カテゴリ:音とわたし( 11 )

 

音の思い出

このカテゴリ、ほったらかしのままでした。
大学まで書いたんでした。
ぼちぼちと続けて行きます。
自分自身の整理にもしたいので・・・

今日は、子どもの頃に聴いていた音の話し。
私の家は、姉と私がピアノを習っていましたが、
親はまったくクラシックは知らない、いわゆる農家のおじさんおばさん。

子どもにピアノを習わせたのも、当時、はやり始めたお稽古だったから。
そして、近所に評判のいい先生がいたから。

そのピアノの先生からのアドバイスがあったのか、
ピアノ名曲集みたいなレコードが2枚あって、
よく夕飯の後にかけてくれた。
その時間が大好きでした。

ゆったりとした曲を聴きながらうとうとし、
フォルテで始まる曲で目を覚まし

自分の弾く音とは全く違うピアノの音がきれいで
奏でられる音楽の世界がとても豊かで
すごく、みずみずしい感じになって
満ち足りた時間でした。

親はそれを聴いていても、クラシックに興味が増すことはなかったようです。
でも、繰り返しかけてくれました。
そのうち、私たちの方でせがむようになりました。

音楽についての最初の思い出、と言えるものはこれかなあ。
そんなに、情報量はなかったです。
レコードはその2枚だけで、増えませんでした。
自分で買うようになるまでは。
それは・・・高校生になるまでですね。

あとはラジオですね。
受験勉強のお供はラジオ。
NHKFMのクラシックの番組中心に聴いていた。
それも受験勉強になるから。

実はわたしは、ピアノのリサイタルはわずかしか行ったことがありません。
別に避けてたわけでもないんだけど。
行きたいなあ、と思うものが、ピアノ以外のものが優先になっちゃう。

今は、仕事で行けない。
たまには行ってみたい。



ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2013-02-28 23:28 | 音とわたし | Trackback | Comments(0)  

大学時代

しばらく間があいてしまいました。
大学時代について。

え〜一言で言うとバブルでした。

ピアノを教える仕事をスタートしました。
恩師の紹介で、幼稚園の教室へ、教えに行きました。
場所は埼玉県。
私のすんでるところは埼玉県の東の端。
教室のあるところは、埼玉県の北の端。
電車とバスと徒歩で、片道3時間半!(バスの待ち時間40分含む)
仕事2時間半。
帰るのに3時間半。
さすがにこれは無理だ、と思い、運転免許を取ることにしました。
そして車で行ってみると、片道1時間50分。
運転の練習にちょうどいい。
けっこう続けましたね。
5、6年は行ったのでは。

もうひとつアルバイト。
こちらは音楽とは無関係の事務雑用。
バブルだったので、時給うなぎ上り。
パソコンで文書を作ることも覚えられました。
(一太郎が出る前の「松」)
こちらも、7年くらいやってたのでは。

この二つのお仕事を続けながら、いつのまにか卒業。
あれ?終わっちゃった、という感じで大学生活終了。

卒業のとき、最寄り駅から大学まで通うのに使っていた自転車を
家まで乗って帰る、という暴挙をやり
半日かけて川越から吉川まで自転車に乗って帰りました。

それを持ちかけてきた親友は、卒業後なぜかJALに就職。
入社試験一緒に受けてみない?なんて言われたっけ。
・・・無理です。
[PR]

by e-t-pf | 2012-04-15 22:59 | 音とわたし | Trackback | Comments(0)  

いろいろ見に行った

高校時代その2。
都内の学校に通うと、楽しいのは放課後。
とにかく、遊ぶところいっぱいある。
遊ぶと言っても、お金はないし、
私の場合は、主に映画,舞台,公演。
意図的に,クラシック以外にアンテナ張ってたようです。

特に映画ですね。
当時は名画座というものがあって、
3本立て400円で見られたんですよ。
ガラガラの映画館に、6時間以上。
すごいね。今考えると。

まだレンタルビデオはなかったので、
それで映画を見まくりました。

公演は、ミュージカルとか舞踊とか。
パントマイムとか。
マルセル・マルソーさんが来日すると必ず行ってた。
音楽は、器楽声楽が多かった。
(ピアノのリサイタルは少なかった・・・)

私はクラシック命ではまったくないので
ロックコンサートもよく行きましたね。
スタジアムライブが増えてきたころ。
でもスタジアムは広すぎて、
つまらなくなっていかなくなりました。
(今みたいに、映像使った演出なんかなかった)
そのうちテレビで洋楽の音楽番組が始まり,
プロモーションビデオ、というものが放送されるようになり・・

家庭用のビデオデッキが発売されると、
音楽番組の録画が楽しみになった。
そのころ録画した番組には,けっこう貴重なものもあります。
ピーター・ブルックの「マハーバーラタ」とか。
イギリスのドキュメンタリ番組「アメイジンググレイス」とか。

