9月の音遊び

分離唱と歌遊びの会、Air♪
9月も東京です。
9月6日(水)10時30分〜 入谷・鴬谷のスタジオ阿弥陀で行いま〜す。
参加したい方はお知らせくださ〜い。
どうやらこのまま、東京開催が定着しそう。
埼玉でも時々やると思います。たぶん次は紅葉のきれいな頃。
ほとんど遠足?

こんなことやります
・克美さんによる分離唱の練習。
・5度を中心としたシンプルなハーモニーで、簡単な歌を歌う
・簡単な2部、3部合唱、メンバーによっては4部。
今までのところ、楽譜は見ずに、その場で覚えられる短い歌を歌っています。
なので終わると忘れちゃう。
でもそれでいいのです♪
覚えておきたい曲のときは,楽譜も用意します。


[PR]

# by e-t-pf | 2017-08-20 23:40 | 歌う | Trackback | Comments(0)  

アレクサンダー??



a0096091_13170952.jpg
ただいま〜〜!!仙台から戻ったよ〜
a0096091_13192650.jpg
ただいまただいま〜〜ってもう帰って来てからずいぶん立ってるじゃん!
a0096091_13215723.jpg
んが

a0096091_13224109.jpg
ね・・・・ねこに食われ・・・・
a0096091_13244094.jpg
ねーねー、君が「アレクサンダー」なんだよね?
a0096091_13254685.jpg
えっ?い、いや・・・ちがう・・と思うが
a0096091_13262770.jpg
そうなの?だって今回の仙台は「アレクサンダー」のお披露目だったんでしょ?
a0096091_13272175.jpg
どうでもいいから、早く出せなっしーーーーーーーー!!!!!












[PR]

# by e-t-pf | 2017-08-16 13:32 | アレクサンダーテクニーク | Trackback | Comments(0)  

自分が何やってるのか?って?

声が出なくなったアレクサンダーはどうしたのでしょうか。
★助けを求めたが・・・
医者にかかりましたが、異常なし。
「声を出さず喉を休めるように」と言われ、1週間ほど大人しくしていたら声は出るようになったそうです。
でもまた朗唱するとステージの終わりころには枯れてしまう。
そこで考えたアレクサンダー。「朗唱のときにやっていることが原因で、喉を痛めている、ということか?」

★自分は何をやってるのか
というわけでアレクサンダーは、朗唱しているところを鏡を見て観察してみた。
そうとうしつこく観察したらしいです。
そのあたり、観察の顛末と「テクニーク」がどうやってできていったのか、本に書いてます。
タイトルずばり「自分の使い方」。

道具の使い方間違えるとうまくいかないし道具壊れるかもよ、
というのは当たり前ですが。でもそれを「自分」に対して考える?
そもそも「使い方」ってなんなのさ。

★私はこうやっていた
私も鏡は見ますよ。朝身支度のときに。あとダンスの練習のときに鏡見ます。
でも自分を見るのって,そんなに好きじゃない。好きな人いますか?
アレクサンダーも、別に好きだから見たわけじゃないか。
とにかく何か、声が出なくなる原因を見つけたかったわけですね。

ダンスの練習の時,鏡見てるけど,私は何を見てるのかなあ。
自分を見てるときに考えてること。思いつくのは・・・
「やっぱ下手だなあ」「今度はさっきよりいいか」
評価ですね。
見えている自分全体の印象から、いいか悪いかがまずでてくる。
あとは動くのに忙しくて。とにかく踊る。

★いいかわるいかはおいといて
私は鏡で自分を見るとき、あまり客観的ではない、ということに気がつきました。
いいか悪いか・・・
(あまりないけど)いいと思えばそれで終わりにしちゃうし、
(ほとんどだけど)悪いと思うといやになってやめたくなる。
結局、あまり自分を見てないんですね。

「自分の使い方」を読むと、なんでそんなことに気がつくの,ということのオンパレードです。
アレクサンダーさんは、客観的に見るのが得意だったんだろうか。
・・・でも最初からそうだったわけではないのかも。
想像だけど。評価もしたでしょうね。いやになる時もあったのかなあ。
でもやっぱり「朗唱したい」思いが勝ったのかな。
何か発見できたときは嬉しかったでしょうね。だから続いたのかな。

