<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

覚え書き 座ること

先日、ピアノ(と太鼓)で
アレクサンダーテクニークのワークショップを受けました。

その時のショックは、未だ消えずにいます。
というか、今度はフラッシュバックしてくるようになりました。
ときどき、わき上がってくる、その感じを、
覚え書きしてみます。
自分のアタマの整理ために、書いてみます。
なので、参考にしようなんて、思わないでね。

今日は、座ることについて。

ピアノは、椅子に座って弾きます。
太鼓も、椅子に座って叩きます。
(立って叩く場合もある)

どちらの動きも、腕〜手を、メインに使います。
下半身は、あまり積極的ではないです。
ペダルぐらいかな。
ともかく、安定した椅子に、ちょうど良い高さで、座りたい。
その方が、演奏しやすい。
それは当然のことなのですが。

ワークショップでは、オソロシイことに、
座り方が不安定な状態で演奏したり、
普段とは全く違った姿勢で演奏したり、しました。

どうなることやら、と思ったのですが、
案外弾けちゃうんですよ。これが。
新鮮な体験でした。

もちろん、戸惑いますよ。
でも、思ったよりも、平気なんですよ。

いつも、なんか気にしていた椅子の高さなんて。
まあ別に、いいか。なんて思えたりして。

そうやって弾いている姿も、
まあはっきり言って、そうとう笑えるので、
それだけでも、気持ちが全然変わった、ということもあるかも。

さて、そのような体験をしたものの、
そのときは、それによって何が分かるのか、
はっきりつかめずにいました。

しかし、今日なんとなく、弾きながら
そういえば、全身のつながりを意識する、とか
全身を使ってピアノを弾く、とか、そんな言葉を聞くけど、
(言ったこともきっとあるけど)

その前にまず、
指だけで出来ることって、どれぐらいあるのか、
分かってなかったなあ、と思いました。

すると、なんかすっと上体が楽になって、
腕〜肩から、力が抜けました。

でも、弾きにくくなったりは、しませんでした。
逆に、シンプルに打鍵できてたかも。

音楽そのものに対しても、客観的になれたかも。
一瞬だけどね。

下半身が不安定な状態で演奏すると、
ピアノを弾く手が、鍵盤から離れてしまいそうな気がしてたけど、
実際はそう簡単には、離れませんでした。

ちゃんと、手首、肘、肩というジョイントが、
調整してたみたい。

さて、ピアノを弾くときは
☆安定した椅子に座る
☆ちょうど良い高さを見つける
すると、演奏しやすくなる。

のは確かなんだけど、一度徹底的に不安定を体験すると、
クリアになるのかもしれません。
[PR]

by e-t-pf | 2009-11-24 23:06 | アレクサンダーテクニーク | Trackback | Comments(3)  

教材のはなし

お友達のブログにて、教材が話題になっておりました。
なので、ちょっと自分の使用教材について。

私は基本的にバイエルです。
バイエル、ツェルニー、ブルグミュラー、ソナチネ、ソナタという
日本ピアノ教育の王道ですね。

自分もこれで、教わりました。

今は、世界中の教材がどんどん日本語に翻訳され、
日本オリジナルの教材もたくさん、でてます。

ときどき、ウィルスに感染したかのように、
新しい教材を買い込んでは、自分で試してみたりします。

それぞれの視点や考え方があり、
そういうのを知ることは、とても勉強になります。

でも、結局バイエルが使いやすいのです。

新しい教材は、本代自体も、たくさんかかります。
そういうことにケチるのも、どうかとは思いますが。
1冊が薄くて、曲数が少ない。
ということは、短い期間で終了して、どんどん新しい本を買うことになる。

結局、メインの教材はバイエルにしてます。
他の新しい教材は、初見、伴奏づけ、アナリーゼ、
特殊なテクニック練習、などなど、ちがった目的に使います。
行き詰まっているときの、気分転換にも、いいです。

レッスンの時に、私の持っている本で、その場かぎりで、
弾くレッスンになります。

そんな風に使っていって、「この本が好き」と言い出す生徒さんもいます。
そうしたら、購入です。

最近になって、三善晃先生の、Miyoshiメソッドも、買ってみました。
でも、まだ2冊だけ。
(だって1冊高いんだもん)
導入の導入だけで、全貌はわかっていません。
この本も、1冊の曲数が少ないんだよね〜。

はじめのうちは、ほぼ連弾。
生徒はドだけで、先生の弾く伴奏が、さまざまに変化するので、
ほんとうに初めての、ちっちゃい子の初見で、便利です。

こんな使い方なので、このメソッドの真価が発揮できているわけでは、
全くないです。
これから、続きも見ていこう、かな、とは
思ってますが。

何度も言うけど、1冊が高いんだよね〜。
なんであんなに、1ページの紙が厚いの?
めくりにくいし。

これからたくさん使われるようになれば、
安価版とか出るんだろうか。

でも三善先生の、赤毛のアンの音楽は、よかったなあ。
何の話じゃ。

♪お知らせ ♪♪
読売・日本テレビ文化センター 浦和センターの、
アフリカンダンスクラス。来年1月からスタートします。
火曜(隔週)夜7時15分~。
体験レッスン(有料)、受付中。
申し込みはセンターに、直接お願いします。
浦和センター

ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内と、アフリカンダンスの練習スケジュール。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&Af-rhythm
・・旧サイト(教室のもっと詳しいご案内、その他): Coconuts Music Island


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2009-11-20 13:04 | こどものレッスン | Trackback | Comments(3)  

やらなくていいこと、みつかった?

