カテゴリ:歌う( 20 )

 

声が倒れる

歌のレッスン、不定期な状態ですが続いてます。
今月は先週、今週と続きました。
やっぱり続けてレッスンすると,違いますね〜。

発声練習も、テンポよくできるようになってきた。
息から響き,発音、なにをやればいいのか、わかってきた。
(できるようになったわけではありません)

しかし、「響き」をていねいにやると、ほんとに自分には聴こえてこない。
不思議。
でも、空気はちゃんと響かせているので、周りにいる人に声は届いているんだって。

さて、ベッリーニを歌ってみましたが、
i、eの母音で「声が倒れてる」と指摘されました。
え?
倒れる?声が?

はじめて言われたことですが,すぐにピンと来ました。
a、o、uと、i、eでは、力の入り具合がちがうのは、分かってたのです,自分でも。
i、eはなんとなく、がんばってる。

どうやら、その「がんばってる」のが、
倒れそうなのを支えているかのようなりきみになって、声に出ているらしい。
そして、実際に身体も、i、eの時は前に重心をもって行こうとしてたかも。
たぶん、頭が前に行こうとしてた。

そうか、別に倒れそうな状態じゃないんだから,このまま歌えばいいんだ。
真上に向かう方向だけでいいんだ。
なんだか目から鱗な感じでした。

それで歌うと,あっけないくらい、音程も発音も響きも楽に歌えた。
でも、自分の感覚としては姿勢が「後ろに寄りかかってる」ように感じてました。
そっくりかえっているような。上を向きすぎているような。
やっぱり、下に向かうように力をいれてたんでしょうね。

それに、やっぱり「歌ってる気がしない」。
まあ歌に関しては、今までの「歌ってる」はあまり快適なものではなかったので、
拍子抜け感に多少とまどいはあっても、
今までみたいに歌わなくても大丈夫なんだ,とすぐにも歓迎!でしたが。

先生はバレエの軸にも例えてお話ししてくれましたが,
ちょうどアフリカンダンスでも、
スピードが速くなると、軸がどんどん収斂されて行く感じ?
なんて考えてたので、リンクするようでおもしろかったです。

無駄な力が抜けるのって,ほんとに気持ちのいい体験。
[PR]

by e-t-pf | 2015-02-25 23:36 | 歌う | Trackback | Comments(0)  

クリスマス会でした♪

今日は声楽の先生と一緒に、クリスマス会でした。
近所の喫茶店にアップライトピアノがあるので、
それを使わせていただき、みんなで弾いたり歌ったり。

今年は、小学生から、お孫さんのいる方まで、
幅広い年齢の方が参加して、にぎやかでした。
子どもの歌声って、いいですね〜。
心が洗われるって、これなのね〜って感じ。

さて自分も歌いました。
どうだったかというと
いや〜とにかく、楽しかった。

実は、今回アレクサンダーテクニークの先生と一緒に、
「歌詞を読む」というレッスンをやっていたのです。
朗読、ですね。
私の歌ったのは、男性が恋人を思って歌うラブソングだったのですが
(イタリアの歌ですからね〜、アモーレな感じで)
その歌詞を、人物、時間、場所、などなどを考えて
ちょっと寸劇みたいにしたりして、何度か読みました。

歌っていると、だんだんその時のことが思い出されてきて、
おもしろくなってきちゃって、最後は完全に役で歌ってました。
歌い終わるのが残念なくらい。
「まだ言い足りない!」感じでした。

技術的には、もちろんいろいろあったと思います。
レッスンでやった、練習したことは・・・
正直飛んでました。

でも、とにかくおもしろかったのです。
歌でこんなに気持ちが高揚したのって、初めてだと思う。
初めてアフリカンダンス踊った時に、近いかも。

他の参加者のみなさんも、それぞれ「楽しんでいた」のが
伝わってくる、すごく良い時間でした。

そしておいしいケーキとコーヒー。
ほっこり楽しい時間でした♪

夕焼けがきれい。
昨日が冬至、今日はすこ〜し昼が長くなったんですね。

a0096091_22561995.jpg

[PR]

by e-t-pf | 2014-12-23 22:56 | 歌う | Trackback | Comments(0)  

