オープンで居続ける

久しぶりに、アレクサンダーテクニークのレッスンで
ピアノを弾きました。

さすがに・・・以前より「ピアノ」という楽器への反応の仕方を、
若干自分でコントロールできましたが

それでも、やっぱり、さらなる変化は起こる
先生の目は、いろいろなことを見つけてくれた

もう少し、ピアノから椅子が遠くても、手は鍵盤に届く
頭とともに胸骨、胸椎、肩甲骨周りがもっと動ける
手の構造を、マッピングしなおす

手の構造について、なんて、
普段生徒にも言ってることなんだけど、
「もう知ってる」と思っていることが、実は
「動きを放棄する」ことに繋がっているとは!

自分で手の骨やら指の骨やら手首の骨やら、ぐりぐりと触って
「これがここから動くんだよね」
それから、ピアノを弾くと

広い音程も、楽々届くではありませんか

そして、目線が高い
腕が軽く動く

やっぱり
いつでもいつでも、いつまでも改善できる

マージさんは最後の最後まで、
頭の動く方向のことを言っていた、というのも聞いたことあったけど

私は未だに「学びきる」「すべてわかる」ことを期待してるんだなあ

新しいことを、体験できるのだ!いつまでも!
そうなんだよね。それを楽しみに。

やっぱり、「慣れた」ことをレッスンするのが、
アレクサンダーテクニークはいいです。再確認。



ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2014-02-27 23:23 | アレクサンダーテクニーク | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://coconutsmu.exblog.jp/tb/19514028
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< プロコとラヴェル 復活したクラス >>