ステージ練習会+A

昨日は、松伏町田園ホールエローラでの、ステージ練習会でした。

ものすごい蒸し暑さの中、参加してくださったのは、
子供3名、大人5名。
この少人数で、ステージの響きとベーゼンドルファーを、堪能しました。

今年は、アレクサンダーテクニーク先生、KATSUMIさんのご協力もいただいて、
希望者はアレクサンダーテクニークも、体験しました。

いきなりステージ上で、アレクサンダーテクニーク。
考えてみたら、すごい状態。
だからかな、実際に演奏したときは、
みなさん、ステージでの演奏という理由での緊張は、なかったみたい。

いきなりステージで、パニックな状態で音を出すより、
良かったのでは、と思います。

はじめてアレクサンダーテクニークを体験すると、
「?」しか残らない感じなんですよね。
何か、いつもと違う感じはする。
でも、何がどう変わったんだか、わからない。
「?」・・・・

でも私は、近くで見たり聴いたりしていて、
生徒さんの音が明らかに変わったのは、わかって、
とても面白かったです。

あとで、打ち上げのときに
「せっかく何か変化が起きたと思っても、元に戻ってしまう」と言ったら、
元に戻ることはないのだ、と教えて頂きました。
まったく、元のクセに帰ってしまう、ということはないのだそうです。

積み重ねてきた自分のクセは、すぐには大きく変化したりはしない。
でも、「うすまっていく」ような感じ。

なるほど。

私は、アレクサンダーテクニークのレッスンを受けながら、
「良い方に変化している」ことを期待してしまうから、
どうも、自分が思うような成果が出ていない感じがすると、
「元にもどっちゃう」って言ってみたり、
何かしら自分の考えで、理屈をつけたくなっちゃうんですね。

自分の変化って、ほんとうにわからない。
そこに気づけるようになる。
というのも、このテクニークを学ぶ、ポイントの一つかもしれません。

ピアノのテクニックも、どう変わっていってるのか、なかなかわからない。
上達してるんだけど、そうは思えないかったりね。
[PR]

by e-t-pf | 2009-08-14 15:39 | 大人のレッスン | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://coconutsmu.exblog.jp/tb/8805872
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by かめいち at 2009-08-15 14:28 x
凄く楽しかったです〜
ホールという空間の大きさが感じられました。
客席から見るより、音を出した方が広く感じますね。

ベーゼンの会、ちょっと常連狙っちゃおう♪

せっかくぴあの伴奏と歌、メニューがあったんだから、
ちょっとピアノの屋根を開けたバージョンと閉めたバージョンの
聴き比べもしてみたかったです(^^;)
Commented by e-t-pf at 2009-08-15 18:55
かめちゃん
そうそう、私も思いました。
ふた全開だと、声は負けちゃうのよね〜。
閉めれば良かったなあ。
ま、それは次回。
ぜひ次回も、参加してくださいね〜。
Commented by bamaman at 2009-08-24 20:18 x
うぉ〜、ベーゼンのインペリアルええなぁ〜♪
大体ベーゼンもベヒも殆ど弾いた事ないんす。
うんうん、プレイエルも触ってみたいす。
あっ、横浜のテラノホールは グロトリアンでやした。
もの凄く華やかな音で スタインちゃんもビックリつう訳でやす。

いろいろなピアノの音楽会があるのは ええなぁ〜♪
Commented by e-t-pf at 2009-08-24 22:10
ぜひぜひ次回はご参加ください〜〜
田んぼの中に、ベーゼン。
ホール独り占め。
いいですよ〜〜。
グロトリアン、知らないです〜〜

<< 街でお花屋さんが 松岡修造さんて・・・ >>