歌えるかも、と初めて思えた。

歌のレッスンに行ってきました。
来週のクリスマス会で歌う曲を練習しました。

私の声は「ソプラノ」だそうです。
正直、自分では自分の声質、とか音域、とかわからないんだけど・・
まあ、太い声、とか強い声、とかではないのは確か。

声は、
空気が肺から喉を通って外に出て行くときに、
声帯が震えて、空気を振動させて音になって、
それがいろいろなところに響いていきながら、
外に届いていく、
ということで、いいのかな?
今のところの理解です。

声帯はわかるんだけどさ。
いろいろなところに響いていくところで、技術がいるらしいんだな。
それがなかなかだ。

でも、今日少し、「あ、ここに響いてる」ってわかったところがあった。
「深く歌おう」として、喉の奥にこもらせていたのを、指摘されたとき。

それって、よくある「声楽っぽい」(と私は思った)声なんだけど、
私にはあまりあってない、というか、
長い目で見たときに、のどに負担になるかもしれませんよ、
と言われた。

そうなんだ〜。
若い人だと大丈夫だけど、私はやっぱり、
からだに優しい歌い方を覚えた方がいいんだって。

だよね〜。

で、いろいろ練習していくうちに、
「そうか、これか」みたいに思えたところがあって
(できたりできなかったりうろうろするんだけど)
できるときがだんだん増えてきた。

すると、今まではどうしても、歌う前に緊張して固まっていたのが、
はじめて、「歌えるかも。歌ってみたい!」って思って、積極的に声を出せた。

受験のために歌の練習をした時以来の
「歌苦手、声出ない、どうしよう」が、ようやく外れた感じがした。

最近は、歌うのきらいじゃない、どちらかというと好き、と思ってたけど、
でもいざ、レッスンとなるとやっぱり
「どうしよう、大丈夫かな」ってなる。
でもそれが、「歌のレッスンでは普通」になっていた。
変わるもんだね。

歌う、というより「声を響かせる」ことがおもしろかった今日のレッスンでした。


本番までに歌詞を覚えようね・・・
[PR]

by e-t-pf | 2014-12-17 23:36 | 歌う | Trackback | Comments(0)  

あら、一年たったんだ

もう12月も半ばですね。
もうすぐクリスマス。町はきらきらですね。
LEDのおかげで、またキラキラが増えてますね。
キラキラ好きだからいいけど。低燃費でお願いします。

さてクリスマスと言えば。
去年は「声楽デビュー」をしたんでした。
10月からレッスン開始して、すぐにクリスマス会で歌ったんでした。
キャロルを2曲。英語でした。

今年もクリスマス会があります。
また歌います。
今年はイタリア歌曲です。
レッスン中の曲。

クリスマスだから〜♪キャロル♪
とはなりませんでした。
だって、英語で歌うの大変なんだもん。
キャロルってシンプルだから、かえって難しいんだもん。

そう、歌の難しさが、以前より分かった感じ。

そういう言い方すると、なんか行き詰まってるみたいに聴こえますが、
そうではありません。
歌うこと自体は、どんどん楽になってます。
(英語が大変なの。英語で歌うのが)

「ソルフェージュのテスト!」というフラッシュバックもないし。
以前よりも、声は出しやすく、響きやすくなってるし。
イタリア語も、少し言えるようになってきたし。

なので楽しく歌ってます!
でもちょっと前に、以前よく歌って遊んでた、好きな歌を
ピアノ弾きながら歌ってみようとしたら、
「弾き歌い」ができなくなっててびっくりしました


今日やってみたら、できました。
以前の歌い方に戻ることもありませんでした。
また、新しい「弾き歌い」になってました。

今年のクリスマス会では、歌で参加する人が増えるみたいです。
ちびっこも参加するし。
楽しみ♪歌う人が増えたら、合唱もできるよね!
[PR]

by e-t-pf | 2014-12-12 23:26 | 歌う | Trackback | Comments(0)  

やっと再開。

7月の発表会後、暑い8月をスルーし
ようやく、先週歌のレッスンを再開しました〜。

いただいてあった課題のベッリーニを練習、
言葉が入りません・・・
でも、歌いやすい。
メロディがわかりやすい。

イタリア語が歌いやすい、ということを初めて実感。
(日本語英語ドイツ語に比べればだよ)

発声、しばらくやってなかったわりには、良かった気がする。
顔が動きやすいんだよね。
あごって言うのか。
でも顔全体。

ようやく、受験以来の『ニガテイシキ』が薄れてきた??

