解剖学でしたが

今日はグレッグ先生の解剖学第2回。
脚の筋肉と動きのお話。

筋肉の名前と、どんな動きを起こすのか。
そして、それをアレクサンダーテクニークの解釈では
どう考えるか。

まあそのようなお話を聞いて、
どうなるかというと、
つまり一番いいのは、自分が何をやってるのか
分かるようになるための
一助になる。

私は、昨日のダンスクラスでのドラミングのおかげで
今日も(いつもだけど)僧帽筋はかっちかち。
昔だと、首が痛くなり、血行が悪くなって頭もぼんやりし、
気持ち悪くなり、
ということになってましたが

いまでは、解剖学プラスアレクサンダーテクニークのおかげで
少し僧帽筋に楽をさせてあげられるようになり、
具合が悪くなることは、少なくなりました。

でも、使いすぎて固くなってるのはまちがいないので
ストレッチしてみたり、
とにかくいろいろ動かして、血行促進を図ります。

ストレッチも、筋肉の知識が少しあると、
どこをどうやってどれぐらい引っ張ったらいいかとか
分かるようになる。

ありがたいことです。

私は(失語の問題もあり)授業を録音してますが
今日、先輩から、
「クラスの中でグレッグ先生が言っていたことを確認したい」
と言われ
じゃあ、録音をコピーしてお渡ししましょうかと
言おうとしたら
「来週、私がどんな内容だったか説明してみるから、
eさんそれを聴いて、あってるかどうか言ってください」
と言われてしまった

つまり、私が内容を確認して(理解して)
先輩の理解が正しいかどうか、判断しないといけない!
・・・・・・
さすが先輩です。
学習の仕方が、深いです。
私の宿題になってしまいました。

太鼓の叩き方に、まだクセがあり
右手が打撲状態です。

あ、ピアノ演奏には支障なしです。

さっきの「失語の問題があり」録音していますというのは
聴いただけじゃあ忘れてしまう、おバカ頭の言い訳です。

発作は出なくなって10年経ってるので
ご心配なく。




ここなっつ音楽教室
(e-t-pfの教室)のご紹介サイト。
教室のご案内。
こちらをごらんくださいませ。↓

・・・e-t-pfのサイト: ここなっつ音楽教室&アフリカンダンス


☆ランキングです☆
↓下のボタンをクリック↓お願いします↓
 
音楽ブログランキング


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 音楽ブログ ワールドミュージックへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 埼玉情報へ
にほんブログ村
[PR]

by e-t-pf | 2011-02-09 22:51 | アレクサンダーテクニーク | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://coconutsmu.exblog.jp/tb/12084042
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ミケ子 at 2011-02-11 00:15 x
こんにちは。
e-t-pfさんが取り組まれているアレクサンダーテクニーク、
先日うちの夫がどこかで体験してきまして、
とても良かったと述べておりました。
夫の説明を聞いただけでは、どんなものなのか今ひとつピンとこなかったのですが、
体の使い方を変えられるんでしょうか?
ピアノ演奏にも有効そうですが、肩こりにまで効くとは!
私も体験してみたくなりました。
Commented by e-t-pf at 2011-02-11 23:55
ミケ子さま
そうですか〜、ご主人が体験されたのですね。
私は「使い方」を見直すのに、アレクサンダーテクニークはもってこいだと思って、やっています。
詳しくは、改めてメールでご連絡しますね。

<< 雪の長い長い1日 行動するとき >>