で、肝心のピアノは・・・
ご想像の通り、遊びながら練習やっとやってる状態ですから
対して上達してません。
でも、周りがみんなピアノを弾く人たちですから,
刺激は受けていました。
それから、声楽や器楽の伴奏がとてもいい勉強になった。

そうそう。
偶然、一緒にアレクサンダーテクニーク勉強している人が
高校の先輩であることが判明!
びっくりです。
のんびりした校風だったよね、と話が盛り上がりました。

そして大学へ。
つづく

☆☆☆お知らせ!☆☆☆

ダンスの師匠、柳田知子先生が、本を出しました!
踊るほど元気になる!アフリカンリズム  アフリカンダンス入門
おすすめですよ~~♪


ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2012-02-28 22:30 | 音とわたし | Trackback | Comments(0)  

毎日歌ってた

いよいよ高校生です。
1時間30分かけて、通学です
ラッシュはたいへんでした。
すし詰め,どころじゃない!
肋骨おれそうな勢いです。
あまりに大変なので、朝早く行くことにしました。
少しでも,人が少ない方が良いから。

学校では、普通の勉強以外に、
合唱、ソルフェージュ、ピアノと音楽の授業もあります。
忙しいですが,楽しい。
休み時間も,友だちと歌ってた。
みんな歌えるから,楽譜を持っていってみせれば、
すぐにハモれる。
面白かったです。

でも実は、歌う,ということは苦手でした。
音大進学を想定されていなかったので、
ソルフェージュで歌うとか、まったくやっていなかった。
受験のときは,それも大変な課題でした。
声が小さくて、試験官に聞こえないよ!なんて言われて。

でも、高校では「苦手」なんて言ってられないし,
とにかく歌う時間が多かったので、慣れてきました。
歌が好きな友だちが多かったのも,よかった。

ピアノ科で入りましたが、ここでも厳しい状況でした。
周りがみんな、自分より上手。
でもそれはわかってたので
今度はショックではなく、よい刺激になりました。

高校時代の「音とわたし」は
「歌う楽しさ」との出会いでした。

つづく

☆☆☆お知らせ!☆☆☆

ダンスの師匠、柳田知子先生が、本を出しました!
踊るほど元気になる!アフリカンリズム  アフリカンダンス入門
おすすめですよ~~♪


ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2012-02-08 23:14 | 音とわたし | Trackback | Comments(0)  

受験

中学3年生になり、進路を決める、ということになったとき
突然、
音楽高校
という言葉が頭に浮かびました。

ほんとに、「思いつき」だったんですよ,実は。

どうしても、音楽をやりたい!と強く思っていた,
というよりは・・・
ただの私立より,おもしろそう。
それだけ。

すみません。
実はあまり、ピアノに思い入れがあったわけでも、
才能があって、先生から進められたわけでも
ありません。

なので、学校の先生も,ピアノの先生も,親もびっくり。
しかも、中3になってから!
もう、大騒ぎになりました。
ピアノの先生のところに相談に行きました。
ピアノの先生も、この子は音大進学はない、と思っていたので
びっくり。何の準備もしてないのに!
なので、かなりハードなペースでレッスンする必要がある、と言われました。
ほとんど毎日,何かのレッスン。
週2、3回ピアノ、その他にソルフェージュ,歌。

当然,お金もかかりますし,時間もかかります。
親は当然、考えます。何度も,話し合いました。
でも、私はもう、音楽高校に行く,と言ってきかない。
(がんこでした)

ほんとうに、ちゃんと言われた通りにレッスンに通うなら,
やってみなさい。といってもらえました。
(親は,無理だろうと思ったみたいです)
やった!お父さんお母さんありがとう!!

ほぼ毎日、レッスンです。家でも、たくさん練習です。
でも、大変だとは,思いませんでした。
受験曲はむずかしいし、
聴音や歌は、慣れてなかったのでなかなかできなくて、
それは苦労しましたが、
レッスンに通うのは,嬉しかった。

ほとんどレッスンに時間を費やしていて、
中学校の友だちとは、ぜんぜん遊べなくなってしまいましたが
初詣には一緒に行って、合格祈願をしましたね〜。

今では考えられない、エピソード。
学校終わって、電車に乗ってレッスンに行って,
帰るともう夜9時ごろ。
お腹がすいちゃうから,途中で何か食べてきなさい,
と母から言われていたので、マクドナルドに入ると
なんとレジの人に、怒られてしまった。
「こんな時間に,何してるの!」
いや〜、良い時代でしたね。
ちがうか。

今じゃ、夜10時過ぎに中学生が歩いてても、
普通に塾ですもんね。
珍しくも何ともないですね。

そして、受験。無事合格。
晴れて,音校生となりました。

つづく


☆☆☆お知らせ!☆☆☆

ダンスの師匠、柳田知子先生が、本を出しました!
踊るほど元気になる!アフリカンリズム  アフリカンダンス入門
おすすめですよ~~♪


ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2012-02-03 22:31 | 音とわたし | Trackback | Comments(0)  

ワークショップ、終了しました

昨日,「音とわたし」第1弾(勝手にシリーズ化)
アフリカンダンス&アレクサンダーテクニーク
終了しました!

