<   2009年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

アフリカの音楽のCDは

今日はダンスクラス用の、CDを編集しました。
ウォーミングアップ用です。

家中あさって、CDを掘り出して、
聴きながら動いて、ああでもない、こうでもない・・・

結局、1日中動いていたような。
涼しい1日だったのに、けっこう汗かいたような。

で、アフリカ系の動きに合う、音楽を選ぶわけですが、
今回は
 Deep Forest(JAZZ)と、
 Anjerique Kidjo(ベニンのヴォーカリスト)。

アフリカの音楽のCDといっても、いろいろです。
例えば
○民族音楽のライブラリ・・・図書館にあります。
  「○○(国の名前)の音楽」なんてタイトルのやつ。
  フィールドワークによるライブ録音か、スタジオ録音。
  現地の生活が垣間みれるような、いきいきしたものもあれば、
  急にヨーロッパ人が来て、スタジオに連れて行かれて、
  なんか緊張して演奏してるのも、ある。
○伝統音楽の演奏家の、オリジナルCD
  個人名もあるけど、
  「○○(民族楽器の名前)の名人」とか「達人」とか、
  楽器が強調されたタイトルとか、解説になってたりする。
  曲目は、伝統音楽、オリジナル両方。
  スタジオ録音。ライブ(現地録音)もある。
  欧米のレコード会社が、たまに出してくれる。
○アフリカ人ミュージシャン(ローカルポップス)の、
 オリジナル作品。
  以外と、アフリカっぽくなかったりする。
  かと思うと、思いっきりベタにアフリカだったり。いろいろ。
  スタジオ録音か、コンサートのライブ。
  これも、欧米のレコード会社から、たまに出る。
○アフリカ人ミュージシャンが参加している、
 欧米その他のポップ、ジャズ。
  ほとんど普通のポップスとかジャズです。
  聴きやすいけど。
  スタジオ録音か、コンサートのライブ。
○企画もの。
  これが一番、手に入りやすいのではないでしょうか。
  いろいろな国のミュージシャンが参加しているし、
  テーマに沿って選択されてるので、わかりやすいです。

○インディーズ制作されたもの。
  ご縁があれば、見つかる。

現地でしか売ってないものもあります。
セネガルだと、10年前まではテープだった。
今は、どうなのかなあ。

どうやって、選んだらいいのか??
いくつか聴いてみると、だんだんわかってくる、という感じです。
私も今日、いろいろ聴き直して、改めてわかったものもあった。

いきなり伝統音楽きくと、びっくりするかも。
でも、それが気持ち良くて、はまるんだよね。

私が叩いたり踊ったりするのは、「西アフリカ」
国でいうと、セネガル、マリ、ギニアあたりの、伝統音楽です。

セネガル人で有名なのは、
ユッスー・ンドゥール(ヴォーカリスト)ですね。
ダントツです。
日本でも、ステップワゴンのTVCMで、
「オブラディオブラダ」歌ってたし。
ポップスターです。

南アフリカのヴォーカルグループ、
「レディスミス・ブラックマンバーゾ」とか、
「マホテラクイーンズ」、
ポール・サイモンのおかげで、アメリカで有名になりました。

東アフリカの親指ピアノ(ムビラ、イリンバなど)のCDも、
豊富に出てます。
日本人演奏家も、多いです。

西アフリカには、「ンゴニ」や「コラ」という弦楽器があって、
これから、もっと、聴く機会が増えるのではないでしょうか。
ジャズと一緒にやる人も、増えてきたらしい。

太鼓は、ダンスとともにあった方が、魅力が伝わる。
だから、CD少ないんだよね。

そして、初心者におすすめの1枚。
ババトゥンデ・オラトゥンジ「The Drums Of Passion」
アメリカに、アフリカの太鼓を紹介した人だそうです。
[PR]

by e-t-pf | 2009-08-31 20:25 | ジェベバラ。アフリカの智慧 | Trackback | Comments(0)  

街でお花屋さんが

ある日のテレビで

アメリカのハーレムで
屋台で花屋をやってるお兄さんが
なんか太鼓を叩いていた

ジンベじゃなかったけど

背の高い、やせたお兄ちゃんが
ニコニコしながら
コンガとか、なにか
たんたんと、叩いてた

そのリズムは
もしかして

ドゥンドゥバ

ンッカンカカ ンッカンカカ ンッカンカカ ンッカンカカ

みたいに聴こえたけど
[PR]

by e-t-pf | 2009-08-27 15:26 | ジェベバラ。アフリカの智慧 | Trackback | Comments(0)  

