変化をおこす

ピアノの練習は、
楽譜を見て、
音を読んで、
鍵盤で弾く
という流れで進むことがほとんどだと思います。

 自分の中から出てくるものに突き動かされるごとく
  鍵盤を叩く!

なんてことは、実際(特にクラシックのレパートリーでは)
あまりないでしょう。
特に、練習しはじめの曲で、そんなことはない。

そうそう、その通り。
はじめはとにかく、音を把握して、ミスなく流して弾いていくだけで大変。

その段階では、音楽ではない。
とても、音楽とは言えない。

音楽、と言えるレベルにするには、遠い遠い道のりを、
試行錯誤しながら行かねばならない。
暗譜して、表現に気を配る余裕ができて、
表現を試して、うまくいくように練習して・・・

それがいつか満足のいく音になって、そのとき初めて、音楽になる。

ここまでで「そうそう、その通り」
と思いましたか?

ということは、練習中、音楽になったことはない。
不安と不満でそれどころじゃない。
かもしれませんね。

安心して、満足できている瞬間は・・・
まったくないことはないかもしれないけど、
あったとしても、打ち消してしまうこともあるかも。
「ちょっといいかもしれない?いやいや、まだまだ!」

「音楽」という判断は、いつどこで誰がするのでしょうか?
先生からもらえるものでしょうか。
何を持って「音楽」と判断するのか、そこのところも
突っ込みたいと思いますが・・・
これは、ライブで演奏を聴いて、そのとき判断することしかできません。
言葉にできないです。
判断も、○×ではないのですよ、もちろん。

演奏中は「音楽になった瞬間」と「音楽から離れた瞬間」を
いったりきたり、し続けています。
どんなレベルの、どんなに小さい練習でもそうです。
メトロノームに合わせての手拍子でも、そうです。
私はそれを聴いています。
それを聞きながら、レッスンで何を練習するか、決めるわけです。

が、聴いている自分の状態で、どう聞こえてくるのかが、
大きく左右されるのだ、ということがわかってきました。

問題があれば、解決のために何か試します。
普通、レッスンではそこが肝心と思われるでしょう。
先生が、生徒の課題を見つける。
確かに大事ですが、それが「目的」になってしまうと。
聴きながら「あら探し」している、ということです!
これはひどい。
すると、良い演奏だったときを見逃してしまう。

というわけで、最近の私のテーマは「聴いているときの自分の状態」です。
まだ、試行錯誤中です。

レッスン中、いい演奏になった、と分かった時には、
できるだけすぐに、それを伝える、ということも試してます。

でも、言っても信じてもらえないことも多いんですよ。
大人の生徒さんは特に、良かったと言ってもピンと来ないか、
「気休め」程度に受け取って、スルーされちゃうことが多いです。

私「今、すごく歌えてましたよ」
生徒さん「(キョトン。)そうですか〜?
私はなんだか、あまりちゃんと弾いた気がしないですけど」
こんな感じです。
実はあるんじゃないですか、こういうこと。

私は、ようやく「聴いているときの自分」に気がつくようになり、
ただ今、レッスン中に「注意したい点にばかり気を取られる習慣」を
変えようとしています。

生徒さんの中には、ほんとか〜〜??と思う人もいるかも。
信じてね。私も変えようとしてるんですよ。

☆☆☆お知らせ!☆☆☆

ダンスの師匠、柳田知子先生が、本を出しました!
踊るほど元気になる!アフリカンリズム  アフリカンダンス入門
おすすめですよ~~♪


ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2011-08-02 14:36 | アレクサンダーテクニーク | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://coconutsmu.exblog.jp/tb/13188791
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by かめ at 2011-08-02 21:56 x
質問……ではありませんが……

大人はどうしても褒められたりすれば、ほぼ「社交辞令」と
取るでしょう。
社交辞令かそうじゃないか、の判断基準は「自覚が有るか無いか」です。
自分で「ちょっとうまく行ったかも♪」と思えていれば素直に取れますが、そうじゃなければやはり社交辞令…。

特に私の様に常に「上手くなった気がしない、実感が無い」と騒いでると、褒めて頂いた時には
「お気を使わせてスミマセン」と思うばかりです。
スミマセン(爆)

ホント、問題は自分の中にある…
さて、これをどうするか………
Commented by e-t-pf at 2011-08-03 13:39
どうするか・・・
そうですね。
ここにこのように、問題点を書くことができました。
だんだんと、整理できているのではないでしょうか。

<< 変化がおきるには レッスンの中身 その2 小学校低学年 >>