ハミング、というか
とにかく空気を動かして(つまり息を吐いて)
声帯を動かして
響いてるのを確認したりして
そんな練習だけしてたのが
(練習っていうか、やってみて遊んでた)
以外とよかったようで。

「歌わねば」がなくなったのが、いいんだきっと。
まだまだ顔出すけどね。

でも
見事に、前に歌ったことのある歌が、歌えなくなってた。
まったく声にならなかった。
あれ?って感じで。
前の歌い方が、どんだけ息漏れしまくりだったか。
はっきりわかった。びっくり。

まあ、古い習慣に戻ってない、ということでよしとしよう。

それから
弾き歌いができなくなってた。
歌うと、見事にピアノが弾けなくなる。

これも同様、古い習慣から離れた、ということで。

なので
やっぱり伴奏してくれる人が必要なんだなあ。

前は、自分で弾いちゃった方が早い、とか思ってたけど。
無理だ今は。
[PR]

by e-t-pf | 2014-09-26 23:23 | 歌う | Trackback | Comments(0)  

やっぱり日本語で歌うことにした

今年2回目のレッスンでした。
今年に入ってアフリカンダンス、ジンベの本番がつづき、
実は歌の練習は全くできてませんでした・・

でも、身体を動かすエクササイズの時に
ついでに顔を動かすのはやってた

でも・・・
今日母音の練習をしたら
口の周りの筋肉が疲れてしまった・・・
先生にそう言ったら、驚かれた
「そんなに疲れるの??」
ええ疲れるんですけど。

いかに、口を動かしてないか!はっきりしゃべってないか。
よくよくわかりました〜〜
というわけで
イタリア歌曲を歌詞で歌うのはまだ難しいと言うことがわかり
「荒城の月」でゆっくりと、母音をていねいに歌う練習をすることに

母音をていねいに響かせるのって
できるとすごく気持ちいい!!

しっかりと母音の練習をした後に、
少しだけ「はるこうろうの」と歌ったら
自分では聞いたことのない自分の声が出てた。

こんな声になるんだ〜〜
びっくり。

こういう基本練習をこつこつ、それが楽しい。



ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2014-02-05 22:49 | 歌う | Trackback | Comments(0)  

今年最初の歌のレッスン

昨年クリスマス会で、声楽デビューを果たし
今日、今年最初のレッスンでした♪

こんどは、イタリア歌曲です。
学生時代に、さんざん伴奏したな〜。
だからいろいろ曲は知ってる。
メロディはよく覚えてる。
歌詞はでたらめに覚えてる。

これが、けっこう邪魔になる。
でたらめに歌えるんですよ。
こまった。

というわけで、今日は響きをていねいに続けることと
歌詞ではなく一つの発音で歌ったり
母音のみで歌ったり。

歌詞は、もう少していねいに確認してから歌いたい。

しかし、まだレッスンはじめて3ヶ月経ってないのに
もう、「クセ」がつき始めてる。
昔の歌い方と、ちょっとできるようになった歌い方をミックスして、
今の自分が「歌えてる感じがする」「声が出てる感じがする」
と思う声の出し方を、ねつ造してるんです。

私って器用だったんだわ。ちがうか。



ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2014-01-17 22:31 | 歌う | Trackback | Comments(0)  

少し、わかってきた

今日の歌のレッスン。

今週日曜日に、クリスマス会です。
そこでキャロルを2曲、歌います。
今日は歌詞で歌いました。

この2週間のあいだに、ATのレッスンで、歌うところをみてもらいました。
3回。それぞれ違う先生に。

息を吐く時にしていた無駄な動き、
呼吸のためのマッピングの修正、
口を開ける時の、アゴと頭蓋骨の関係。
などなど、いろいろ発見がありました。

それと、同じクラスのトレーニー仲間のえりこさんが
口の中から、脊椎、頭蓋骨をマッピングする、
という裏技を教えてくれたので、それも試してみました。

成果は上々で、褒められましたよ〜♪
高い音が響きやすくなってきた。

そうそう、今気がついたけど
新しいことを学んでいるんだけど
「これでいいかどうかわからない」とか
「どうやればいいのかわからない」とか
そう思いながら歌ったり、ということがないです。
わからないときは、歌わない。

