新学期と、終わり

今日、アレクサンダーテクニークプロコースの
新学期の授業に行きました。
6年めになります。長いねえ。
「パートタイム」というコースでなので
ちょっとずつ、学んでいるのです。

新学期。はじめてお会いする人も数人いて
久しぶりのジェレミー校長の授業で新鮮でした。

そしてブックコースの最終課題を提出して
こちらは一旦終了です。
...3年くらいやったのかな。

今回の本には「意識的コントロール」ということについて、
詳しく書かれてました。
自分を意識的にコントロールする。というのはどういうことなのか。
・・・・読んだものの、まだまだ自分で言語化はできませんが。

意識的にコントロールできてないとき、
というのはわかるようになったよ。」

自分の行動のコントロールは、基本的に自分がしてます。
自分を動かしてるのは、自分なんだよね。

だけど、そうは思えないときが、しばしばある。
「どうしようもない」「しかたないからこうしてる」
「だってこうなるものなんじゃないの?」
選択の余地がないように、感じる。
そんなときは、
動揺してたり、混乱してるなあ、と思ったのです。

つまり
「おろおろしてるときは、意識的に自分をコントロールできてない。」
それはわかるようになった。ということです。
当たり前じゃん、て感じだけど。

さて
動揺って、いやなことが起こった時に、よく起こることですが

私は昨日、自分にとって「よいこと」があったのに
なぜかそのあと、調子が狂いました。
嬉しくて、舞い上がって、混乱していたみたいです。

これはややこしい。
不快感はあまりなかったから。
でも、なんとなく状況がおかしくなっていった。

嬉しかったこと、というのは・・・
ブックコースで、自分のしたいことにすごく役に立つ、いいことを知ったのです。
そうそう、これが必要だったんだよ〜!!って感じで。
「それを実践したい!」と思ったのが
どうやら行き過ぎたらしい。

そして、なぜそうなったのかについて、今日は
ジェレミーさんのレッスンで、気がつくことができました。

自分の考え方(の習慣)の1つが、浮かび上がってきたのです。
簡単に言うと「劣等感」でした。

教わったことが「できる」ということを「確認したい」。
ということに、捕われてしまって
ほんとうにしたかったことから、すり替わってしまっていた。

自分はできてるのかどうか、と確認したかったのは
できなかったらどうしよう、と心配になったから。

しばらくお目見えしてなかったんだけど、
久しぶりに見ましたよ。

やっぱり根深いところにあるなあ。

というわけで、明日もクラスです。
[PR]

by e-t-pf | 2014-04-03 23:44 | アレクサンダーテクニーク | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://coconutsmu.exblog.jp/tb/19640448
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 楽譜を作る 骨盤が安定しない >>