時間差あがり?

日曜日に終了した、アフリカンダンスの発表会。
あがってました。

私はアフリカンダンス習い始めて、約10年
人前で踊る機会は、発表会、イベント含めて、
けっこうありました。

が、
私たちが習っている先生は、
「楽しんで踊る」ことを、本番でもちゃんとできるように
もっていってくださるので
私は、アフリカンダンスでは、あがったことがなかったです。

いつもと違うテンションになってはいても
パフォーマンスを邪魔するような、
いやな緊張感や、身体症状は、ない。

ところが
今回の発表会では、あがりました。
ドラマーとしての責任が重かったのが、原因だと思います。

当日、入りの時間が遅くて、
昼間、家で準備をしていたんだけど
準備しながら、だんだん落ち着かなくなってきた。
自分でも、あがっているのが分かってきました。

その時「あっ、来た来た!」と思ったのです
「戦闘態勢だ。」

夏のパフォーマーズワークショップでも
あがりは何度もテーマになって
「あがり」について、いろいろと話を聞いていました。
それだけで、あがらなくなるわけではないのは分かってましたが
でも、以前より少し知識があって、受け入れられると、
やっぱり違う。

あがっているときの、焦る感じは
いい気分ではないです。不快です。
でも「あっ、来た!」と思ったら
その「焦った感じ」が、高揚に変わっていきました。
そうなると、不快感は消えました。

そして、会場入りして、準備。
ここまで来ると、もう落ち着いていられるわけない。
すると一緒に叩くドラマーの人が
「あっ。e-さん、あがってる〜〜〜〜
 落ち着いて、落ち着いて!」
そうとう余裕のない顔をしてたみたいです。

本番がはじまってからは、
プログラムが進むに連れて落ち着いてきて、
半分をすぎた頃には、かなりリラックスしてました。


思ってましたが
本番がすぎて数日たって
いま、やっと、日常に戻った感じがしてきた。


そうか
「日常」と「本番」と
はっきり別れてるように言ってるけど
毎日毎日、毎時毎時、いろいろな状態にいる
というだけ、なんだもんね。
[PR]

by e-t-pf | 2010-10-14 15:26 | アレクサンダーテクニーク | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://coconutsmu.exblog.jp/tb/11422651
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 甘味料のパワーってすごい・・・ 仲間が増えた >>