「練習しなきゃ」という焦りもない。
これをやってみようかな、これをするといいかも、
と思えたことは、やってみるけど。

気楽ですね。前回も書いたけど。
でも、その方がすいすいすすむ感じです。
「心配」って、ほんとに音楽の邪魔をするんだなあ。

バレエもそうだけど、今回ベルカントに挑戦したのも、
ひょんなことからで、完全に好奇心だけでやることにした。
「ピアノの演奏にプラスにしよう」とか、
そういう考えもないのが、かえっていいんですね。

やってみた結果、もちろんピアノにプラスになることはいろいろあります。
勝手に、応用が起こる感じ。

今日は、もう「歌おう」と思っても、変に緊張したり、
構えてしまって固まったり、しませんでした。
響く感覚も、すぐにつかめました。
でも、まだ維持ができない。
発音によって、ピッチによって、
すぐに響きが消えたり、落ちたりする。

来年からは、イタリア歌曲を練習しようと思います♪



ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2013-12-17 23:31 | 歌う | Trackback | Comments(0)  

響きを動かす

歌のレッスン三回目。

小さく声をだして、それを響かせる練習が中心。
響きがある声と、ない声の違いが、だんだんわかってきた。

ピッチを変える、というのが、思っていたより楽にできた。
今までは、呼吸の勢いだのみでピッチを変えようとしていたようで
息の無駄遣いと、不安定なピッチ、それに
すぐに喉が疲れてしまう、という状態でした。

今回、響きを動かせばピッチが変わる?という体験ができた。
実際には、何をどうしたらピッチが変わったのか、
自分ではまだわからないけど。
とにかく喉がラク、声帯が疲れない。

でも次の日になったら、元の歌い方にあっさり戻った。
なかなかですね。
でも「戻っちゃった」のがわかったから、いいか。

顔の筋肉も、すっごい使う。
歌う人が、お顔がつやつやしている理由が分かった。

先生がクリスマス会を企画してくださったので
私も歌わせてもらうことに♪
しかし
歌詞で歌える気が、まだしません・・・
大丈夫だろうか。


ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2013-11-19 22:30 | 歌う | Trackback | Comments(0)  

ベルカントに挑戦

11月、新しいことをはじめました。
歌のレッスン。

夏にあったピアノの発表会で、伴奏を担当した声楽の先生。
その先生に、ひょんなことから、歌のレッスンをしていただくことになりました。
私は、ボディシンキングを教えることで、お返しをします。

今日は2度目のレッスンでした。
先週の1回目は、やはり昔の習慣が出てきて、緊張しまくり。

私は、受験のために仕方なく歌ったときの記憶が強烈で、
歌おうと思うと、どうしても固くなる。
そして「自分の声がいや、歌うの苦手、でも歌ってみたい」
というごちゃごちゃな考えで歌おうとするので
うまくいかないのです。

先週は、その古い習慣を抑制できないまま。
それでもなんとか、声を出しました。

今日は、少し声を出すことに慣れて、
先生の言うことを、少しずつですがやってみることができました。
すると、おもしろいように声が変わっていく。
「聴いたことがない、初めて聞く自分の声」が聴こえてくる。

でも「ほんとにこれで、声出てるのかな」と、
疑う気持ちがちょっとでもでてくると、
すぐに喉が力んで、声が変わってしまいます。

やっぱり、信じてやるべきことをやることですね。
響きとピッチをイメージして、
母音と子音の準備をして、息をだす。
まだそれを準備するのに、時間がかかってしまいますが
やろうとしていることは間違っていないようです。

「自分を楽器にして、声で音楽をする」って
想像以上にすごいことでした。

まだ、今日の段階では、メロディを歌うのは難しい。
子音も、MとNしかできませんでした。
でも、それだけでもおもしろい。
自分が振動する、ということが体験できた。

これはおもしろいです。
というわけで、新カテゴリになりました。


ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2013-11-08 23:12 | 歌う | Trackback | Comments(0)