参加してくださったみなさん、
最後は笑顔で踊りまくって,
太鼓でも、しっかりしゃべりました!
ただ、叩いてみた、だけではない
ちゃんと、ジンベとして、おしゃべりができ、
その音で楽しく踊りました。

すごいことです!

やってよかった!

反省点としては
アレクサンダーテクニークへの持っていき方が
今ひとつ。
今後の課題です。

会場も使いやすいし、今後も継続していきたい。

チャンスをくださった、
荒川克美先生、ありがとうございました!
そして、参加者のみなさん、ありがとうございました!!
[PR]

by e-t-pf | 2012-01-30 22:16 | 音とわたし | Trackback | Comments(0)  

ワークショップ、あと1週間!!

1月29日のワークショップ「音とわたし」
いよいよあと1週間です。

どんな内容になるのかな。
このタイトルからじゃ〜,想像つかないですよね。
「音を受け取る,発する」その瞬間。そこがテーマ。

実際にやることは,アフリカンダンスと、アレクサンダーテクニークです。
これでも、わからないよね。

大体、こんな感じです。

西アフリカのリズムを、太鼓とダンスで体験。
ファンガ
ウォロセドン
を考えてます。
ジンベを叩いてみたり、
太鼓言葉を作ってみたり
踊るからだについて、見てみたり
踊ってみたり。

アフリカンダンスばっかりじゃん。
ダンスのワークショップなの?
いやいや、ダンスが目的ではありません。

アレクサンダーテクニークはどこに?

アレクサンダーテクニークは、太鼓叩いたり踊ったり
「する時に」登場します。
どうやって?

アレクサンダーテクニークは、
「自分の使い方を見直す」技術です。
自分のやりたいことを,もっと「楽に」できるかな?
と、見直すのです。

やりたいことは、なんでも対象になります。

なので
太鼓を叩くとき
踊るとき
ばかりでなく

椅子に座る
立つ
歩く
しゃべる
楽器を持つ

なんでも、アレクサンダーテクニークを使って見直して
もっと楽に,うまくできるかな、と試してみます。

楽にできちゃうかも。
うまくいっちゃうかも。

楽しみにしててくださいね♪

☆☆☆お知らせ!☆☆☆

ダンスの師匠、柳田知子先生が、本を出しました!
踊るほど元気になる!アフリカンリズム  アフリカンダンス入門
おすすめですよ~~♪


ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2012-01-22 23:14 | 音とわたし | Trackback | Comments(0)  

中学校のころ

中学校に入り,陸上部に入りました。
なんだか、ほぼ強制的に。
それは、私が走るのが速かったわけでもなんでもなく
頭数のために、そこに立ってた私を先輩が勧誘した。

それだけでした。

走るのも跳ぶのもだめな私は
ずっと、校庭整備をしてました。

ピアノのレッスンは日曜日だったので
やめずに続けました。
選手になれないので、日曜日ひまだったのです。

中学校には複数の小学校から生徒が集まります。
それに、ちょうど田んぼを住宅地にし始めた時期で
転入生がすっごく多かった。
すると、ピアノ弾ける人が増えた。
ほとんど、私より上手だったんですね。

ショック。
私がやったことがない本をやってたり
ソルフェージュのレッスンをしっかりやってて、
歌も上手だったり。

それでも、ピアノは楽しく弾いていた。
自分でピースを買って弾いてみたり。
下手なりに、楽しんでました。

いろいろな音楽を聴くようにもなってきて
ビートルズのベスト盤(赤いのと碧いの)
なんてのを聴いて
ビートルズも弾いてみたいな〜と思って
楽譜を探してみた。

クラシック以外の曲を初めて弾いたのは、
多分「イエスタデイ」。
でもなんだか、へんてこだった。
ノリも何もない。歌をピアノで弾くと、すごく変だし。
でもまあ、それっぽいイントロだけで、満足?したつもり。

そしてついに
転機がやってくる

受験です。

つづく
[PR]

by e-t-pf | 2012-01-19 23:13 | 音とわたし | Trackback | Comments(0)  