ステージ練習会+A

昨日は、松伏町田園ホールエローラでの、ステージ練習会でした。

ものすごい蒸し暑さの中、参加してくださったのは、
子供3名、大人5名。
この少人数で、ステージの響きとベーゼンドルファーを、堪能しました。

今年は、アレクサンダーテクニーク先生、KATSUMIさんのご協力もいただいて、
希望者はアレクサンダーテクニークも、体験しました。

いきなりステージ上で、アレクサンダーテクニーク。
考えてみたら、すごい状態。
だからかな、実際に演奏したときは、
みなさん、ステージでの演奏という理由での緊張は、なかったみたい。

いきなりステージで、パニックな状態で音を出すより、
良かったのでは、と思います。

はじめてアレクサンダーテクニークを体験すると、
「?」しか残らない感じなんですよね。
何か、いつもと違う感じはする。
でも、何がどう変わったんだか、わからない。
「?」・・・・

でも私は、近くで見たり聴いたりしていて、
生徒さんの音が明らかに変わったのは、わかって、
とても面白かったです。

あとで、打ち上げのときに
「せっかく何か変化が起きたと思っても、元に戻ってしまう」と言ったら、
元に戻ることはないのだ、と教えて頂きました。
まったく、元のクセに帰ってしまう、ということはないのだそうです。

積み重ねてきた自分のクセは、すぐには大きく変化したりはしない。
でも、「うすまっていく」ような感じ。

なるほど。

私は、アレクサンダーテクニークのレッスンを受けながら、
「良い方に変化している」ことを期待してしまうから、
どうも、自分が思うような成果が出ていない感じがすると、
「元にもどっちゃう」って言ってみたり、
何かしら自分の考えで、理屈をつけたくなっちゃうんですね。

自分の変化って、ほんとうにわからない。
そこに気づけるようになる。
というのも、このテクニークを学ぶ、ポイントの一つかもしれません。

ピアノのテクニックも、どう変わっていってるのか、なかなかわからない。
上達してるんだけど、そうは思えないかったりね。
[PR]

by e-t-pf | 2009-08-14 15:39 | 大人のレッスン | Trackback | Comments(4)  

松岡修造さんて・・・

ウィンブルドン、ベスト8・・・なのは事実だけど・・・
今や、コメディアンと思われても仕方がない、ぶっとびぶり。
おもしろすぎ。

でも、松岡さんのテニスの指導って、的確なんだろうなあ、と思う。
私はテニスやったことないけど。
テレビでカトゥーンに教えてるところ見てて、思ってしまった。

バラエティ向きに、わざとおかしくしてるところもあるけど、
実際、本当にラリーできるようにしちゃってるもんね。

教わってみたい〜。

なにより、おもしろそうだよね〜。

見習いたい、と思ってしまった。
とくに、子供のレッスン。

あんなふうに、なんだか遊んでるみたいなんだけど、
できるようになってくのって、一番いいだろうなあ。

いつもいつも、それだけではすまないだろうけど。

「ネガティブ厳禁」わかるわかる。

私もやろうかな。

呼び子笛で、ネガティブ発言が出たら「ピッ!!」

そういえば、先日のアレクサンダーテクニークで、キャシー・マデン先生も
「むずかしい」という言葉(日本語)が聴こえたら「Lala〜!」という、
という決まりを作ってたっけ。

「Lala」ということばで、頭と脊椎の関係を、思い出す。

自分でピアノを弾いていて、アレクサンダーテクニークの「恩恵」だなあ、
と実感すること、というのは、はっきり言葉にできるようなものは、
まだないです。

でも、少しずつ「体の構造」についての知識が増えていって、
実際にアクティビティ(実用レッスン)で動きが変わった経験を重ねることで、
何かしらの変化は、起こっているのは間違いない。

以前よりも、練習時間は減っているし、初見で弾く機会も減っているんだけど、
なんだか前よりも、初見に強くなっているような。

ただ、弾く時間数が減ったことで、指の力はやはり弱くなっているかも。
効率よく弾けるようになっていくと、筋力も使わなくなるから、
それもあるのかも。

やっぱり「鍛える」こともやらないとね。
「やらないと」という言い方よりも、
「鍛えることも、やるといい」って言った方が、いいのか。


ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内と、アフリカンダンスの練習スケジュール。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&Af-rhythm
・・旧サイト(教室のもっと詳しいご案内、その他): Coconuts Music Island


