歓迎したくない感覚がくる

グレッグさんのクラスは、ますますおもしろかった。
というか、なんだかグレッグがおもしろかった。
ひょうきんな側面が、前面に出ていたような。

クラスで「ATのレッスン後、寂しいような、むなしいような感じになる」
ということを話してた人がいた。
英語でやりとりしてたので、詳しくはわからなかったけど。

私も、ジンベクラスやりはじめたとき、あったなあ、
今でも多少でてくるなあ。とぼんやり思った。

ところで最近は、感情的反応を、化学的に(ホルモンで)説明することが、
積極的にされるようになってきて、それで、治療がすすんできてるんだって。
(お薬とか作れる)

それがどうしたか?
感情って、「どうしようもない」もののようだけど、実はそうでもないのかも、
というふうに思える、ということ。

そうか〜化学的に反応してるんだ、自分の中で。
ジンベクラス終わった後に激しく襲ってきた、
しかも原因不明!の「むなしい気持ち」は、反応だったのか。

普通そういう感じになると、やる気が失せるじゃないですか。
元気なくなる。動きたくなくなる。

それがね、いやだったら対処できるかもしれない、ということなんですよ。

私の場合、ストレッチの時間を取る、という習慣が役に立ってる。
とにかくヨガマットをひろげちゃうんです。で、動き始める。
それで切り替わる。
(もちろん、動かないでじっとしてる方がいいときもあるんですよ。
 寝る、休むってことだけど。それは夜すればいいので)

「人間は心身統一体」
心が身体に影響するし、身体が心に影響する、という言い方がたぶん私たちにはわかりやすい。
ただ、言葉にすると、どっちかのことだけになっちゃうでしょ。
で、何どっちが悪いのか、探したくなる。

なんだけど、どっちからでも何かアプローチすると
結局自分の全体の状態が変化するわけですよ。

で、私の場合、動く生き物としては身体運動の質が良くない、
という自覚があったわけです。
偏ってる上に非常に少ない。
それをバランスとろうとするのが、「ストレッチ習慣」
で、今のところ、うまくいってると思うわけです。

なおかつ
その動き方、せっかくやってるストレッチを、できるだけ効果あげたい。
よくあるでしょ、「歩きすぎて膝壊した」とか。
そこで役に立つのがATなわけですよ。
「無駄を省く」「望む結果へと至る道順を考える」
これが得意だからね、ATは。
[PR]

by e-t-pf | 2014-09-29 11:37 | アレクサンダーテクニーク | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://coconutsmu.exblog.jp/tb/20240234
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 分けられない、というかまとまってきた やっと再開。 >>