小学校のころ

小学校2年生で始めたピアノ。
たぶん、秋からだったと思います。
発表会は毎年夏の終わりだったので。

3年生の夏には,はじめての発表会。
その後毎年、夏の発表会は、
自分にとって大きなイベントとなりました

滅多に行かない、浦和にいける。
ホールの落ち着いた雰囲気も、ステキでした。
いろいろな人の演奏が聴ける。
ドレスを着ているお姉さんが、輝いて見えた。

自分の演奏は,緊張のあまり,いつも実力の半分以下・・・
と自分では感じてましたね。
実際は,実力に見合った演奏になってました。
つまり、自分の実力を、買いかぶってた,ということですね。
すごいね。
どこから来るの,その自信は。

「本当はもっとできるはず」というのが近いかな。
つまり、練習不足がわかってて、
後悔の気持ちがそう思わせてたんでしょう。
だったらやればいいのに。
それでも練習しなかったなあ。

学校の音楽は,楽ができる、楽しい時間でした。
今のように,学校の合唱曲を生徒が伴奏する,なんてこともなかったので、
学校でピアノを弾く,ということはなかった。
教室にあったオルガンで,遊び弾きするくらいかな。

5年生のとき、転向してきた女の子が,休み時間にオルガンを弾きました。
カバレフスキーの「トッカティーナ」
私はその曲を知らなくて,そのとき初めて聞いて,衝撃でした。
家に帰って,曲集を見てみると,偶然その曲が入っていました。
弾いてみようとしましたが,ドイツ系の曲しかやってないので
どうもピンと来ない。
でも嫌いじゃなかった。おもしろい音だと思いました。
こういう、不思議な音の曲もあるんだなあ。
なんだか世界が広がった気がしました。

つづく

☆☆☆お知らせ!☆☆☆

ダンスの師匠、柳田知子先生が、本を出しました!
踊るほど元気になる!アフリカンリズム  アフリカンダンス入門
おすすめですよ~~♪


ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2012-01-13 23:26 | 音とわたし | Trackback | Comments(0)  

始まり始まり♪

「音とわたし」というテーマでワークショップをすることになりました。
前回の記事で,お知らせしたものです。
あまりに漠然としたタイトル?
そうですね〜
そこがミソでもあるんだけど・・・
なんでもできるかな、と思って。

「音とわたし」をカテゴリにして
これから、自分と音について、書いてみたいと思います。

まず今回は
ピアノとの出会いから

☆☆☆

私は小学校2年生から,ピアノを始めました。
3歳年上の姉が先に習っていて,
発表会を見に行った時に,母にきかれました。
「あんたもやりたい?」
「うん」と返事をして、それからレッスンがスタートしました。

レッスンのスタイルが、変わってた。
今のように,曜日と時間を固定してなかったのです。
日曜の午前中、近所のお宅のレッスン室に生徒が三々五々集まり
前の人のレッスンを待ちながら,自分の番を待つのです。
なので、いろいろな人の演奏が聴けました。
(なので、毎回レッスン時間はまちまち。
 練習してないと,切り上げられてしまいました・・・)

そういう環境だし、姉もすでに家で弾いてましたから、
バイエル,ブルクミュラーあたりは、
ほとんどの曲をすでに聴いていました。

先輩が弾くショパンやバッハの曲を聴いて,
自分もいつか弾きたいなあ,と憧れてました。

家では,ピアノ名曲アルバムのレコードが2枚あり
夜,かけてもらって聴きながら寝るのが好きでした。
「トロイメライ」でうとうとし、
「軍隊ポロネーズ」でびっくりして起きる。
すると親がその様子をおもしろがって、笑ってたなあ。
ピアノも,音楽も好きになりました。
(このレコード鑑賞は,ピアノの先生から言われて、やるようになったそうです。
 家では,もともとクラシック音楽を聴く習慣は,全くなかった。)

あまり上達は早くなかったですね。
練習をあまりしない。
指が弱い。はっきりした音で弾けない,速く弾けない。
楽譜の仕組みの理解は割と早くできてましたが、
初見演奏は苦手でした。

先に音を聴いてしまっているので,
音楽のイメージはある。
それを持って楽譜を見るから,
「ああこの音楽はこう書くのか」とわかる。
それは良かったんだけど,
自分の音は、あまりきちんと聴かなかったようです。

「できてるつもり」になって、
自分の演奏を都合よく解釈してしまい,
細かいところを直していくような練習をしない。
雑な練習のまま,磨かないんですね。

このことから、教えるようになってから、生徒さんには
聴いてから弾くのと,完全に楽譜から音を作っていくのと、
両方やるようにした方がいいな、と思うようになりました。

次回は小学校〜中学校時代。

ワークショップは
1月29日(日)午後1時30分〜
彩の国さいたま芸術劇場 小練習室にて
5500円
(早割あり。1月15日までの申し込みは5000円)

アフリカンダンスと、アレクサンダーテクニークを体験します。
[PR]

by e-t-pf | 2012-01-11 22:25 | 音とわたし | Trackback | Comments(0)