結びついたとき

レッスンでピアノを弾く生徒に対して
話しかける自分の声について。

今日レッスンをやっていて、突然それが気になりだした。
自分の声の中に聞こえてきたもの・・・
それが現しているものが、気になった。

声の質や大きさ、しゃべる早さ
それが、自分の考えをどれだけ現しているか。
これ、生徒に伝わってるな、絶対。

ATのレッスンの「居心地の良さ」というか「安心感」は
このこともあるな、と思った。

AT教師の声は、とてもやさしい。
触れる手は軽く、眼差しもおだやかだし、
語りかける声も、静かで穏やかだ。

何もしようとせず、触れる対象に形を沿わせる手。
評価ではなく、情報を受け取る、視線。
そして、言う必要のあることばを、相手に伝えるために
無駄なく出された息にのって、響く言葉。

そこには「押し付ける」ことがない。
それが、ATのレッスンの「安心感」に繋がっているんだ。

その後、レッスンのとき、
「いつもの話し方」をする前に一度考えた
「この声の大きさで話す必要があるのかな?」
そして、声が出るしくみについて思い出した。

それから話すと、もう話し方が今までとは違っていた。
(そして声が自分に響いているのがわかって、おもしろかった!)

出てきた声は、今までよりも、穏やかだった。
この声の方が、生徒は嬉しいだろうな。

おもしろかったのは
「自分の声を気にする」=「良い声かどうか評価する」ではなかったこと。

私はあまり自分の声が好きじゃない(と思ってた)ので
今までだと、自分の声について考える時はだいたい、
「変な声、もっと良い声になりたいなあ」だった。

今回は違っていた。
自分を評価しない、ということができたのが、嬉しい。



ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2014-02-24 22:49 | アレクサンダーテクニーク | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://coconutsmu.exblog.jp/tb/19502645
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 復活したクラス 脚っていろんな方向に動ける >>