やっぱり癖だった。

アイリーン・トローバーマンさんが初来日。
個人レッスンを受けてきました。
ピアノを弾きました。

最近「見る」ときに起こる緊張が気になっているので
楽譜を見ながら弾くところをレッスンしてもらいました。

楽譜を見ながらでも、動ける。
(つまり、楽譜をみているとき、身体が固まっていた)
という話をしてもらって、もう一度弾くと
今度は、「鍵盤から来るディレクション」の話
鍵盤から?
鍵盤を底までおろしたとき、指へとディレクションが来る
それを受け取り、身体に伝えていくと
次の鍵盤へと進んでいく

そう言われてから弾くと
突然音が変わった。
自分でも変わった、と思ったけど、
通訳の人が、すごいリアクションしてた。
そんなに変わったんだなあ。

  その時にはわからなかったけど
  今思いついたのは
  私、ピアノを弾くとき、自分のことしか考えてないな〜。
  ということ。

楽器からのディレクション。
考えたこともなかった。
(タッチの感触、弾く瞬間の鍵盤はもちろん意識していたけど、
 弾いた後・・・というのは)
自分が弾くことだけで、精一杯だったなあ。

レッスンでは、
一つの音を響かせて、和音を響かせて、
それを受け止めて、ということを繰り返しやった。

身体に音を響かせて。
あなたの出した音はあなたの身体を振動させるから。
と言われた。

あなたの出した音で身体が振動して、
それがあなたをより良くする。

太鼓はそういうものだ、と思って叩いていたけど
ピアノもそうだ、というのは
改めて言われて、やっと気がついた。

「自分のために、音楽を演奏していい」

今まで何のために、ピアノ弾いてたんだろ。

「ほめられたい」
これは根深い習慣として、あるなあ。
やっぱり、癖で弾いてたんだ。

やっと考えが少し整理できて、
こうしてブログに書けたけれど、
実は今回のレッスンをまだ受け止めきれずにいます。

ピアノを40数年間弾いてるから、
その癖と取り組むのは容易じゃない。
と思うと重たいけど
これから、ピアノを弾く時に、
今回のレッスンを少しずつ思い出しながら、
実験してみよう。
そして、どう変わるか楽しみにしよう。

今はとりあえずそう思ってます。

なので
さんざんエチュードやらないよ発言をしていたのに
エチュードやりたくなって、
初級エチュードの初見練習をスタートしたのでした。

☆☆☆お知らせ!☆☆☆

ダンスの師匠、柳田知子先生が、本を出しました!
踊るほど元気になる!アフリカンリズム  アフリカンダンス入門
おすすめですよ~~♪


ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2012-05-14 23:02 | アレクサンダーテクニーク | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://coconutsmu.exblog.jp/tb/15304606
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Yoshiko at 2012-05-23 20:56 x
すごい!楽器からのディレクションね~
私もやってみようっと(^o^)
Commented by e-t-pf at 2012-06-07 23:08
コメントありがとうございます!
個人レッスンは、実り多いですよ、やっぱり!

<< 朝顔本葉 これか?グラウンディングって? >>