アレクサンダー&ジンベ&ダンス!@仙台

アレクサンダーテクニーク&ジンベ&ダンス
夏のびっくり!3番立て!!!ワークショップ in 仙台

8月11日(金)、仙台にてワークショップを開催します!
★10〜13時 アレクサンダーテクニーク
まずはじめの3時間でアレクサンダーテクニークの紹介、体験。
★14時〜16時 西アフリカの太鼓のアンサンブル
★17時〜19時 アフリカンダンス
ジンベとダンスは,少しちがった角度から練習することになると思います。
※興味のある方は、お知らせくださいませ。まだ申込可能だと思います。
 全部に出なくても,どれか1つ、2つでも可です。

てんこもりな1日ですね〜。
何が起こるか,そして自分はどうなるか、お楽しみな1日。

というわけで、今日から少し、アレクサンダーテクニークについて書いていきたいと思います。
しばしおつきあいくださいませ〜〜

★そもそもアレクサンダーテクニークって?
聞いたことあるような、ないような。まずは名前の「アレクサンダー」から。
人の名前です。オーストラリアの人。故人です。シェイクスピアが好きな、朗唱家だったそうです。
「朗唱」実は私は良く知らないです。すみません。ステージで一人で戯曲を朗読する?ような感じなんでしょうか。
生まれ故郷のタスマニアから、デビューを夢みて都会へ。そしてステージ経験を重ねます。
ところがトラブルに見舞われます。ステージ上で声が出なくなってしまった!
だんだんかすれてしまう。長い時間、一人で大きな声で話し続けると、そういうことはありそうですね。
でもみんななるわけじゃない。なぜ自分はかすれるんだ!
さあそこでアレクサンダーはどうしたか。
あなたならどうする。

★うまくいかない時,どうするか
私の場合,「うまくいかない」ことはアフリカンダンスでした。
はじめは趣味でした。その時はよかった。楽しく踊っていました。下手なりに。
しかしいつしかインストラクター講座を受講するようになり、とうとうインストラクターになりました。
下手なのに。当然自信ない。
できることなら、もっとうまく踊りたい。がんばってクラスを受け,自分なりに練習しました。
しかし、練習しても
・何か変
・お手本(先生)の動きと違う。でも何が違うかわからない。
・自分で直せない。
・教えてもらって出来ても、またできなくなる。
・出来てるつもりでも、やっぱりおかしい。
あ〜あ。なんとかならないかなあ。
そんなとき、ピアノの生徒さんが本を持ってきました。(※私はピアノ教師です)
ピアノを弾く人向けの、アレクサンダーテクニークの本でした。
骨や筋肉の絵がたくさんあるので、解剖学?身体の知識?の本かと思いました。
貸してもらって読んでみると、内容は骨や筋肉の話だけではありませんでした。
骨、筋肉の解説は当然されているのですが、「大事なのはそれを何のために、どう使うかです。」
そりゃそうだ。
つまり「自分の身体を、どう使うのか」
そうそう、それが知りたいんだよ。自分をもっとうまく使いたいの。
言葉にできずにいた、何となくぼんやりした思いが、はっきりした瞬間でした。

というわけで、『アレクサンダーテクニーク』への興味がわいたのでした。


[PR]

by e-t-pf | 2017-07-29 23:45 | アレクサンダーテクニーク | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://coconutsmu.exblog.jp/tb/237384698
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 自分が何やってるのか?って? 歌遊び&分離唱 エア〜♪お昼から〜♪ >>