声が倒れる

歌のレッスン、不定期な状態ですが続いてます。
今月は先週、今週と続きました。
やっぱり続けてレッスンすると,違いますね〜。

発声練習も、テンポよくできるようになってきた。
息から響き,発音、なにをやればいいのか、わかってきた。
(できるようになったわけではありません)

しかし、「響き」をていねいにやると、ほんとに自分には聴こえてこない。
不思議。
でも、空気はちゃんと響かせているので、周りにいる人に声は届いているんだって。

さて、ベッリーニを歌ってみましたが、
i、eの母音で「声が倒れてる」と指摘されました。
え?
倒れる?声が?

はじめて言われたことですが,すぐにピンと来ました。
a、o、uと、i、eでは、力の入り具合がちがうのは、分かってたのです,自分でも。
i、eはなんとなく、がんばってる。

どうやら、その「がんばってる」のが、
倒れそうなのを支えているかのようなりきみになって、声に出ているらしい。
そして、実際に身体も、i、eの時は前に重心をもって行こうとしてたかも。
たぶん、頭が前に行こうとしてた。

そうか、別に倒れそうな状態じゃないんだから,このまま歌えばいいんだ。
真上に向かう方向だけでいいんだ。
なんだか目から鱗な感じでした。

それで歌うと,あっけないくらい、音程も発音も響きも楽に歌えた。
でも、自分の感覚としては姿勢が「後ろに寄りかかってる」ように感じてました。
そっくりかえっているような。上を向きすぎているような。
やっぱり、下に向かうように力をいれてたんでしょうね。

それに、やっぱり「歌ってる気がしない」。
まあ歌に関しては、今までの「歌ってる」はあまり快適なものではなかったので、
拍子抜け感に多少とまどいはあっても、
今までみたいに歌わなくても大丈夫なんだ,とすぐにも歓迎!でしたが。

先生はバレエの軸にも例えてお話ししてくれましたが,
ちょうどアフリカンダンスでも、
スピードが速くなると、軸がどんどん収斂されて行く感じ?
なんて考えてたので、リンクするようでおもしろかったです。

無駄な力が抜けるのって,ほんとに気持ちのいい体験。
[PR]

by e-t-pf | 2015-02-25 23:36 | 歌う | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://coconutsmu.exblog.jp/tb/20932957
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< いつのまにか始まってた 足踏みでお腹がへこんだ >>