声と、自分

昨日は喉について、勉強しました。
「喉も、軸なんですよ!」
と先生が何度もおっしゃってました。

話すこと、歌うこと、
音をどこかに伝えるために、
発達した器官だ、ということ

何を、伝えるのか
いろいろあるなあ、伝えたいこと

そして
それが脳の近く
軸にくっついた所にある

声を出す時に、
自分の軸が受ける影響

軸の状態が
声に与える影響

そうか〜

私は自分の声が好きじゃなくて
(そのわりにおしゃべりだけど)
歌うのが苦手で
(そのわりに歌いたがるけど)

でも、苦手意識に縛られていた状態から
少し、冷静になれた気がします

まだ好きになれないけど。
好きになろうとしなけりゃいいのか。
[PR]

by e-t-pf | 2010-06-24 21:41 | アレクサンダーテクニーク | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://coconutsmu.exblog.jp/tb/10866956
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bamaman at 2010-06-24 22:50 x
歌は嫌いっす。
インスツルメンタルと違って
自分の肉体をさらす訳でやすから…
実に 恥ずかしい。

でも、声量(声通るし)と声良いもんやから
合唱団に引っ張られやす。
バスでやす。
殆どの人が出ない例えばFとかEとかが 平気で出やす。(うん、忘れたなぁ?F、Eやったかなぁ???でも、2音位下が平気ででやす。響かないけど もう2音下もなんとか)

でぇ、でも 嫌でやす。
呼吸器系が 弱いちゅうのもあるんでやしょうかねぇ?!
Commented by e-t-pf at 2010-06-25 21:00
「歌うことが嫌い」
というのはわかりますよ
でも「歌が嫌い」じゃないはずです
ピアノで歌っていらっしゃるんだから!

<< ぎょぎょ〜〜っ!! ゆらいだほうがいい大黒柱 >>