このメロディを弾いてる。すごいことです。

現在私がレッスンをしている、最高齢のかたが、
レッスンの時に、言っていた言葉です。
70台、男性です。

ほんとうに音楽がお好きで、
今、合唱団に入っていらっしゃいます。
ピアノをはじめた動機は、
「鍵盤で音取りをしたい」
合唱のためです。

しかし、お好きな音楽の話をいろいろとしていると、
やはり、好きな曲を弾けるものなら弾いてみたい。
と思われるようになり、

でも、もともとオーケストラや合唱をよく聴いていらっしゃって、
弾きたい曲も、ピアノ曲ではないのです。
曲のさわりでもいいし、雰囲気だけでもいい。
ということで、簡単にアレンジされた楽譜を、探しました。

特にお好きな曲が、ちょうど楽譜に載っていました。
「いつかやりたいですねえ」とおっしゃっていたのですが、
「発表会でいかがですか?」と出演交渉してみると、
この曲を弾く、モチベーションにはなりますね、ということで、
挑戦してくださることになりました。

人生の大先輩を「指導する」
これは、本当に難しいです。
ピアノのレッスンて、いろいろダメ出しされると、
正直、音楽どころじゃない気持ちになってしまうこともあります。
自分より遥かに年下の若造に、いろいろ言われるんですからね。
頭で分かってはいても、やっぱり、
楽しく音楽、なんて気分ではなくなりがち。

どうしたら、それを少しでも避けられるか。

私は、「しゃべりすぎない」ように、気をつけることにしました。
伝える内容は、できるだけ現実を整理して、お知らせすること。
それからときどき、指導者としての私の「希望」を伝えます。
そして、待つ。

今日のレッスンでは、曲の指使いを確認しました。
ご自分で、指使いをいろいろと工夫されていたので、
それを見直す作業と、練習の仕方をチェック。
「指使い」が、なぜ書き込まれているのか。
ということも、今日はクリアに出来ました。

それにしても、やはり気持ちのこもった演奏は、
力があるなあ、と思いました。
「長い間、大好きだったメロディ」を、とうとう、
こうして弾いている。

その気持ちが、決して滑らかではない演奏でも、
ほんとうに伝わってきます。
聴いていて、嬉しかった。
子供たちに聴かせたいですね。
[PR]

by e-t-pf | 2010-03-17 13:41 | 大人のレッスン | Trackback | Comments(3)  

トラックバックURL : http://coconutsmu.exblog.jp/tb/10207686
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by かめいち at 2010-03-17 15:42 x
いいお話ですね〜。
じ〜〜〜ん(^ー^、)

まっすぐな気持ちや姿勢って眩しいです。
私も欲しい
Commented by bamaman at 2010-03-17 18:07 x
ええと3年程前、コンクールの控え室に 中年のサラリーマンの方がおいででやした。誰かのご父兄かいなぁと 話しかけると、ご本人が出る。
会社の仲間と呑みに行った時に ”エリーゼの為にをコンクールで弾いてみる。”と冗談で言った処、出るはめになっちゃったんやそうな。デェ3ヶ月みっちり練習しはったんやそうな。
ピアノは 始めてつうそうで…

でぇ、ステージに出て とつとつと”エリーゼの為に”を弾きだしやしたが、実にたどたどしいのやけど 立派な音楽でやした!
夢が叶った訳やねん。
会場も 彼のたどたどしいトツトツとした演奏に 聞き入っている様でやした。
賞を審査員が上げてくれればええなぁ、と思いやしたが、一次予選で落とされやした。実に下らん!!プンプン=333

小生なんかより ずっと音楽でやした。
音楽やってやした。
Commented by e-t-pf at 2010-03-18 15:24
かめさま、bamaさま
そうなのですよ、私も欲しい。
まっすぐな気持ち。

<< 寒い日、手を温める 少しあたたかい現実 >>