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2009-08-07 13:45 | アレクサンダーテクニーク | Trackback | Comments(2)  

ほねくん

本屋さんで見つけてしまった。
子供用の、バズルなんだって。
a0096091_14123869.jpg

















組み立ててみました。

a0096091_14132552.jpg


















う〜ん、生徒に見せたら、ひくかな。やっぱり。
[PR]

by e-t-pf | 2009-08-05 14:14 | ボディシンキング | Trackback | Comments(8)  

スローフラメンコのはなし

さて昨日は、初めて「フラメンコ」体験してきました!
アレクサンダーテクニークの石井ゆりこ先生から、お知らせをいただいて、
タイトルの「スローフラメンコ」というのが「??」だったのですが、
説明文では、簡単に言うと、ステージパフォーマンスとしてのフラメンコではなく、
普段の生活の中での、フラメンコ、ということらしい。

それは興味ありですよ!どんななのかなあ?
なので、会場はちょっと遠かったのですが、やってみようと思ったのでした。

先生は飯塚真紀さん。
ここ10年ほど、スペイン在住だそうで、今は年1回の里帰り中。
とっても素敵なかたでした。

「オラ!」という挨拶(かけ声)のお話から始まり、
その言葉の意味から、スペインの人々の持っている「自分」の意識について、
お話が広がりました。

面白かったのは、「足の裏から棒が出ていて、地面に刺さっている感じ」
というたとえ。
わかりやすーい。

日本人は、その場にぐっさりと立たないな。確かに。
すぐ移動できるように、しておきたいんだな。

そして、CDを参考にしながら、リズムを手拍子で。
とっても簡単に説明して頂いたので、
参加した皆さんもすんなりと入って行きました。

手拍子から、足踏みへ、足踏みプラス手拍子プラスかけ声へ。
二つのかけ声をやって、2グループに分かれて、
そこへ先生のいろいろなタイミングの手拍子やかけ声が入ると、
もうなんだか立派な音楽!

そして、助っ人のギタリスト、江戸裕さんが、
ギターを入れると。
おお、スペインだ!

だんだんと、「スペインの音楽」の感じに、慣れてきた。

でも、手拍子の打ち方が、独特な感じでした。
なんだろう。「強い」感じ?
でもアフリカの「強さ」とは、違うんだけど。

そしていよいよダンス!
まず、フラメンコに特徴的な手の動かし方を練習。
手首を、ぐぐ〜っとまわす。
なんかすごく、力が入ってしまうんですけど。
いいのかなあ。

実際はそんなに、りきむわけではないんでしょうね。
でも、動きから現れてくるのは、「緊張感」
「ひねる」ことで、体から緊張感を醸し出す。

手拍子で感じた「強さ」も、「緊張感」なのかもしれません。

そして、手拍子リズムをやりながら、一人ずつ!踊る!
いきなり、ソロですか〜〜!!
出来る出来ない、を考える暇もなく。
自分が全員とリズムを作り、自分の番が来たら、踊る。
とにかく何か動いて、フレーズの終わりとともに、去る。
去り際がかっこいい。フラメンコ。
そこが難しくもあったけど。

参加した皆さん、ダンスの経験はゼロの方もいれば、
フラをやっている人とか、(私はアフリカだし)
いろいろでしたが、みなさん自分らしく、笑って踊っているからすごい。

繰り返しやっているうちに、
なんだか親戚が集まって、踊ってるような気分になってきた。
不思議。
私はゆりこ先生以外、初対面だったのにね。

今回は、リズムも単純なパートを手拍子でやりましたが、
いわゆる「ウラ打ち」も、ちょっと体験しました。

そりゃ、できなきゃまずいでしょう。とがんばっちゃった。
ふふふ。

聴かせて頂いたCDでも、
歌と手拍子から始まって、伴奏楽器が入って、踊る。

セネガルの、村で見たのと、全く同じ。
やっぱり人間のやることだからね。
やりたくなったから、やりはじめた音楽とダンス。
やはり素朴に音楽やると、手拍子と歌からになるのは、当然。

あまりにもアフリカと繋がるので、嬉しかった。
[PR]

by e-t-pf | 2009-08-01 15:15 | 好きな音楽 | Trackback | Comments(4)