カテゴリ:ボディシンキング( 8 )

 

音浴ストレッチをやってみて

新しい試みがはじまりました。
ピュアな音が空間を満たす中でする、ストレッチクラス。

参加してくださった方は、アレクサンダーのプロコースの方と、
一般参加者の方。
健太郎さんが出してくれる、いろいろな音の響きの中で
ゆったりと自分の体に向き合う時間になりました。
(そう、録音ではなく、生演奏だったんですよ。ぜいたく!)

終わった時、自分もとてもリフレッシュされて、すっきりした気分でした。
初めてのことをするときって、もっと緊張や心配があるものですが
するするとすべるようにクラスはすすんでいきました。
おもしろかった〜。

実はこれを思いついたのは「ダンス以前」という言葉からでした。

私はダンスを習っていても、思うように踊れなくて、
もっとなんとかならないかなあ、と思っていました。
そんなときアレクサンダーテクニークと出会い
自分で自分のしていることを見直し、修正できる、という体験をし、
自分でなんとかできるんだ!しかも応用は自分でしたいだけ、何にでもできるのか!
で、そのノウハウを習得すべく、ただいまプロコースで学び中、というわけです。

今回のストレッチの発想には、そこで学んだことが応用されています。
自分の動きをなんとかするには、
自分が何をしているかを、まず知った方がいい。

なので、今回は動き出す、その瞬間の自分の状態を観察する、
ということに時間をかけることにしました。

例えば仰向けに寝た状態から、腕や足を動かそうとする、
そのときに、体の中で、どんなことがおこっているか
どこが働こうとしているか。
だから、実際にやる動き自体は、実はなんでもいいんです。
動きを小さくできればできるほど、脳に届く情報も、少しずつになってきます。
すると、気づきやすくなってきます。

こうして観察しながら、動く、という体験を繰り返すうちに
体からの情報がだんだん、意識しやすくなっていきます。
気がつくことがふえていきます。
そしてだんだんと、大きな動きへと、応用できるようになっていきます

これだけだったら、いつでも自分でできます。
ぜひ、やってみて欲しいです。

クラスでは、さらに、観察を洗練させていくことができます。
自分で自分にしている判断や評価を、超えることができます。
観察自体の中に、気づかないうちに入り込んでいる、
自分への評価を、外すことができるように、私や、音の波動が、サポートします。

参加者の方から、
「ストレッチ」について、スポーツ業界の中で今、議論が起こっている、
というお話を聞きました
ストレッチをすることがほんとうに、スポーツに役立っているのか?
どんな議論があるんでしょうね。

少なくとも・・・情報収集には使えますよね。
どんなふうに動くのかな〜、どれくらい伸びるのかな〜、と思いつつ動く。
こういう動きって、やってみるとどうなのかな?
これなら、痛かったらやめられる。安全にできますね。

次回の開催が決まったら、またお知らせします♪
[PR]

by e-t-pf | 2014-06-06 11:40 | ボディシンキング | Trackback | Comments(0)  

目的を考えてみた

今度、やろうとしている「音浴ストレッチ」について
いろいろと考えています
具体的にやること、どんなふうにやるのか
これは、自分でストレッチをしながら、いろいろ試しております

そして「目的」について。
1つ思いついたのは「観察」
自分の状態を観察する、
そのことを改めて、体験し直すための時間にしたい、ということです

判断、評価を加えずに、ただ「見てみる」
・・自分の体のことですから、目で見るのではないですが
実際は、皮膚や筋肉から来る、感覚情報ですね。

自分が感じていること、
普段はそれに「こうだなあ」と考える間もなく、
いつもの判断、評価が素早く起こって、対応しながら
日常を過ごしているわけです

「こうだなあ」という考えが起こったときは、実は
そうとう時間が経ってます。ずれちゃってるんですね。

それに、だいたい「悪い評価」をしてることが多いでしょ。
「固いなあ、動かないなあ」
自分を守るために、危険を知らせてくるのが、
感覚の大切な役割なんだから、仕方がないけど。
ほんとに固いのか?固いことは悪いのか?

この時間では、判断しなくていい、評価しなくていい。
「ああ、こういう感じがあるんだなあ」と
ただおもしろがってもらいたい。

「なんとかしなくちゃいけない」という考えは必要ない。

一応「こうしてみましょう」という言葉はかけますが
する、しないは自分で選んで良い。
ただ寝転がるだけでもいい。

ただ・・・眠っちゃったらもったいないかな。
でも眠くなるかなあ。
まあ、お楽しみに。

それから
「音浴」のための、音を出してくれるのは
なんと、福井健太郎さんです!ぱちぱちぱち〜
AT教師によるサポートですよ。
しかも、エネルギーの状態にとても繊な人。
安心できる音の場を、創ってくれます。
贅沢だね〜。

いよいよ来週火曜日で〜す
[PR]

by e-t-pf | 2014-05-29 10:33 | ボディシンキング | Trackback | Comments(0)  

新しいことがはじまるよ!

今年は、変化が起こってます。
新しいことが、はじまってます。

来月、6月3日に、都内でちょっとおもしろいことをやります。
ストレッチのクラスですが、
その名も「音浴ストレッチ」
音叉、クリスタルボウルなど、純粋な振動を出すものたちで、
音を出し、その空間の中で、ゆる〜いストレッチをします。

ストレッチの目的って、なんでしょう?
固いから、やわらかくする。
動かしてないから、動かす。
やせたいから。
肩こり、腰痛だから。

何か理由があるかも。
大体、「よくないこと」ですよね。
問題があって、それをなんとかしたいから、やってみる。
きっかけはそれでいいです。なんでもいいんです。
「ただ何となく」でもいいんです。

とにかく、「体を動かしてみよう、少していねいに」
そのときに「具合が悪いかどうか」判断せずに
ただ、自分の体の様子を見る
いま、自分の体はどんなかな?

