いーかげんに手放したら。

久しぶりで、歌のレッスンに行ってきました。
ほんとに久しぶり。
ほとんどなにもできてません。
発声練習もしてない。
唯一、鼻に響かせる(みんみんゼミと自分では呼んでいる)練習は少しだけやった。

さて、教えてくださる先生は,アレクサンダーテクニークも少し学んでいる方です。
私がプロコーストレーニーなのもご存知です。

今日は
「たづこさん、アレクサンダーやってるんだから、自分を意識的に使う練習をしてるわけですよね」
はいそうです。
「ダンスとか,ピアノのときは,かなりよくできてますよね」
まあそうですね、以前に比べればよくなりました。
「歌になると、見事に固まりますね」
えっ
「なんでなのかな〜」
・・・

そう言われて考えてみますと
やはり根深いのは「苦手意識」「歌と言えばソルフェージュ」
そして「そんな声じゃ入試に落とされる」と脅された過去。
これは前から気づいていたことです。なので、少しずつ解消に向かっていると思います。
(それでもまだ残ってますが。)

今日、さらに気づいたのは「生徒として振る舞おう」としていたこと。
先生が言う通り,せっかく使えるアレクサンダーテクニークを、
積極的に使おうという考えが消えてしまうのは、
「自分は無力な生徒」という立場に自分からしてしまっていたから。

それは「そうでないと先生に失礼」なんていう、わけのわからない考えも入っていた、
ということにも気づきました。
いやいや、失礼なのは,自分のできる最大限で、歌おうとしないことでしょ!
やろうとしてたことが間違ってるでしょ。

そんなことに気づきました,ということを先生に言いました。
先生は「なんでそんなこと考えるんだろうね〜」と笑っていました。
ほんとに、なんでなんだろう。
それからは、なんだか一皮むけた感じで、レッスンできました。
ずっと「正直に」歌うことに向き合えた感じです。
すると自分ができていないところを、よりはっきりと自覚できました。
でも、焦りとかがっかりは、不思議とありませんでした。
そうか、ここを練習すればいいんだ。とすっきりわかった感じ。

先生,生徒,という言葉の中に,自分が込めていた意味。
その意味づけが、自分のやってることにこんなふうに響くんだ、
ということ。
いやいや、驚きでした。
今日は,大事な発見ができました。

それから
身体という楽器も、ちゃんと定期的に響かせておかないと,
鳴らなくなるんだということもよくわかりました。

というか身体を響かせる,ということに、さらに深い興味がわきました。
歌うことって,やっぱり奥が深いことですね。

歌と踊り、ほんとに奥が深いです。
[PR]

by e-t-pf | 2015-11-27 23:52 | 歌う | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://coconutsmu.exblog.jp/tb/21874993
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ちょっとだけ 欠けていたピース >>