ヴィヴィアン・マッキー先生による、
アレクサンダーテクニークのワークショップ。
終了しました。

いやはや。

中身が濃すぎて。
まだまだ余韻さめやらずです。

まずワークショップ前の、自分の状態にびっくり。
なんだか、妙な状態。
落ち着かない。集中できない。
2日前ぐらいから、なんだか自分の中でピリピリとした感じが…

前の週に風邪をひいていたので、そのせいかなあと思っていたんだけど、
ワークショップの1日目の途中から、すっと消えた。
ということは。
体調のせいではなく、緊張していたんだね。
やっと気がついたのは、そのときだったのでした。

そして、その変な感覚は、学生のときの、
試験前(実技)に近いものだったのですよ。

考えてみたら、音楽を専門にしている人たちの前で、ピアノを弾く、
しかも、自分が勉強してきたものをソロでひくのは、
卒業以来だった。

合唱の伴奏とか、器楽の伴奏とか、ボランティアでの演奏とか、
そういうのとは違う、なんか独特の感じ。

学生時代にフラッシュバックしていた、というわけでした。

1回弾いてしまったら、あっさりなくなった。

そして、アレクサンダーテクニークのレッスンを受けたら、
やっぱり、がらりとピアノの音が変わり、
演奏する気持ちが変わり・・・
もう、さっきまでどんなだったかも、わからない。

2日目は、太鼓でレッスンすることになりました。
ピアノもネタぎれだったし。
歌もやってみたかったんだけど、まだ風邪をひきずってて、
ハナ声だから、無理だったし。

なので、太鼓。

ヴィヴィアン先生によると、ヨーロッパでは、
音楽学校の勉強の中に、アフリカンダンスも入っていたそうです。

ね〜。
やっぱ関係なくはないのよ。

天へと向かう美意識が特徴の、ヨーロッパと、
大地とのエネルギーのやりとりが大事な、アフリカ。

体験することによって、発見があるのだ。

で。
実際にわたくしはレッスンで、その「大地とのやりとり」を
指摘されてしまいました。

ランバのステップを踊ってみたら(ゆったりと歩くような動き)
「もっと、足跡をしっかり大地に付けるように、やってみたら?」
と言われました。

いつもダンスの先生から言われてることなんだよ。

やっぱりだよ。
とほほ。

太鼓では、座りがポイント。
これは自分的にショッキングなレッスンでした。
ここではお話しできませんが。

その成果については、
まだ、試してみたいことがあるので、いつかお話できるかも。

さてタイトルのやらなくていいこと、というのは、
アレクサンダーテクニークの、特徴でもある言葉です。

ピアノを弾くにあたって、太鼓を叩くにあたって、
やらなくてもいいことは、やめてみる。

でも、普通演奏するときは、どの行動が絶対必要なもので、
何がいらない動きなのか、わかってないし、
そんなこと考えながら、弾いてない。

なので、アレクサンダーテクニークを使って、そのような発想で、
演奏を見直してみる。

けっこうボロボロでてくるんですよ。
やらなくてもいいこと。

アカスリみたいで、おもしろいよ。

そしてクリンナップされた演奏は、
すっと人のところに届いてゆく。

自分の演奏がそうなっていたかは、わかりませんが、
他の方の演奏を聴いていたら、どんどん変わっていくのがわかって、
おもしろかった。

これからは、学生時代の試験というトラウマを乗り越えて、
演奏できそう。

というわけでした。

♪お知らせ ♪♪
読売・日本テレビ文化センター 浦和センターの、
アフリカンダンスクラス。来年1月からスタートします。
火曜(隔週)夜7時15分~。
体験レッスン(有料)、受付中。
申し込みはセンターに、直接お願いします。
浦和センター

ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内と、アフリカンダンスの練習スケジュール。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&Af-rhythm
・・旧サイト(教室のもっと詳しいご案内、その他): Coconuts Music Island


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2009-11-14 15:50 | 自分のレッスン | Trackback | Comments(0)  

そしてピアノはね

ここのところアフリカンダンスの話題ばかりになってましたが、
ピアノは、
・新しいレパートリーの暗譜
・暗譜が完了している曲の、流れ造り
を主に、やってました。

そして、あしたから、アレクサンダーテクニークのワークショップ。
音楽を専門に勉強した人向けのワークショップで、私はピアノを見ていただく予定です。

昔練習してあった曲で、参加しようと思っているんだけど、
なかなか曲をまとめきれません。

ピアノ自体のレッスンではなく、アレクサンダーテクニークなので、
今までの感覚で曲を「仕上げる」という方向に、気持ちが向きません。

う〜ん、でももう明日なのですよ・・・

どうなることやら・・・

楽しみだけど、緊張です。

ふわあ。

♪お知らせ ♪♪
読売・日本テレビ文化センター 浦和センターの、
アフリカンダンスクラス。来年1月からスタートします。
火曜(隔週)夜7時15分~。
体験レッスン(有料)、受付中。
申し込みはセンターに、直接お願いします。
浦和センター

ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内と、アフリカンダンスの練習スケジュール。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&Af-rhythm
・・旧サイト(教室のもっと詳しいご案内、その他): Coconuts Music Island


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2009-11-09 13:17 | 自分のレッスン | Trackback | Comments(0)