今年初の、アレクサンダーテクニーク

今年初のアレクサンダーテクニークの勉強は、
昨年1年間で勉強した、からだについての
復習になりました。

サラ・バーカー先生の、授業。
頭、脊椎から腕、肩、骨盤、脚、足を、
動かしていきます。

簡単な動き。
体操でもない。
何回もくりかえさない。

ただ、ていねいに意識しながら、動かしていく。

実は、同じような動きはダンスのウォームアップにも
入っているし、
他のエクササイズでも、やっている動きばかりです。

でも、意識の仕方、何を目的として動くのかで、
中身がすごく変わって、
動かした後のからだの状態も、おおきく変わります。

からだについての、解剖学的な情報が、
なぜ役に立つのか。
アレクサンダーテクニークを元にして、
からだの情報を学ぶということは、
ただ知識として頭の中に入れるだけではなく、
からだの「その部分」を、
よりはっきりと意識できるようにするため、なのでしょう。

他の分野で(医学とか、マッサージとか、フィットネスとか)
解剖学についてはすでに知っている人でも、
実際に自分のからだを正しく意識しているかというと、
そうでもなかったりする。

やはり、自分では気づきにくい、くせがある。

一度、意識できても、
生活していく間に、狂いが生じてきたりする。

それを自分で調整していく方法が、
アレクサンダーテクニークで学べる。

人に「やってもらう」のではなく、自分でする。

生きている間、からだも心もどんどん変わっていく。
だから、一度勉強して、ワークショップとかで体験して、
終わり、というわけにはいかない。

便利な道具のようには、いかない。
練習し続けていないと、出来なくなっていく。
だから「テクニック」なんでしょうね。

午前中は眠くて、ちょっと頭が痛かったのが、
帰る時にはすっきりと調子よくなっていて、
帰ってからすぐに、ピアノの練習が出来ました。
[PR]

by e-t-pf | 2010-01-11 11:51 | アレクサンダーテクニーク | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://coconutsmu.exblog.jp/tb/9629759
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bamaman at 2010-01-14 19:37 x
体の部位を正しく意識して動かす…う〜ム…
小生は踊りが苦手で 自分がどないなかっこで 踊ってるのか?
全く 無自覚で有りやす。
そういう事てぇ 大事なんでやしょうねぇ。

どうしても やってみたいのが 猫さまのグググゥ〜のびのびでやす。
あれとは ちゃうんかぁ。あはは…
Commented by e-t-pf at 2010-01-15 14:12
bamamanさま
私も、踊りは苦手ですよおお
一生、得意にはならないでしょう。
でも、動くことが、おもしろいです。
猫さんののび〜〜〜
人間も、できますよ〜
同じ形には、ならないけど!

<< 明日は、舞い初め スタート!! >>