動きについて知りたい!が望みだった。

私がアレクサンダーテクニークを知ったきっかけは、
楽器店で見た本でした。
そのときは自分でその本は買いませんでした。
が、生徒さんが本を持っていて、それを見せてもらいました。
これは他のメソッドとちがうな、と思っていました。
それが出会いでしたね。

直接レッスンを受けるきっかけになったのは、
ピアノではなくダンスでした。
アフリカンダンスを指導するための勉強をはじめることになったとき、
・・・私はアフリカン以外のダンスを踊ったことないし、
  スポーツもほとんどやったことがない。
  身体が、あまり動かないんだよな〜〜〜〜・・・
もっと動けるようになりたいけど・・・それは難しいだろう。
それなら、せめて身体の動きについて、もう少しくわしく知りたい!

そう思っていたら、アレクサンダーテクニークの学校で、
解剖学についてのクラスがあるのがわかりました。
アレクサンダーテクニークも興味あるし、
これはちょうどいい!行ってみよう。
それが「ボディシンキング」のクラスでした。

それが入り口で、アレクサンダーさんの発見を追いかける日々に突入した。
というわけです。

「ボディチャンス」という学校の、指導者養成コースでは、
クラスが別れているのです。
解剖学から学ぶ「ボディシンキング」
人間の行動の変化のプロセスを学ぶ「シンキングボディ」
それから、教えるための技術を学ぶクラス。

これは、かなり革新的なことらしいです。
身体、心、と「分ける」ということ自体が、
アレクサンダーさんの発見と相容れない。と言われるようです。
でも現実私たちは、分けて考えるのが普通になってしまっている。
少なくとも私にとっては、クラスが別れていたことが、よかったのですね。

学び始めて4年。
先日、はじめて家族に対して、少しだけ、
学んだことでお手伝いをすることができました。

姉が、子どもの受験のために、通っていた体操教室に行けなくなり、
自分の健康管理が心配だ、と言っていたので、
何かDVDでも見ながら体操やってみたら、と提案したのです。
せっかくやるなら、少しでもよく動けるように。
ということで私は、姉がそれをするところを見ながら、
ちょっとだけ動きのアドバイスをしました。
(使ったのは「きくち体操」)

胴体と腕について、少し情報を上げました。
肋骨って、もっと丸いよ。
腕、肩は鎖骨から動くよ。
肩甲骨は、丸い肋骨の上をすべって動けるよ。

すると、おもしろいように肩、腕が動き始めた。
一時は肩の痛みがひどく、腕があがらなかった。
痛みは無くなっても、動きにくかったのだそうです。

すいすい腕を動かしながら、
「これって絶対、子どもの時にこういうことやった方がいいね!」

そうなんだよね〜。
それもやりたいことだな〜。

☆☆☆お知らせ!☆☆☆

ダンスの師匠、柳田知子先生が、本を出しました!
踊るほど元気になる!アフリカンリズム  アフリカンダンス入門
おすすめですよ~~♪


ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2012-11-30 00:10 | アレクサンダーテクニーク | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://coconutsmu.exblog.jp/tb/16888456
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< えっ?? 何をしてるのか >>