしたノリである、ということも、
言われました。

それから、ダンス練習です。
踊ってみると、さっき口で歌っていたリズムが、
実際はこんな感じか〜と言うのが、体感できます。
この両方を体験すると、リズムが身体に入る感じがする。
どちらかが欠けていると、きちんと理解できない。

ダンスをやりたい人は、リズムを口で歌う。
太鼓を叩けなくても、歌えれば大丈夫。
太鼓をやりたい人は、しっかり動きをやらなくても、
脚のステップと太鼓のリズムの関係を覚えるには、
ある程度時間をかけて踊った方がいいです。

さて、録音もいろいろなものを使いました。
本当はスピードが速いリズムなんだけど、
練習のために、少し遅めのものから。

それから最後に、ダンスクラスをライブ録音したものを使って、
ライトテンポで踊る練習をしました。

そのクラスのライブ録音は、
私たちの太鼓の師匠が叩いたもの。

私もCDになったものを持ってるんですが、
今日は先生が、マスタリングする前の、
元の音源を持ってきてくださいました。

師匠の太鼓、久々に聴きました。
やっぱり、アツい太鼓です。
でも、キツくはないです。
踊る人たちに向けて、呼びかけて叩いているのが、
はっきりわかりました。

呼びかける太鼓。
私はまだまだだなあ。
目指します。

あ、そうだ念のため
このクラスは、アフリカンダンスを「伝えられるようになるため」のクラス
つまり、インストラクターのためのクラスなので、
こんな感じなのです。
普通のクラスは、もっと気楽に楽しめるので、ご安心ください。

リズムは「クク」でした。


ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2010-12-19 21:31 | ジェベバラ。アフリカの智慧 | Trackback | Comments(0)  

サラ・バーカーさんのレッスン

個人レッスンを2回、受けました。
1回目は歌。
クリスマスキャロルを歌いました。
レッスンのはじめに、まず一度、通して歌いました。
今までで、たぶん一番のびのび歌えた。
サラさんから、質問されました。
「歌いながら、何か変化がありましたか?
 途中で声に変化がありました。」

私は少し考えて、
「歌い始めは、緊張がありました。
途中から、この曲がとても好きだ、という気持ちがわいてきて、
力が足の方に抜けていく感じがありました。」
と答えました。
やっぱりいい曲だなあ、歌っていると気持ちいいなあ、
と思いながら、歌っていたのです。

サラさんの目には、身体が緩んでいったのが見えたそうです。

それから、息を吸い、吐き、それから声を出す、
という練習を何回かしました。

普通は息を吸い込んで、声を出す。
出してしまってから、では声は出ない・・・
と思いきや、出るもんですね。
もちろん長くは出ませんが、
「強く出す」ことはできました。

大きな声を出すには、息をたくさん使うというより、
出し方なんですね。

その後、ときどき自分でやってみてます。
同じようにいくこともあるし、いかないこともあるけど、
歌う時に感じていたプレッシャーが、かなり小さくなりました。

レッスン後、あごに力が入った時に、気がつくようになりました。
あごから首にかけて、ぐ〜っと力が入る。
それが分かった時には、やめてみる。
あごについては、レッスンでは何も言われなかったのに、
おもしろい!
[PR]

by e-t-pf | 2010-12-18 21:58 | アレクサンダーテクニーク | Trackback | Comments(0)  

幽霊カテゴリ

このカテゴリ、ずいぶん前に作ってあったんですが
中身を書かないままになってました

あまり自分について、書きたくないなあと
思ってたからなんですが
珍しい体験ではあるし
私の、いろいろな興味の方向付けに、
強力に作用していることなので、書いてみます

昨日ちらっと書いた「持病」のことです
病名は、はっきりついてはいません
今までについた病名らしきものは
○てんかん
○脳血管障害
○失語症
こんな感じかな?

アタマのことなので、重たい感じですが
そんなに深刻なことではないです
症状としては
失語状態の欠伸発作です。

ときどき、言葉の意味が分からない状態が数分続き、
元に戻る。
1日に多いときで数回。週に2〜4回程度。
20台から、10年以上、続いてました。

発作が出なくなってから、10年近くになります。

で、発作の最中の状態ですが
意識ははっきり、あります。
「気を失う」わけではないです。
ただ、言葉がわからなくなる。
自分も、意味のある言葉を発することができなくなる。

ひどいときは、目の前にいる人が誰なのか、
ここがどこなのか、いつなのか、
わからなくなることもありました。
(認識障害、っていうのかな)

数分(自分ではよくわからない)続いて、
おさまります。

おさまると、まったく元通りになります。

発作の最中、恐怖や不安はあまり感じないので、
パニックになるようなことはないです。

でも、気持ち悪い。
「言葉が消えていく」のが、
「わからなくなっていく」のが、はっきり自分で分かるからです。

「あ〜わからなくなってきた」と
頭の中で考え始めると、ほどなく
「思考」も消えて、しばらくそのままです。
でも、目の前にいる人が、私が返事をしなくなるので、
怪訝そうな顔をしているのは、見えている。
(表情はわかるなあ。でも状況自体が、わからなくなることもあった)

そして、戻り始める。
「あ、考えられる。」と思い始めたら、
少しずつ、話し始めます。
自分で、自分の言葉が言いたいことと合っているかどうか、
気をつけながら、話し始めます。

「ごめん、今ちょっと具合悪くなってた」
みたいなことから言い始めて、
その場にいた人に状況を説明します。

原因は不明。
CTの写真には、言語野のあたりに、影は映るものの、
それが原因とは考えにくい。
血管の異常かもしれないが、日常生活に支障はないし、
わざわざ検査する必要もなさそうだから、やらないできてます。
抗てんかん薬を処方されましたが、効いてるのかどうか微妙・・・

こんな感じです。
ちなみに、ピアノ演奏中に発作になったことは、ないです。
何か一仕事終えて、気が緩んだ時にでることが多かったような…

こんなことから、「脳」「意識」「思考」の不思議さ、
「言葉」「コミュニケーション」について、
興味を持つようになりました。

音楽の力も、実感しました。
癒す力が、本当にある。
「なぜ、人間は音楽するのか」
必要だから、音楽する。
というのが、私の実感なのです。

具体的に、音楽すること、聞くことが
何にどう良いのか、説明はできませんが・・・
はっきりさせたい。
言葉で説明してみたい。
そういうことを考えてると、楽しいのです。



ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2010-12-15 22:30 | 文字化け脳 | Trackback | Comments(0)