自分の体に向き合う時間を、創ってみましょう。
その時間をより上質にしてくれるのが「音」
なんと、録音ではなく、実際にその場で、音をならしてもらえます。
贅沢!!
整った振動の力って、すごいですよ!
ぜひ体験してください。

6月3日(火)13時〜15時
price:4000円
インストラクター:榎本多律子
音を出してくれる人:福井健太郎、荒川克美

参加ご希望の方は、メールでお知らせください。
e-t-pfここにあっとまーくいれてくださいexcite.co.jp

場所は世田谷区です。詳しくはお申し込み後、お知らせします♪
[PR]

by e-t-pf | 2014-05-20 22:33 | ボディシンキング | Trackback | Comments(0)  

空気が出入りする

作ってみた。
肺の模型です。

肺と、横隔膜。

a0096091_2254134.jpg

はい、吸って〜
a0096091_22532566.jpg

吐いて〜。
a0096091_2254592.jpg


底のゴムを引っ張ったり押したりすると、中の風船が膨らんだりしぼんだりする。

自由研究にいかがでしょう♪
[PR]

by e-t-pf | 2013-08-26 22:57 | ボディシンキング | Trackback | Comments(0)  

カテゴリ変えてみた

「身体機能」としてたカテゴリを
ボディシンキングに変えてみました。
宣伝も兼ね♪

さて
私はピアノを弾きますので(専門だろう!)
手のマッピング、腕のマッピングが大事
なのですが

今日わかったのは
足の指って、案外長い!
ということでした。

ストレッチでよくあるやつ
足の指と手の指を組んで、ぐううううって力を入れてからゆるめて
足首回しながら、なんとなく足の指の骨ってどれかな〜と
空いてる手で触ってたら
えっ足の指って・・・長いんだ〜〜〜ほんとは!
びっくり。
皮膚にだまされたらいかんよ〜〜
ほんとだよ〜〜

☆☆☆お知らせ!☆☆☆

ダンスの師匠、柳田知子先生が、本を出しました!
踊るほど元気になる!アフリカンリズム  アフリカンダンス入門
おすすめですよ~~♪


ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2012-11-19 23:07 | ボディシンキング | Trackback | Comments(0)  

ほねくん

本屋さんで見つけてしまった。
子供用の、バズルなんだって。
a0096091_14123869.jpg

















組み立ててみました。

a0096091_14132552.jpg


















う〜ん、生徒に見せたら、ひくかな。やっぱり。
[PR]

by e-t-pf | 2009-08-05 14:14 | ボディシンキング | Trackback | Comments(8)  

動きと気持ち

昨日ダンスクラスで、なかなかできなかった動きについて
先生が時間をかけて教えてくれて、練習したんだけど、
やっぱりその時はできるようにならなかった。

でも「今までとは何かを変えてみよう」と思って練習して、
先生もそれはわかってくれていたみたいで、
全くできてなかったし、ほとんど変わってなかったんだけど、
「その調子で練習して下さい」と言ってくれた。

私が自分から「変えよう」と思っていたから、
自分で試行錯誤して、見つけるだろう、と思ってくれたようです。

しかし、なかなかそう思えない時もある。
言われてることに納得がいかない、と心のどこかで思っていると、
「なおさなきゃ」と思っていても、身体はそうしようとしなくなる。

「私は自分の考えをしっかり持っていたい」と思うのは、
いいことなんだけど、人から学ぶ時はそれが「かべ」になってしまう。

素直に受け取ろうと思っている「つもり」でも、
深いところで「自分なりの考え方、やり方」に合わせようとしたり、
そのまま素直に受け取れているかどうかは、怪しいことが多い。

心がオープンになっているけど、他の問題でできない場合は、
たいてい、解決も単純な方法でいいんだよね。
「力をつける」とか「慣れるまでくり返す」とか。

でも、心が閉じていて、実は受け入れてはいないけど、
頭で理解して、身体はそれを実行できたりすると、
表面上は「できた」ように見えるので、問題は非常に根深い。

形だけを伝えるのなら、そんなことで悩まなくていいんだけどね。
心をオープンにしなくても、学習できるし。
人間相手でなくても、DVDとかで学べばいいし。

だけど、人間どうしでダンスや音楽を伝えあうのは、
なんのためなのか??

そこんところを、考えたい、ということなんですよ。
これは、答えがでるようなものではないようで、
実は、いつでもそこら中で、実現しては崩壊しているんだろうと思います。
私がピアノ教えていても、日々そうです。
[PR]

by e-t-pf | 2008-03-14 12:08 | ボディシンキング | Trackback | Comments(0)  

脱力

脱力。
これは、実際に「どうなること」だと思いますか?
実際に起こっていることは・・・。
どんなことでしょう?

ピアノの演奏では、手、腕、肩について
「脱力する」という言葉が出てくることが多いです。
「脱力」という言葉で伝えたいことは、
おそらく「無駄な力を抜いて欲しい」ということでしょう。

ではどこが無駄で、
どこに力を入れる必要があるのか。

それは
どんな演奏がしたくて、力の入れ加減を変えようとしているのか。
演奏する人は、どんな状態なのか。
によりますね。
ここではあれこれ言えません。

が、レッスンで「脱力」という言葉が聴こえてきたときのために
準備できることとしては・・・
自分の身体を観察して見ることでしょうか。

力を入れる、とか抜く、とか、やってみて
うまくいったり、いかなかったりを体験して
自分の身体について、調べておくと、
例えばレッスンで力を入れる、抜くと要求された時に、
役にたつでしょう。
[PR]

by e-t-pf | 2007-10-23 00:11 | ボディシンキング | Trackback | Comments(0)