自分観察はかなり長期間続いたそうです。
でも喉のトラブルはけっこう早くに解決できたらしいです。
じゃあなんで観察続けたんだろう?
何かもっと面白いことがあったのか。いや面白くないことがあったのか。




[PR]

# by e-t-pf | 2017-08-03 00:18 | アレクサンダーテクニーク | Trackback | Comments(0)  

アレクサンダー&ジンベ&ダンス!@仙台

アレクサンダーテクニーク&ジンベ&ダンス
夏のびっくり!3番立て!!!ワークショップ in 仙台

8月11日(金)、仙台にてワークショップを開催します!
★10〜13時 アレクサンダーテクニーク
まずはじめの3時間でアレクサンダーテクニークの紹介、体験。
★14時〜16時 西アフリカの太鼓のアンサンブル
★17時〜19時 アフリカンダンス
ジンベとダンスは,少しちがった角度から練習することになると思います。
※興味のある方は、お知らせくださいませ。まだ申込可能だと思います。
 全部に出なくても,どれか1つ、2つでも可です。

てんこもりな1日ですね〜。
何が起こるか,そして自分はどうなるか、お楽しみな1日。

というわけで、今日から少し、アレクサンダーテクニークについて書いていきたいと思います。
しばしおつきあいくださいませ〜〜

★そもそもアレクサンダーテクニークって?
聞いたことあるような、ないような。まずは名前の「アレクサンダー」から。
人の名前です。オーストラリアの人。故人です。シェイクスピアが好きな、朗唱家だったそうです。
「朗唱」実は私は良く知らないです。すみません。ステージで一人で戯曲を朗読する?ような感じなんでしょうか。
生まれ故郷のタスマニアから、デビューを夢みて都会へ。そしてステージ経験を重ねます。
ところがトラブルに見舞われます。ステージ上で声が出なくなってしまった!
だんだんかすれてしまう。長い時間、一人で大きな声で話し続けると、そういうことはありそうですね。
でもみんななるわけじゃない。なぜ自分はかすれるんだ!
さあそこでアレクサンダーはどうしたか。
あなたならどうする。

★うまくいかない時,どうするか
私の場合,「うまくいかない」ことはアフリカンダンスでした。
はじめは趣味でした。その時はよかった。楽しく踊っていました。下手なりに。
しかしいつしかインストラクター講座を受講するようになり、とうとうインストラクターになりました。
下手なのに。当然自信ない。
できることなら、もっとうまく踊りたい。がんばってクラスを受け,自分なりに練習しました。
しかし、練習しても
・何か変
・お手本(先生)の動きと違う。でも何が違うかわからない。
・自分で直せない。
・教えてもらって出来ても、またできなくなる。
・出来てるつもりでも、やっぱりおかしい。
あ〜あ。なんとかならないかなあ。
そんなとき、ピアノの生徒さんが本を持ってきました。(※私はピアノ教師です)
ピアノを弾く人向けの、アレクサンダーテクニークの本でした。
骨や筋肉の絵がたくさんあるので、解剖学?身体の知識?の本かと思いました。
貸してもらって読んでみると、内容は骨や筋肉の話だけではありませんでした。
骨、筋肉の解説は当然されているのですが、「大事なのはそれを何のために、どう使うかです。」
そりゃそうだ。
つまり「自分の身体を、どう使うのか」
そうそう、それが知りたいんだよ。自分をもっとうまく使いたいの。
言葉にできずにいた、何となくぼんやりした思いが、はっきりした瞬間でした。

というわけで、『アレクサンダーテクニーク』への興味がわいたのでした。


[PR]

# by e-t-pf | 2017-07-29 23:45 | アレクサンダーテクニーク | Trackback | Comments(0)  

歌遊び&分離唱 エア〜♪お昼から〜♪

8月の分離唱のお知らせです。
8月9日(水)12時〜15時
会場:スタジオ阿弥陀 (入谷,鴬谷)
参加費:2000円

前回もこちらでやりました。いいピアノだし、いいお部屋です。
フォーレやりたいね〜、なんて話も出て来ました。
そうなるとやはり男声が必要になってきます。
でもあくまでも「歌遊び」中心になるでしょう。
なにしろ克美さんですからね〜。(?)
おもしろくならないわけない。

というわけで。参加ご希望の方は榎本までお知らせくださ〜い。




[PR]

# by e-t-pf | 2017-07-27 22:36 | 歌う | Trackback | Comments(0)