この1年間は、大きかった。

昨日、ヴィヴィアン・マッキー先生のレッスンを受けてきました。
1年ぶりです。

音楽家向けの、マスタークラスだったので、
ギター、ピアノ、クラリネットなどなど
みなさん専門の楽器や歌で、レッスンを受けます。

昨年は、レッスンの少し前から
緊張していて、とっても楽しいレッスンだったのに
受け止められた事は、
すこしだったような???
すごく興奮して、興奮冷めやらぬまま
消化もできず、といった感じでした。

今年は、まったく心構えが違いました。
弾く曲も迷わず決められたし、
レッスン自体も、リラックスして受ける事ができた。

欲張らずに、いることができた。
これが、大きい事でした。
勉強したいから、せっかくのレッスンだから、
目を皿のようにしてみて、耳をすまして…
なんてやっていても、
案外「入ってこない」みたいです。
受け入れるには。
やっぱり自分の状態が、安定してる事なんですね。
この1年で、
少なくとも昨年よりは、安定していられたかな。

内容については、またいつか、
詳しくお知らせできたらと思います。

今日はボディシンキングクラス。
手についての勉強。
私にとっては、ピアノを弾くという
大切な仕事をするパーツなので
当然関心は高いです!

しかし、構造の複雑さに
目がぐるぐる。
[PR]

by e-t-pf | 2010-11-10 21:59 | アレクサンダーテクニーク | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://coconutsmu.exblog.jp/tb/11549122
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ことばと、音 あ、あにょはせよ〜〜・・・? >>